ニキビはできる場所別に原因が違う!場所別のニキビケアと原因まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

2-5-2 鼻ニキビのケアは基本に立ち返ること
鼻ニキビのケアには特効薬はありません。生活習慣を見直し、適切なお肌のケアを行うのみです。

食生活と生活習慣を見直す

脂肪分を控え、野菜や果物、大豆製品などをしっかりとること。質の良い睡眠を十分にとること。これらが基本です。ストレスを溜め込まないよう、休息や有酸素運動を行うこともGoodです。また、便秘もニキビの大敵ですから、便秘対策も忘れずに。

スキンケアは毛穴ケアを中心に

メーク落としをしっかりと

毎日のスキンケアは、汚れや皮脂を毛穴に詰まらせないことがポイントです。帰宅後は、メイクをしっかり浮き上がらせて、ふき取りではなく洗い流しできれいに落としましょう。ただし、ゴシゴシ洗いは逆に汚れを毛穴に押し込んでしまったり、その刺激でニキビを招いてしまうので要注意。クレンジングの後は、洗顔料をしっかりと泡立てて泡で鼻を優しく洗いましょう。

ピーリングにも挑戦

ピーリングは皮脂汚れと古い角質を取り除いて、ターンオーバーを促す効果があるので、ニキビの改善と予防が期待できます。市販のピーリング石鹸を選ぶときには、低刺激で肌に優しいタイプを選びましょう。

毛穴パックもおすすめ

小鼻まわりの毛穴パックも効果があります。小鼻専用のシートパックには、毛穴を引き締めたり、ターンオーバーを促す効果のものが多くありますし、小鼻に使いやすいクリームタイプのパックは吸着成分により、毛穴の皮脂汚れを吸着して、除去してくれます。

2-6 口周り(口元、唇)ニキビ
口周りにできるニキビは、皮脂汚れが固まったニキビができたりする軽い症状から、悪化すると炎症を起こして化膿し、触ると痛みがでてきます。そのまま放置すると、赤黒いニキビ跡になるので注意が必要です。

この場所のニキビは、疲労やストレスのほか、風邪をひいて熱を出し、抵抗力が落ちた時や胃腸の調子が悪いときによくできます。腸内環境の悪化は身体のだるさや肩こり、頭痛などの体調不良のほかに口周りのニキビを生みます。

2-6-1 口周りのニキビは体調不良が原因
口周りのニキビは、女性の場合は重い生理痛、子宮内膜症など婦人科系の病気を持っている人、冷え性の人などに多く見られます。下半身が冷えると子宮や卵巣も冷え、ホルモンバランスが崩れやすいのです。

中には抗生物質などの薬を長期間飲み続けたことで胃腸の働きが低下して、皮膚細胞の免疫力も低下し、口周りのニキビができる場合もあります。頭痛薬や生理痛の薬などを常用している人は注意しましょう。

2-6-2 口周りのニキビは身体の冷えをとってケアする
口周りのニキビがホルモンバランスの崩れや胃腸の機能低下による場合は、身体の冷えを取りましょう。それらは、長年の生活習慣や食習慣などの蓄積が原因です。そのためすぐには改善できませんが、生活を改善し身体を温めるようにすると、次第に良くなります。

温かい食べ物をとる

冷たい飲み物、食べ物、コーヒーや紅茶などのカフェインが入って身体を冷やすものは避け、生姜など身体の温まる食材を使った食べ物を積極的にとりましょう。

刺激物は避けよう

カレーに使うスパイスや唐辛子などは身体を温めますが、しかし香辛料などの刺激自体はニキビにはよくありません。刺激の少ないマイルドな食材を使いましょう。

2-7 顎(あご)ニキビ
顎ニキビは、他の場所のニキビよりも治りにい性質があります。このニキビの特徴は、原因が身体の内側にあることが多く、外からのケアだけでは効果がほぼ得られないということです。しかも、いくつかの要因が複雑に絡み合っているので、適切な対処ができず、何度も再発してしまいます。

2-7-1 顎ニキビの原因はホルモンバランスの乱れが1番

ホルモンバランスの乱れ

顎ニキビの1番の原因は、ストレスや生活習慣の乱れで、ホルモンバランスが崩れることです。ホルモンバランスが崩れると、女性ホルモンの代わりに男性ホルモンが優位になり、男性ホルモンには皮脂の分泌を促進させるので、顎ニキビができるのです。

食生活の乱れも顎ニキビの原因に

顎は、本来皮脂分泌が少ない場所ですが、毎日脂質の多い食事をとっていると皮脂の分泌も増えます。糖質や食品添加物もニキビの原因です。

スキンケア方法の間違いも原因

スキンケアの方法を間違ってしまうと顎ニキビができます。ニキビを治すために、1日に何度も顔をごしごしと洗ってしまうと、皮脂が逆に足りなくなり、そうなると肌の防御機能が働いて、さらに多くの皮脂が分泌されます。顎は皮脂分泌が少ないので、乾燥しやすい場所でも、この乾燥による皮脂の過剰分泌が起きやすいのです。

顎ニキビの原因は男女でも違う

顎ニキビの原因は、性別によっても違います。

男性の場合はヒゲ

男性に多い原因はヒゲ剃りによって、顎まわりの角質を削りとってしまい、肌を傷つけてしまうことから発生することです。

女性の場合は生理

女性は生理前のホルモンバランスの変化によってできやすくなります。

2-7-2 顎ニキビのケアはまずストレス対策
顎ニキビはストレスによるホルモンバランスの乱れが原因であることが多いので、ケアとしてはまずストレス対策を考えましょう。

ストレス対策の3つの方法

ストレス対策は、1つはストレスの原因(ストレッサー)を排除する、2つめは有酸素運動や趣味などでストレス解消をする、3つめはストレスを緩和させるビタミンCを積極的にとることが挙げられます。また、睡眠不足も大きなストレスの原因であり、肌のターンオーバーにも大きくかかわっていますので、十分な睡眠を取り、睡眠リズムを整えましょう。

拭き取り洗顔に変える

顎ニキビの原因が肌の乾燥の場合は、洗顔をしすぎている可能性があるので、水などを使った洗顔ではなく、拭くだけで済ませる拭き取り洗顔に変えましょう。拭き取る時にはタオルではなく、コットンに化粧水を染み込ませ、優しく丁寧に拭き取るのがポイントです。

拭き取り前に蒸しタオルを使い毛穴を開貸せておいてもよいでしょう。方法は水で濡らしたタオルをレンジで1分程温め、適温に冷まして顔に乗せます。

過度なダイエットをやめ、偏食を改める

過度なダイエットで食事の量そのものが少なかったり、偏食で食物繊維やミネラルが不足すると、便秘や冷え性になります。それによって身体の中に老廃物が溜まり、肌を再生する栄養素も足りなくなり、顎周りのニキビができてしまいます。

その改善には、1日3回バランスよく食事をすることがいいのですが、なかなかできない時には、外食の際はできるだけ和食を選ぶ、自宅で食べる時にはサラダを加える、サプリで足りない栄養素を補充するなど工夫しましょう。

ヒゲ剃りの方法を改善する

男性は、肌を傷つけにくい電気シェーバーに変える、剃刀の刃を定期的に交換し切れ味を保つ、肌のすべりがよくなるシェービングジェルを使ったり、ヒゲ剃り前に蒸しタオルを使う、ヒゲを剃った後はしっかり保湿する、などを行いましょう。

3 まとめ

%e7%ac%91%e9%a1%94

出典 | poto-AC 

いかがでしたか?

同じニキビでも場所によってできる原因と1番しなければならなケアが違うということはお分かりいただけましたでしょうか?

ニキビはできてからのケアも重要ですが、できないようすることもそれ以上に大切です。ぜひ以上の説明を参考に、すべすべのお肌を目指してください。


重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。