ニキビが原因でシミになる?ニキビをシミにしないための4つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

2.シミができる原因は様々ものが挙げられる?

「シミができる原因は様々ものが挙げられる?」の画像検索結果

出典 | 安いダイエット 

シミは、紫外線、傷・ニキビ跡、加齢、遺伝、皮膚への過剰刺激、ストレスなどが原因となってできます。

 紫外線

シミの主な原因は紫外線です。強い紫外線や長時間にわたり紫外線を浴びる生活を続けていると、メラニン色素を作りだすメラノサイトがダメージを受け、メラニン色素を過剰生産してシミになります。

 傷・ニキビ跡

外傷、ニキビ跡、レーザー治療、アトピー性皮膚炎などによって、皮膚がひどく炎症した後、色素沈着を起こしてシミになることがあります。

 加齢

40歳ごろから、日光が当たりやすい顔や腕などにシミができるようになります。これは、表皮の角化細胞(ケラチノサイト)の分裂速度が、加齢により低下することが原因。およそ1か月で行われる肌のターンオーバー)が遅くなり、メラニン色素が蓄積することで現れます。

 遺伝

小学生くらいのお子さんによく現れるソバカスが、遺伝によるシミの代表格です。正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)といい、鼻を中心として左右対称に小さい色素斑ができます。紫外線の影響によって色が濃くなったり、再発しやすかったりしますが、成長とともに軽快していくのが特徴です。

 皮膚への過剰刺激

男性の肌は、ひげ剃りや過度な洗顔などにより、刺激を受けがちです。刺激によって炎症が起こると、メラニンが生成されシミの原因になります。また、女性ホルモンが影響するといわれ、女性に多いイメージの肝斑(かんぱん)ですが、男性に現れることもあります。そのため、肝斑の原因は、皮膚への過剰刺激が原因だとする説もあります。

 ストレス

ストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れます。すると、メラノサイト(色素細胞)を刺激するホルモンが増加。メラニンが多く生産され、シミができやすくなります。

2-1.ニキビ跡が原因でできるシミの色で判断しよう!

ニキビ跡が原因でできるシミは、茶色、黒、紫があります。茶色いシミの対処法シミといったら茶色がもっともオーソドックスな色。これはメラニン色素が原因となって起こる肌トラブルですから、美白効果のある美容液が効果があります。黒、紫のシミの対処法ニキビ跡が原因で起こる黒や紫色のシミの原因、それはヘモグロビンです。ニキビ跡を放置して色素が沈着してしまうことによって黒や紫色のシミになってしまいます。

 

色素沈着してできた「ニキビ跡」を、自宅でのスキンケアのみで色味を「消す」というのは難しいとされています。ただし年齢や体質にもよりますし、まったく何もできないというわけではありません。一番に心がけてほしいのは、色素沈着によるニキビ跡をつくらないこと、そもそもニキビができないようにすることです。

2-2.赤黒(紫色)に色素沈着したニキビ跡はあざのようなもの!

「赤黒(紫色)に色素沈着したニキビ跡」の画像検索結果

出典 | NICOLY:)[ニコリー] 

ニキビの腫れや盛り上がりは落ち着いていますが、赤黒(紫色)の色素が斑点のように沈着した状態です。触れたりしなければ特に痛みなどはありませんが、押したり、何らかの刺激が加わると痛みを感じる場合もあります。ニキビよるダメージで、内部で血がにじみ出てしまうことが色素が沈着する原因と言われています。強くぶつけた時にできる「あざ」と同じような現象が肌に起こっていると考えられます。また、ニキビが腫れたことで、皮膚自体が薄くなってしまい、それにより肌内部の出血が目立って、赤黒(紫色)に見えてしまいます。

 

赤黒色、紫がかった色のシミは、茶色いシミとは別のメカニズムによって発生するものです。炎症や化膿が悪化すると、表皮の奥にある真皮にダメージが及び、毛細血管が壊れてしまいます。すると、血管内の血液が皮膚細胞にまで漏れ出てしまい、細胞に染みこんでいくのです。赤血球に含まれるヘモグロビンは酸素との結合を失うと黒っぽく変色するので、それがシミのように残ってしまい、赤黒い、あるいは紫がかった跡になるわけですね。ただ、血腫は固まった血液を溶解する酵素としてプラスミン、t-PAなどを持つマクロファージの働きによって徐々に消えていきます。

2-3.茶色のシミは色素沈着が濃厚かも

「茶色のシミは」の画像検索結果

出典 | 服部皮膚科アレルギー科 

赤黒(紫色)のニキビ跡は時間が経つと、茶色の斑点に色素が変わることがあります。しかし、茶色に色素沈着したニキビ跡は、触れても特に痛みを感じることはなく、老化現象の1つでもある“シミ”とも呼ばれます。赤黒(紫色)のニキビ跡ができているときに、紫外線などを多く浴びたりしてメラニン色素が沈着することが原因です。メラニン色素の本来の役割は、外からの刺激(紫外線など)から肌を守ることです。そのため、紫色のニキビ跡がある弱った部分の肌に日差しを浴びてしまうと、メラニン色素が日差しから肌を守ろうとして、活発にメラニン色素を作り出します。

 

通常、肌表面の古い角質が自然とはがれ落ちる際にメラニン色素も排出されていきますが、メラニン色素が過剰に発生した場合、不要なメラニン色素をすべて排出するのが難しく、肌に残ってしまうことがあります。それが肌に定着し、茶色の色素が沈着してシミのようになってしまうんです。ニキビでアクネ菌が繁殖して炎症が起こると、お肌はアクネ菌を殺菌して鎮めるために活性酸素を生成して対抗します。アクネ菌からお肌を守るために作られる活性酸素は、アクネ菌と同時にお肌の細胞も攻撃する性質を持っています。

 

よって、活性酸素が発生すると、お肌を活性酸素から守るために分泌されるホルモンがメラノサイトを刺激し、メラニンが大量に作られてしまいます。これは、お肌に有害な紫外線を浴びた時、お肌がメラニンを生成して紫外線をブロックし、奥深くへの浸透を防ぐのと同じしくみです。シミやソバカスの原因になることであまり良い印象のないメラニンですが、実は私たちのお肌を守るために大切な色素でもあるんです。

 

<< 次のページへ続きます >>

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
90%の人がニキビ予防を実感できたとして話題になっているのは オルビスのニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
正直、これが最強です。
→詳しくはこちら

98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。