8時間でダイエットできるんです!驚愕の8時間ダイエットに挑戦して見ませんか?効果や方法について徹底解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

例でおわかりになるように「この時間内では絶対にムリ!」という方は、10時間ダイエットで挑戦してみてください。

【10時間以内の時間例】

7:00~17:00
8:00~18:00
9:00~19:00
10:00~20:00
11:00~21:00
12:00~22:00

下剤 ダイエット

20時以降は食事を摂らない方がダイエットには効果的ですが、ご自分のライフスタイルに合わせて時間を調整してください。口コミでも、最後に食べてから16時間後に食べる工夫をしている方もいらっしゃいます。また、毎日が難しい場合は、週に3日ペースから始めてみるのも手です。

⒉2食事の時間は毎日同じなのか?

8時間ダイエットは、体内にある「時計遺伝子」に働きかけて、からだのリズムを整えるダイエット法です。そのため、食事時間を同じにすることが最も効果的だといわれています。できる範囲で食事時間に気をつけて、食習慣を整えていきましょう。

⒉3食事制限はあるのか?

8時間ダイエットは「何でも食べられる!」ばかりが強調されていますが、暴飲暴食していては確実に太ります。食事制限は特にありませんが、バランスの良い食事を適量摂る。これがダイエットの鉄則です。

8時間以内だからといって、食べ放題などで暴飲暴食したり、脂っこいものや炭水化物ばかり食べる、糖質の高いアルコールを大量に飲んでいては、痩せるどころか太ってしまいます。極端な食事制限は必要ありませんので、栄養バランスとカロリーを少し意識した食事を摂りましょう。

⒊8時間ダイエットの効果は?

⒊1消化活動を休ませる

『朝食を7時に摂った後、10時に小腹が空いたと少し間食をしてそのまま12時になって昼食、また15時に間食を行い、19時に夕食後さらに21時に間食』このような食生活を繰り返している人は、ごく当たり前にいらっしゃるのではないでしょうか。

私達が食事で摂ったものは、通常3時間程度掛けて消化され、8時間から12時間で排泄されると言われているので、この一例をとって見ても、朝の7時から夜の21時まで、実に14時間以上も胃腸が消化活動を行っていることがわかります。

消化にエネルギーが多く使われてしまうと、その分代謝に使うエネルギーが減ってしまうため、必然的に太りやすくなってしまいますが、食事の時間を8時間以内に収めることで消化に使うエネルギーを減らし、代謝をアップさせることができます。

⒊2ビーマルワンの働きを抑える効果

ビーマルワンとは、たんぱく質の一種で脂肪を溜めこむ性質を持っているものです。夜の10時以降に体内で増加し始め午前2~4時にピークを迎えると言われており、この時に胃腸に食べ物があるとビーマルワンがそれらを脂肪として蓄えてしまうのです。よく、「夜に食べると太る」と言われますが、これはビーマルワンの働きが深く関わっていると言われています。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket