ニキビ肌でも日焼け止めは必須!ニキビと日焼けの関係と対策まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

まとめ

1. 紫外線はニキビを悪化させる!

pretty-woman-1509956_960_720

日焼け止めの話に入る前に、ニキビを悪化させる紫外線を知ることが日焼け止めの対策につながるので触れてみたいと思います。

1-1. ニキビを悪化させる紫外線とは?

肌に悪影響を及ぼす紫外線は目に見えない太陽の光で、地表に届く光の中で最も波長が短く「UB-A・UV-B・UV-C」と波長の長いものから3種類に分類されています。それぞれの特徴は以下のとおりですが、実際に地表へ届く紫外線の「UV-A・UV-B」の日焼対策が重要となります。

・UB-A (紫外線A波)

紫外線の中で一番波長の長い UV-Aは太陽から届く紫外線の90%を占めています。UV-Bほど強い影響はありませんが、肌の真皮にまで到達し長い時間をかけてさまざまな影響を与えるためしっかりと対策をする必要があります。

また、UV-Aは雲や窓ガラスも通り抜けてしまうため、曇りの日や家の中にいても紫外線の対策は必須です。

・UV-B (紫外線B波)

UV-Bはオゾン層でほとんど吸収されるため太陽から届く紫外線の10%程度と多くはありませんが、肌の表面に強く影響を与えるため、赤い炎症を伴う日焼けの他に肌の老化を進行させる「シミ・シワ・ソバカス・肌乾燥」や免疫力低下に伴う健康被害など影響力の大きい紫外線です。皮膚ガンの原因になるともいわれています。

・UV-C (紫外線C波)

紫外線の中で一番波長が短いUV-Cはオゾン層に吸収され地表には届かないため、直接肌への影響はありません。オゾン層の破壊により地表まで届くようになると、UV-Bより有害で怖い存在でもあります。

1-2. ニキビができる原因とは?

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_s

紫外線がどういうものかお分かりいただけましたか。ここではニキビができる原因と、なぜ紫外線がニキビに悪いのかについてご紹介します。

・ニキビとは?

ニキビは皮膚疾患の一種で医学的には「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」というそうです。皮脂の過剰分泌や角質が厚くなることで毛穴がつまり、毛穴にたまった皮脂が酸化されてニキビが発症します。

・ニキビの原因とは?

そもそもニキビは「プロピオバクテリウム・アクネス」と呼ばれている通称「アクネ菌」の増殖が原因といわれています。アクネ菌は「常在菌」の一種で普段から人の体に住み着いている細菌で、善玉菌と悪玉菌が存在しています。
善玉アクネ菌は肌を弱酸性に保ち病原菌の繁殖を防いでくれますが、空気を嫌い皮脂が大好物な悪玉アクネ菌は角栓でふさがれた毛穴の中を好みます。ストレスやホルモンバランスの乱れなどで皮脂が過剰に分泌されると、その皮脂を餌に悪玉アクネ菌が増殖し「遊離脂肪酸」という毒性のある物質に分解されニキビができ、悪化すると炎症が起こります。

・紫外線がニキビを悪化させる理由

肌は紫外線を浴びると肌を守るために角質を厚くする過角化が起き、肌を再生させるターンオーバーの周期が乱れます。厚く硬くなった角質が毛穴をふさぎ、ニキビの原因アクネ菌を増殖させることにつながります。

2. ニキビ肌の効果的な紫外線対策

日焼け止めの種類を知ることで、どのような効果が得られるのかと危険性についてご紹介します。

2-1. 日焼け止めのPA・SPFとは?

効果的に紫外線対策をするためには、日焼け止めに記載されている「PA・SPF」を知る必要があります。それぞれ紫外線の防御指数として使われていますが、PAは紫外線UV-A・SPFは紫外線UV-Bの防御指数として使われています。

いずれも紫外線により肌が日焼けするまでの時間をどれだけ引き延ばせるかを表す指数で、日焼け止めを塗ったからといって100%紫外線を防げるわけではありませんので注意してください。

・紫外線UV-Aの防御指数「PA(Protection Grade of UV-A)」

PAは以下の4段階で評価されていて、+の数が多いほど効果が高く肌への負担も大きくなります。日常使用する場合はPA++、紫外線の強い場所ではPA+++をこまめに塗り直して使用することをおすすめします。

PA+ やや効果がある
PA++ 効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++++ 極めて効果がある

・紫外線UV-Bの防御指数「SPF(Sun Protection Factor)」

日本では1〜50までの数値で評価されていて、数字が大きいほど日焼け止めの効果は高くなり肌への負担も大きくなります。

日焼け止めをつけていない時に日焼けをするまでの平均時間を約20分として、何倍引き延ばすことができるかを示したもので、SPF20だと20倍引き延ばすことができるので約400分(6時間40分)引き延ばすことができます。

日常使用する場合はSPF20でも十分効果が得られます。紫外線の強い場所ではSPF30や、こまめに塗り直すのであればSPF20でも効果が得られるはずです。

2-2. 肌に負担をかけない日焼け止めのとは?

ニキビで弱っている肌に刺激の強い日焼け止めを塗ると悪化させてしまします。刺激が少なく肌に優しい日焼け止めとはどのようなものかをご紹介します。

【オイルフリー】油分が配合されていない日焼け止め

日焼け止めやスキンケア商品に含まれる油分は、肌に塗って時間がたつと酸化してニキビの発生原因になったり、炎症を起こす場合があります。ニキビで弱っている肌には油分が配合されていないオイルフリーの日焼け止めがおすすめです。

【ノンケミカル】紫外線吸収剤を使っていない日焼け止め

日焼け止めは大きく分けると「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。PA++++やSPF50など紫外線をカットする効果の高い日焼け止めは主に紫外線吸収剤が使われていて、肌トラブルの原因にもなります。

日焼け止めを選ぶ際は紫外線散乱剤が配合されているものや「紫外線吸収剤不使用・ノンケミカル」と記載された日焼け止めがおすすめです。

【クレンジング不要】洗顔だけで落とせる日焼け止め

クレンジングには肌へ負担をかける成分「界面活性剤」配合されています。ニキビができている肌への負担を減らすために、洗顔料や水だけで落とせる日焼け止めがおすすめです。

【無添加】肌の負担を軽くする日焼け止め

ニキビができて弱っている肌への負担を減らすために、「香料・着色料」など紫外線対策に影響のない成分が配合されていない無添加の商品がおすすめです。ただし「香料・着色料・防腐剤」などどれか1つが無添加でも無添加化粧品として記載されているため注意が必要です。


重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。