ダイエットで痩せない理由はこれだ!痩せるための極意15選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ダイエットをしているのに、どうしていつも痩せないの?と悩んでいる方は、意外と多いですよね。

早い方なら中学生の頃からダイエットを意識して、始める方も少なくありません。


飽食の時代から豊食の時代に切り替わり、食べることで困ることが無くなった今、その真逆の自体を引き起こしています。

それは、食事を制限する「ダイエット」が、たくさんの人を苦しめてしまっているげんじょうです。
無理な食事制限で、体と脳は誤作動を起こして痩せにくい体にしてしまっています。
痩せたいのに痩せない現実が、強いストレスとなり過食、拒食症といった摂食障害までをも引き起こす原因となっています。
間違った知識を、ここでしっかりと理解をして、正しいダイエットを行っていきましょう。
そうすることで、確実にご自身のベスト体重に導いてくれることでしょう。

 

→目次

1.どうしてダイエットをしても痩せないのか?
1.1体と脳のバランスが崩れている
1.2基礎代謝が落ちている
1.3停滞期とリバウンドを理解しよう!

2.間違ったダイエットの知識に気づこう!
2.1炭水化物をしっかり食べよう!
2.2ローカロリー食品ばかりを食べない!
2.3体重減らすことだけに気を取られない!

3.運動をしても痩せない理由とは?
3.1栄養不足で筋肉が育たない
3.2ハードな運動よりもゆっくりな筋力トレーニングを!
3.3.1日30分は運動をしよう

4.痩せれなかった人が痩せる方法とは?
4.1なぜ痩せたいのかを明確にする
4.2痩せたときの自分を強くイメージする
4.3健康と美を意識しよう!

5.痩せなかった人が痩せた体験談
5.1ガンバレ自分!(笑)
5.2継続は力なり
5.3運動をして間食をしなければ炭水化物以外をかなり食べました

6.まとめ

 

1.どうしてダイエットをしても痩せないのか?

yjimage-1

人生の中で、ダイエットをしたことがあるという方は、したことがないという方よりも圧倒的に多いのではないでしょうか?

そのダイエットも1つや2つといった数ではなく、何十回とトライをした経験がある人が多いと思います。

ダイエットは、それほど身近な存在であると同時に、痩せないことを繰り返して強いストレスの原因ともなるので、ここでしっかりとした知識をつけてダイエットを成功させていきたいですよね。

しかし、ダイエットをしても痩せたことがない!といった方は、実は意外く、挫折を繰り返し過食や拒食症といったリバウンドの生活を繰り返してしまう方が、後を絶たないようです。

そこには、どんな原因が隠されているのでしょうか?

1.1体と脳のバランスが崩れている

ダイエットというと、一番最初に思い浮かべてしまうのが「食事制限」ですよね?

ネットが普及している中、SNSやブログなどでダイエットの成功例や痩せた姿をアップして、たくさんの支持を受けているブロガーの方もたくさん存在します。

その内容を見た方が、真似をしてダイエットを初める人も多く、気軽に自身のダイエット記録を共有する仲間を増やし、モチベーションを上げる努力をしている人も多いようです。

しかし、なかなか思うように成果が表れない場合、共通の仲間が結果を見ているというプレッシャーがあり、強いストレスを感じてしまい、痩せない苛立ちから過食や拒食症を引き起こしてしまい、ダイエットを失敗に終わらせてしまうケースも良くあるようです。

実は、ダイエットの大きな落とし穴は、こういったことに原因があります。

実は、ダイエットをしていると、どうしても結果を得たくなるのは、当然の反応です。

しかし、それが目に見えた結果ではなく、微々たるものの場合、大概の方がそこでダイエットを諦めたり挫折をしてしまいます。

失敗をするたびに、厳しい食事制限で一気に体重を落として安心をし、またドカ食いをして後悔をするといった悪循環が始まります。

ダイエットの失敗は、これが一番の原因と言えるでしょう。

体の中に食事を入れない「低栄養ダイエット」をしてしまうと、脳は体の命の危険をみなし脂肪や栄養を蓄えようと必死になります。

「少ししか食べてないのに、痩せない!」といった方は、こういった理由で痩せにくくなっていることが、考えられます。

急激な体の変化は、脳にとってダメージが大きく、修正をするのに必死になります。

これは、生理現象なので抑えることができません。

なので、ダイエットを始める前に、こういった脳と体の仕組みをしっかり抑えて理解する必要があります。

1.2基礎代謝が落ちている

冒頭でもお話しをしましたが、脳が異常と判断したときから、体の中に栄養や脂肪を蓄えようと働きかけるので、それを食い止めるにはかなり難しい抵抗といえます。

極度な食事制限をしてしまうと、体に必要な栄養が行きわたらないために、体の代謝が悪くなりダイエットどころではなくなります。

基礎代謝とは、運動をして筋肉が発達し、脂肪を燃焼する働きとは別で、人間が生きている間、自然に起こる代謝を指します。

基本的に、一日に女性で約1,200、男性で約1,500kcalが生きているだけで消費されていると推測されます。

その基礎代謝は、体の中の栄養をエネルギーとして活動しているので、低栄養の場合、当然悪くなり痩せにくい体質を作ることになります。

ダイエットをしているのに、体重が減らない理由は、体の危機を脳が判断をして引き起こしている誤作動なのです。

その理由を認識することが、ダイエットを成功させる鍵となることは間違いありません。

1.3停滞期とリバウンドを理解しよう!

ダイエットを挫折してしまう一番の原因は、停滞期に入って体重が落ちなかったり、逆に太ってしまう現象に陥ってしまった時です。

しかも、停滞期というのは個人差があり短く終わる人もいれば、長くかかってしまう人もいて、頑張っている努力が結果として乗ってこないので、挫折してしまうケースが多々あります。

停滞期とは、別名「ホメオスタシス機能」といい、命を守るための体の反応といえます。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket