効果絶大!低糖質ダイエットの正しい方法と注意点を知るべし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

簡単ではないですが、脂肪はエネルギーに変えて燃やすことができます。
しかし糖質は、インスリンによって体質が変わってしまうので
脂肪を燃焼したとしてもまた溜まっていく…という悪循環を起こしやすくするのです。

1.3 低糖質ダイエットの効果は?

低糖質ダイエットによって糖質の摂取を減らすと、体の中では変化が起こります。

まず、カロリーの高い炭水化物の量を減らすことになるので
必然的に摂取カロリーを控えることができますね。

更に、糖質を制限すると血糖値が下がります。
この下がった血糖値を上げるために「グルカゴン」というホルモンが分泌されるのですが、
グルカゴンはインスリンと全く逆の性質があるのです!

グルカゴンには、脂肪を分解して燃焼させる効果があるため
低糖質ダイエットは「摂取カロリーを控えて更に脂肪を燃やす」という仕組みが出来上がります。

そのため、他のダイエットと比べて結果の出やすい、効果的なダイエット方法と言えるでしょう!

2. 効率的な低糖質ダイエットの方法

では、効率よく低糖質ダイエットをするためにはどんな方法が良いのか…。

普段食べている主食を減らすと、結構ストレスになりそうですよね。
主食がないとなかなか満腹感が得られないと思う人も多いかもしれません。

それでは続けることが困難になってダイエットにならなくなってしまうので
できるだけストレスを少なく、長く続けられる方法を自分で見つけることが大切です!

2.1 できるだけ糖質を摂らないこと

糖質を全く摂らないようにする…というのは無理なはなしです。
何といっても糖質は、体をつくるための3大栄養素とされていますからね。

なので、糖質の多い食べ物を避けて、糖質の少ないものを食べるようにしましょう。

まず控えるべきなのは「甘いお菓子」です。
甘いもの好きな人には酷なことですが、お菓子をやめられないのであれば
食べる量や回数を減らしてストレスにならないように工夫してください。

そして炭水化物です。
ご飯、パン、麺類は主食になりますが、これも回数や量を減らすようにしましょう。
難しいようであれば、朝.昼はいつもどおり食べて夜は主食を食べないようにするなど
苦にならない程度に始めましょう。

慣れてきたら徐々に減らしていくという方法が、いちばん自然に減らせるかもしれませんね。
また、それ以外にも糖質の多い食べ物は控えるようにします。

《糖質を多く含む食べ物》
■主食
・ご飯類
・パン類
・麺類
■菓子類
・ケーキ
・クッキー
・アイスクリーム
・ポテトチップス
・せんべい
■野菜
・じゃがいも
・ながいも
・さつまいも
・かぼちゃ
・ごぼう
・れんこん
・玉ねぎ
・とうもろこし
・トマト
■果物
・バナナ
・リンゴ
・グレープフルーツ
・柿
・ぶどう
・桃
■魚類
・うなぎ
・さつまあげ
・焼きちくわ
・魚肉ソーセージ
■乳製品
・牛乳
・ヨーグルト

2.2 食べても良い食べ物

低糖質ダイエットでは、糖質を制限するダイエットなので脂質は気にしません。
なので、ステーキやハンバーグなどの脂っこいものでも、気にせずに好きなだけ食べで良いとされていますよ!

その他にも、糖質が少ないとされている食べ物を紹介しますので
糖質の高いものと置き換えて食べるようにしてみてくださいね。

《糖質の少ない食べ物》
■肉類
・牛肉
・豚肉
・鶏肉
・ロースハム
・ベーコン
・ウインナー

■魚類
・あじ
・しらす
・マグロさしみ
・あさり
・牡蠣
・えび
・スルメイカ
・ゆでタコ
・かまぼこ


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket