ニキビが原因でシミになる?ニキビをシミにしないための4つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

お肌のシミのほとんどの原因は加齢や日焼けが有名ですが、ニキビ跡が原因でシミができてしまうことも少なくありません。顔にできてしまうと嫌でも目立ってしまいますよね。特に女性の場合はホルモンバランスが変動しやすいので、ニキビもできやすいと言われています。

 

ここでのポイントは『メラニン色素』になってくるでしょう!一般的には、茶色っぽいシミは、メラニン色素が原因で色素沈着を起こしたものであり、黒や赤紫のシミは、ヘモグロビンが原因であると言われています。原因が異なると、対処法も変わってきますので注意が必要になってくるんですね。今回は、シミについて解説していきたいと思います。

 

目次

1.ニキビは正しく治療すればシミにはならないもの!
1-1.ニキビ跡とはどう区別するの?

2.シミができる原因は様々ものが挙げられる?
2-1.ニキビ跡が原因でできるシミの色で判断しよう!
2-2.赤黒(紫色)に色素沈着したニキビ跡はあざのようなもの!
2-3.茶色のシミは色素沈着が濃厚かも

3.赤黒(紫色)シミの対処法とは?
3-1.シミになった場合のメイクは?
3-2.シミ予防法はまずターンオーバー改善を!
3-3.どうしてもシミを消したいなら『ケミカルピーリング』がオススメ
3-4.レーザー治療にも種類がある!

4.ニキビやニキビ跡を放置してはいけない!
4-1.ビタミンCの内服薬で治す方が安全?
4-2.茶色いシミの改善と美白化粧品の使い方!
4-3.イオン導入でビタミンCを効率よく浸透させよう
4-4.タバコはなるべく控える努力も必要!
4-5.ダイオードレーザーは痛みが伴うが高い効果がある

5.まとめ

1.ニキビは正しく治療すればシミにはならないもの!

「ニキビは正しく治療すればシミにはならないもの!」の画像検索結果

出典 | 3ヶ月で背中ニキビにさよなら! 

ニキビは10代に見られる思春期ニキビや20代以降に現れる大人ニキビがあります。額や頬、アゴなどさまざまな部位に発症し、見た目に影響するためお悩みの方が多い症状です。ニキビは皮膚病の一種ですが、軽視されがちで、症状がなかなか治らずに長引き、ニキビ跡が残ってしまうケースも多々あります。早期に正しく治療すれば、ニキビ跡はほとんど残りません。しかし、自分でつぶしたり、赤ニキビにまで悪化させてしまうと、色素沈着で赤くなったり、でこぼことしたクレーター状のニキビ跡が残る可能性が高くなります。

1-1.ニキビ跡とはどう区別するの?

「ニキビ跡」の画像検索結果

出典 | xn--88j5i9c7a3785dutwb.site 

ニキビ跡が出来る原因は、間違ったニキビケアが原因で、ニキビの同じ場所に炎症や傷がつくためです。ダメージが深くなり、皮膚深部の組織を壊すためニキビが治っても跡が残ってしまいます。ニキビ跡は、赤みタイプ、色素沈着タイプ、でこぼこタイプの3種類に分けられます。この種類の中で、シミに繋がるのは色素沈着タイプです。色素沈着タイプは、ニキビの炎症がシミのもととなる皮膚細胞のメラノサイトを刺激したことが原因で色素が出来て茶色いシミが発生する状態です。頬から顎に出来ることが多く、ニキビの上から日焼けをすることでさらに沈着していきます。

 

肌を守ってくれている物質としてメラニン色素があります。このメラニン色素はさまざまな刺激から肌を守ってくれます。褐色の肌は健康的に見えますが、日焼けというのは要するに火傷であり、紫外線による外傷を治すために患部にメラニン色素が増加したことによって黒くなったということなんです。メラニン色素が増加した場所というのは黒くなるわけです。つまり、ニキビができた場合、ニキビの患部にはメラニン色素が急激に増加し、ニキビが治った後になっても黒ずみだけが残ってシミになってしまうんです。また、ニキビが原因で出来るシミというのは、黒、茶色、紫色があります。

 

2.シミができる原因は様々ものが挙げられる?

「シミができる原因は様々ものが挙げられる?」の画像検索結果

出典 | 安いダイエット 

シミは、紫外線、傷・ニキビ跡、加齢、遺伝、皮膚への過剰刺激、ストレスなどが原因となってできます。

 紫外線

シミの主な原因は紫外線です。強い紫外線や長時間にわたり紫外線を浴びる生活を続けていると、メラニン色素を作りだすメラノサイトがダメージを受け、メラニン色素を過剰生産してシミになります。

 傷・ニキビ跡

外傷、ニキビ跡、レーザー治療、アトピー性皮膚炎などによって、皮膚がひどく炎症した後、色素沈着を起こしてシミになることがあります。

 加齢

40歳ごろから、日光が当たりやすい顔や腕などにシミができるようになります。これは、表皮の角化細胞(ケラチノサイト)の分裂速度が、加齢により低下することが原因。およそ1か月で行われる肌のターンオーバー)が遅くなり、メラニン色素が蓄積することで現れます。

 遺伝

小学生くらいのお子さんによく現れるソバカスが、遺伝によるシミの代表格です。正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)といい、鼻を中心として左右対称に小さい色素斑ができます。紫外線の影響によって色が濃くなったり、再発しやすかったりしますが、成長とともに軽快していくのが特徴です。

 皮膚への過剰刺激

男性の肌は、ひげ剃りや過度な洗顔などにより、刺激を受けがちです。刺激によって炎症が起こると、メラニンが生成されシミの原因になります。また、女性ホルモンが影響するといわれ、女性に多いイメージの肝斑(かんぱん)ですが、男性に現れることもあります。そのため、肝斑の原因は、皮膚への過剰刺激が原因だとする説もあります。

 ストレス

ストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れます。すると、メラノサイト(色素細胞)を刺激するホルモンが増加。メラニンが多く生産され、シミができやすくなります。

2-1.ニキビ跡が原因でできるシミの色で判断しよう!

ニキビ跡が原因でできるシミは、茶色、黒、紫があります。茶色いシミの対処法シミといったら茶色がもっともオーソドックスな色。これはメラニン色素が原因となって起こる肌トラブルですから、美白効果のある美容液が効果があります。黒、紫のシミの対処法ニキビ跡が原因で起こる黒や紫色のシミの原因、それはヘモグロビンです。ニキビ跡を放置して色素が沈着してしまうことによって黒や紫色のシミになってしまいます。

 


重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。