「じゃがいもダイエット」の驚きの効果って?おすすめレシピ5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ストレスの種はいろいろありますが、ダイエットのイライラも、私たちを悩ます原因の一つです。

スタイル維持のため、健康のため、自己改革のため、いろいろな理由でダイエットに臨むものの、好きなものが食べられないという苦痛は想像以上。

食べられないとなればますます食べたくなるもので、ダイエット失敗の最大の原因は、空腹に耐えられないという一点につきます。

そこで、なるべくお腹を減らさずにダイエットする方法が求められるのですが、その一つが「じゃがいもダイエット」なのです。今回は、「食べて痩せる」じゃがいもダイエットの効果について解説します!

目次一覧

1.どうして太るの?
1.1.脂肪は生きるための燃料タンク
1.2.「糖質」が太る原因?
1.3.ダイエットは「食べない」だけじゃダメ

2.「じゃがいもダイエット」ってどんなダイエット法?
2.1.じゃがいもってどんな食べ物なの?
2.2.じゃがいもで痩せる理由
2.3.じゃがいもダイエットのやり方
2.4.効果を上げる食べ合わせは?
2.5.じゃがいもダイエットの注意点

3.じゃがいもの栄養成分って?
3.1.「ダイエット向き」の炭水化物
3.2.美容に効くビタミンC
3.3.高血圧を防ぐカリウム
3.4.食物繊維も豊富
3.5.ポテトのプロテイン=ポテイン

4.じゃがいもダイエットの効果は?
4.1.実は太りにくい ダイエット効果
4.2.ビタミンCで肌もきれいに
4.3.ストレス解消にも
4.4.食物繊維で便秘解消
4.5.カリウムでデトックス

5.じゃがいもダイエットの口コミが知りたい!

6.ダイエットに効くじゃがいもレシピ5選
6.1.鱈のトマト煮ポテトアボカドチーズのせ
6.2.おからとじゃがいものおやき
6.3.ははつゆと酢のヘルシーポテサラ
6.4.おからと豆腐のダイエットポテサラ
6.5.鶏肉のじゃがいもソテー

7.まとめ

1.どうして太るの?

大抵のものは身に付くと嬉しいのが普通ですが、こと脂肪となると話が別です。

食べ過ぎて太ってしまうのはもちろんのこと、特別食べ過ぎたという自覚がなくても、脂肪は否応なくついてきてしまいます。

脂肪さえなければ、つらいダイエットなんかしなくても済むのに・・・と、嘆きたくなる人も多いでしょう。では、いったいなぜ、脂肪はついてしまうのでしょうか。

太る理由と、脂肪の正体について見てみましょう。

1.1.脂肪は生きるための燃料タンク

「食べ過ぎると太る」というのは、誰でも知っている理屈です。それでは、どうして食べ過ぎは太ってしまうのでしょうか。

私たちの体は、ある意味機械だと言えます。機械は電気やガソリンなどの燃料がないと動けませんが、人間の体も同様です。

人間の場合、燃料にあたるのは、食べ物です。毎日摂る食事は、私たちの体内で消化・分解され、体の一部として使われるとともに、エネルギーとしても使われるのです。

食事で得たエネルギー(カロリー)は、生きるための活動に使われます。心臓や内臓を動かしたり、物を考えたり、筋肉を動かしたりといったことです。

機械の場合、取り込めるエネルギー容量は限られており、限界以上のエネルギーは貯められませんが、人間の場合は少々違います。余ったエネルギーも、体に貯蓄できるのです。

その貯蓄場所となるのが、脂肪です。脂肪はいわば、余ったエネルギーを保存する、予備の燃料タンクなのです。

その昔、食糧が少なかったころ、人間は日々生きるのが精いっぱいでした。そこで、希少なエネルギーを無駄にしないために、このシステムが備わったのだと言われています。

脂肪となったエネルギーは、食糧が乏しくなると、生存のために使われます。一般的な人であれば、水のみでも1ヵ月間は生き延びられると言われていますが、これは脂肪のエネルギーのおかげなのです。

1.2.「糖質」が太る原因?

ところで、具体的に太る原因となる物質とは、何なのでしょう。

近年は「糖質制限ダイエット」が注目されていますが、糖質こそ、太る原因だと言われています。

糖質は、炭水化物やでんぷんなどに含まれる成分で、体内に取り込まれると、消化・吸収されてブドウ糖となります。

ブドウ糖は、筋肉を動かすなどのエネルギーとして使われ、一部は筋肉や肝臓に貯め込まれます。しかしそれらに貯められるブドウ糖の量は限られており、全てのブドウ糖を活用できるわけではありません。

では余分なブドウ糖はどうなるかというと、前述のように脂肪細胞へ送られ、脂肪として蓄えられるのです。

脂肪はすぐにエネルギーとしては使えませんが、筋肉などのブドウ糖が不足すれば、予備の燃料として活用されるようになります。

しかし糖質を絶えず補給し続けると、脂肪はエネルギーとして燃焼されることがないばかりか、どんどん増え続けていくことになるのです。

1.3.ダイエットは「食べない」だけじゃダメ

上で見たように、太る原因には糖質が絡んでいます。ですから、ダイエットは単純に食べる量を減らすだけでなく、食事内容を見直すことも重要になってきます。

何より「食べない」だけのダイエットは、失敗しやすいという問題があります。特に毎日1食だけなど、極端な方法は挫折を招きやすいのです。

それから、よく言われることですが、食事だけでなく適度な運動もダイエットには欠かせません。運動は脂肪を燃焼させるだけでなく、ダイエットのイライラを解消する良い方法でもあります。

もちろん食事改善にしろ運動にしろ、やりすぎは禁物。ダイエットの秘訣は続けることですから、強引なやり方は一番危険だと言えるでしょう。

無理なく食事量を抑え、自分に合った運動をする。このことが、ダイエットには大事になってきます。

2.「じゃがいもダイエット」ってどんなダイエット法?

無理なく自然に食べる量を減らし、食事内容を改善する。このことが、ダイエットには欠かせません。

そこで問題になって来るのが、「何を食べればいいの?」ということですが、意外なダイエットフードとして注目を集めるのが、じゃがいもなのです。

「じゃがいもは太るんじゃないの?」と思われる方も多いでしょう。なぜじゃがいもがダイエットに適しているとされるのでしょうか。

「じゃがいもダイエット」の秘密について、詳しく見ていきましょう。

2.1.じゃがいもってどんな食べ物なの?

まずはじゃがいものルーツについて見てみましょう。

じゃがいもは、南米のアンデスからメキシコにかかる高原地帯を原産地とする、ナス科の植物です。栽培の歴史は紀元500年ごらから始まり、インカ帝国の主要な食糧となっていました。

その後スペイン人の遠征によってじゃがいもはヨーロッパへと紹介されますが、当初は食用ではなく、観賞用として利用されていたようです。

やがて食用としても用いられるようになったじゃがいもは、ヨーロッパ中で栽培されるようになりますが、寒冷地でも育つことから、特にアイルランドの貧農の主要な食べ物として広まっていきます。

じゃがいもはアイルランド移民によって、北アメリカへも広まっていきますが、19世紀中ごろにヨーロッパ全域で発生したじゃがいもの疫病により、アイルランドでおびただしい餓死者を出すという事態も起きています。

日本へ入ってきたのは、1598年にオランダ人の手によって持ち込まれたのが最初。日本でも当初は、食用としては普及しませんでした。

日本で本格的にじゃがいもの栽培が始まったのは、明治に入ってからです。北海道開拓に伴い、じゃがいもが各国から導入され、栽培されていきました。以来現在まで、北海道はじゃがいもの産地として定着していったのです。

おいしく食べごたえがあり、さまざまな料理やお菓子に利用できるうえ、保存もきくというじゃがいもは、現在でも世界中で食べられる人気の食材となっています。

2.2.じゃがいもで痩せる理由

じゃがいもがおいしくて人気があるというのは、言うまでもない事実ですが、同時に「太りやすい」というイメージも持たれています。

「じゃがいも=太る」というイメージの最大の原因は、じゃがいもに含まれるでんぷんでしょう。はじめの項でも述べたように、でんぷんには糖質が含まれており、糖質は肥満の大きな原因になるからです。

しかしじゃがいもダイエットは、じゃがいもを食べて痩せるというダイエット法です。ではなぜ、じゃがいもを食べることがダイエットにつながるのでしょうか。

じゃがいもでダイエットできる秘密は、でんぷんの質にあります。実は、じゃがいものでんぷんには、「難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)」と呼ばれるものが含まれているのです。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket