効果絶大!低糖質ダイエットの正しい方法と注意点を知るべし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

dreamss

ダイエットをしている人、もしくはこれからダイエットをしようとしている人、
みなさんはどんなダイエット方法を選びますか?

食事制限や運動を始めるなど、色々なダイエット方法があって
正直、どれが効果的で自分に合っているのかわからなかったりしませんか?

ここでは、ダイエットに絶大な効果のある「低糖質ダイエット」について紹介します!

低糖質ダイエットは、効果が大きく出るダイエット方法ではありますが、
正しい方法を知っていないと少し危険なダイエットになってしまう可能性があります。

なので、きちんと正しい方法と注意点を理解して絶大な効果を手に入れましょう!

目次
1. 低糖質ダイエットってどんなダイエット?
1.1 糖質ってなに?
1.2 なぜ糖質を控えるのか
1.3 低糖質ダイエットの効果は?
2. 効率的な低糖質ダイエットの方法
2.1 できるだけ糖質を摂らないこと
2.2 食べても良い食べ物
2.3 食事の回数を増やしても良い
3. 低糖質ダイエットの注意点!
3.1 停滞期がある
3.2 リバウンドに注意!
3.3 便秘になりやすい
4. 低糖質ダイエットのレシピ
4.1 たらのフライパン蒸し
4.2 おからと豆腐のコロッケ
4.3 糖質・グルテンフリーのダイエットパン
5. まとめ

1. 低糖質ダイエットってどんなダイエット?

低糖質ダイエットと聞くと「食事制限」が思い浮かぶかもしれませんが、
普段の食事から「糖質」を含む食事の量を減らすというダイエット方法です。

糖質の多い食べ物とは、普段私たちが主食としている
ご飯、パン、麺類が当てはまります。

これらの摂取量を減らすことによって、効率的なダイエットが叶うということなのです。

1.1 糖質ってなに?

糖質とは、私たちの体をつくるために必要な3大栄養素の中のひとつで
「タンパク質」「脂質」「糖質」が3大栄養素とされています。

一般的には、体に必要なエネルギーの7割は糖質から摂っていると言われているんですよ。

糖質と聞くと「甘いもの」かと思いがちですが、甘くない糖質もあります。
糖質も色々な種類がありますが、普段の食事で主な糖質源となっているのは
「甘く感じるもの」+「でんぷん」でできている食べ物になります。

糖質と同じような栄養素として炭水化物がありますが、炭水化物と糖質は少し違います。
炭水化物にも糖質が含まれているのですが、腸まで届く「食物繊維」も含まれています。

この「食物繊維」があるかないかによって、炭水化物と糖質を区別することもあります。

1.2 なぜ糖質を控えるのか

体が太る原因として、脂質の摂り過ぎがありますよね。
エネルギーとして消費されなかった脂質が蓄積されて、その結果太ってしまう。

しかし、この脂質よりも糖質は厄介です!

糖質は体内に吸収されると「ブドウ糖」となって血液に入り込みます。
この血液中の糖質量を「血糖値」と言いますね。

血糖値が上がると、それを下げようと「インスリン」というホルモンが分泌されるのですが、
インスリンは血糖値を下げると同時に脂肪を溜め込む働きがあります。
更に、脂肪の分解を制御してしまうので、インスリンによって太りやすい体になってしまいます。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket