ニキビが原因でシミになる?ニキビをシミにしないための4つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

皮膚呼吸ができなくなるだけでなく毛穴にファンデーションが入り込んでしまうことでニキビ跡がさらに悪化してしまう原因になってしまいます。ニキビ跡はシミだけでなく赤みのあるクレーター状態になってしまうことが多いです。デコボコのクレーター肌になってしまうと治療に時間がかかってしまいますし、放置している期間が長ければ長いほど真皮部分のダメージが大きくなってしまい、治る可能性が下がってしまいます。そうならないために、ニキビ跡に赤みやデコボコができてしまったらできるだけ早い段階から治療を開始することが重要です。

 

赤みやデコボコができてしまったら、できるだけ患部を紫外線にあてないようにして治療をするようにしましょう。ニキビ跡のデコボコの凸の部分と凹の部分、どのような状態になってデコボコになっているのかというと、凹んでいる部分というのは、肌が炎症を起こしている状態で、真皮の部分がダメージを受けて凹んでしまっています。本来の肌よりも凹んで段差ができてしまっていり状態です。凸の出っ張り部分は、ニキビが治る段階のときに分泌される膿が原因です。

 

膿がなかに入ったままで傷口が塞がることでそこだけ盛り上がってしまって出っ張ります。ニキビ跡がデコボコになってしまった場合は、美容外科などで治療を受けることによって改善しますが、ある程度の費用と時間がかかります。しみのように色素沈着してしまっているニキビ跡をすぐに改善することは難しいですが、メラニン色素が原因となっているニキビ跡は特に、通常のシミケアをすることで十分改善することができます。ヘモグラビンが元となっているニキビ跡も、ターンオーバーが改善のカギを握っているため、活性酸素除去成分、新陳代謝活性化成分が含まれている化粧品を選ぶようにしましょう。

3-2.シミ予防法はまずターンオーバー改善を!

肌のターンオーバーが正常であれば、メラニンは徐々に排出されていきます。ですから、肌のバリア機能を回復させ、ターンオーバー周期を整えることでシミを消失させることは可能です。バリア機能を回復させるためには、角質層の水分量を保つことが重要。徹底した保湿を行うと共に、角質層の乾燥を招く男性ホルモン量を低下させることが出来れば、ターンオーバー周期を正常化してシミを緩和することが出来るでしょう。ただ、保湿はともかく、男性ホルモン量を抑えるためにはホルモン治療が必要になるので、皮膚科専門医に相談することが必須です。

3-3.どうしてもシミを消したいなら『ケミカルピーリング』がオススメ

「どうしてもシミを消したいなら『ケミカルピーリング』がオススメ」の画像検索結果

出典 | おすすめ美容ドリンク 

ケミカルピーリングは、古い角質や毛穴汚れを優しく取り除いて新しい肌の再生を促す治療法です。お肌のターンオーバーが促されるので、古い肌細胞から新しい肌細胞へ入れ替わるため、効果的にシミを消すことが可能です。ケミカルピーリングは特に凹みのない赤みや茶色の色素沈着に効果的だと言われています。また、ニキビ治療では、ケミカルピーリングと共に内服薬や注射、外用剤を組み合わせた治療を行うとより効果が高まると言われています。医師とよく相談して自分に合った治療を受けるようにしましょう。

3-4.レーザー治療にも種類がある!

レーザー治療は、シミの原因となるメラニン色素を治療するレーザーを照射し効果的にシミを消すことができる治療法です。シミの治療に使われるレーザーにはいくつか種類があります。

 YAGレーザー

YAGレーザーは、メラニン色素にしか反応しない特徴を持つので、シミのない細胞には影響がなくメラニン色素にのみ作用します。したがって、周囲の組織へのダメージを最小限に抑えることが可能です。基本的には1回で治療を終えることができ、今までレーザーで治療ができなかった肝斑にも効果があるとして、人気のある治療法です。ただ、施術中にゴムで弾かれたような痛みを感じたり、コストが高くつくといったデメリット面もあるので、施術前に医師ときちんと相談を行うようにしましょう。

 Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーは、メラニンへの吸収率が最も高く、傷跡を残さずメラニン色素だけを治療できます。広範囲のシミやあざ、そばかすの治療に対応しています。ただ肝斑に対して照射すると、かえって濃くしてしまうことがあるので、肝斑への治療は行われません。

 

治療回数は、シミの濃さによりますが1~5回程度が一般的です。Qスイッチルビーレーザーの効果は即効性がなく徐々に現れるので、自己判断で治療を中止にしないようドクターの指示に従うようにしましょう。YAGレーザー同様、施術中に痛みを感じることが多く、コストも高くつくといったデメリットがあるので、施術前に医師からきちんと説明を受けるようにしましょう。

 

4.ニキビやニキビ跡を放置してはいけない!

「ニキビやニキビ跡を放置してはいけない!」の画像検索結果

出典 | Dreamer 

肌の炎症はメラニンの生成を促す要因になります。ニキビによる炎症や、肌内部で炎症の起きている赤みのあるニキビ跡がある場合は、「いつか治るから大丈夫」と放置することは絶対にやめましょう。できてしまったニキビやニキビ跡はとにかく早め早めにケアをして長引かせないことが大切です。皮脂の分泌には、男性ホルモンの影響があります。

 

また、月経前に増加する黄体ホルモンも、皮脂の分泌量を増やします。皮脂は、ニキビを発生させる原因のアクネ菌の栄養になるため、ニキビができやすくなります。さらに、黄体ホルモンは腸の機能も低下させるため、便秘が引き起こされ老廃物が体内に溜まることもニキビの原因の一つとなります。その他、婦人科系の病気によりホルモンのバランスが崩れ、あごにニキビなどが発生するケースもあります。

 

また、手で触る、髪の毛が触れるなど外部からの刺激もメラニンの生成を促します。肌をきれいに保つための洗顔やマッサージでも、摩擦による刺激になってしまうので過剰なケアには注意が必要です。またこれらの刺激は、ニキビやニキビ跡の炎症を悪化させる原因にもなりますので、ニキビやニキビ跡が肌にある場合はできるかぎり肌に触れないように心掛けましょう。ニキビ跡初期段階である赤ニキビ跡でも完璧に治るまでに最低でも2~3ヵ月の時間が必要ですので、少し悪化してしまった茶ニキビ跡をキレイに治すには、3ヵ月以上の長い時間が必要ということは覚悟しておく必要があります。

4-1.ビタミンCの内服薬で治す方が安全?

「ビタミンCの内服薬で治す方が安全?」の画像検索結果

出典 | ゴーヘルシー 

ニキビ跡の色素沈着は、ニキビが治ったあとに肌に黒や茶色のシミが残ってしまう症状です。この症状は、正しいケアをすることで、自力で治すことができます。また、皮膚科でも色素沈着・シミの症状を治療することはできます。ただ、保険が適用される治療は、ビタミンCの内服薬のみです。それ以外の治療になると、美容皮膚科の領域になり、保険適用外の治療になります。保険適用外ということは、治療費が実費になり、治療にかかる費用が高額になってしまうことも 。

 


重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。