ウォーキングダイエットに成功する【時間&方法】結果までの期間も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6b7aa7aae678a228375929c80fb30115_s

色々なダイエット方法が巷には溢れていますが、とてもスタンダードなのがウォーキングでのダイエットです。けれどもウォーキングでどれくらい痩せるのか?どうやったら痩せるのか?そんな疑問もつきませんよね。

ウォーキングは誰でもできるので経験のある方は多いでしょうが、結局痩せなかったというケースも多いです。本当にウォーキングにダイエット効果はあるのでしょうか?またどれくらい続けたら痩せるものなのでしょうか?

ウォーキングダイエットは正しい方法で行い、痩せるメカニズムを知っていれば、きちんと痩せることができます。

実際に痩せた人はきちんと実践されている、「ウォーキングダイエットで結果を出す方法」について詳しく紹介していきます。

正しい方法を実践し、体重が落ちる法則を知ることで、ウォーキングでしっかりとダイエットの結果を出すことができます。せっかく時間を割いて取り組むダイエットです。これを読んで理想通りの結果を出してもらえたらと思います。
1.ウォーキングダイエットって痩せるの?
1.1ウォーキングの消費カロリー
1.2ウォーキングの時間
1.3ウォーキングのメリット

2.正しいウォーキングダイエットの方法
2.1正しい姿勢
2.2正しい歩き方
2.3正しい服装
2.4ウォーキングシューズも大切
2.5ウォーキングに適した時間は?

3.ウォーキングダイエットの口コミ
3.1「痩せた!」という口コミ
3.2「痩せなかった」という口コミ
3.3痩せなかった場合の原因って?

4.ダイエットの効果はいつから出てくる?
4.1体重1キロ減らすのに約7200kcal必要
4.2人によって効果の違うのはなぜ?

5.ウォーキングダイエットのサポートアプリを紹介!
5.1毎日歩こう 歩数計Maipo 無料アプリでダイエット!
5.2RenoBody~歩くだけでポイントがもらえる無料歩数計アプリ~
5.3キョリ測
5.4Walker-歩数計 Lite

6.まとめ

 

diet-398613_640
1.ウォーキングダイエットって痩せるの?

「健康のため」「痩せるため」とウォーキングを習慣にしている方は多くいるでしょう。世の中にはたくさんのダイエット方法がありますが、ウォーキングでのダイエットはとてもスタンダードで、誰でもできるダイエット方法です。

多くの人ができる、あるいはやったことのあるウォーキングダイエットでは、「歩く」ことでダイエット効果を目指します。歩くことは普段の生活の中でもしていますが、これもれっきとした「有酸素運動」ですよね。

有酸素運動で酸素を体の中に入れることで、脂肪燃焼が促進され、ダイエット効果が期待できます。食事制限でのダイエットもありますが、健康的に痩せるとなったらこの有酸素運動ははずせません。

 

1.1ウォーキングの消費カロリー

ウォーキングにはどれだけのダイエット効果があるのか?どのくらいの消費カロリーがあるのかで見てみましょう。

体重50kgの人×60分歩いた場合
散歩程度の早さ…約131kcal
普通の早さ…約158kcal
大またで速足…約263kcal

具にもよりますが、おにぎり1個分のカロリーが約200kcalですから、1時間歩いて、約おにぎり1個分のカロリーを消費できるということですね。

ちなみに、他の運動ではどれくらいの消費カロリーがあるのかも紹介します。同じように、体重50kgの人が60分間運動した場合の消費カロリーです。

水中ウォーキング 約210kcal
ランニング 約500Kcal(10km走ったときの場合)
クロール 約420kcal
平泳ぎ 約525kcal

やはりランニングや水泳などよりもウォーキングの消費カロリーは控えめであることが分かります。

 

1.2ウォーキングの時間

ウォーキングでダイエットするには、どれくらい歩くかも大切です。「毎日5分歩くのを続けています」だと、ちょっとそれでは足りないんじゃないか?と思うでしょう。では実際、どれくらいの時間歩けばウォーキングでダイエット効果が得られるのでしょうか?

「運動を始めて20分すると脂肪が燃え始める」と聞いたことはあるでしょうか?

ウォーキングなどの有酸素運動では、運動開始から20分以上経つと脂肪が燃え始めるとされています。そのためダイエットのために運動するなら20分以上は継続しましょうと言ったりします。

けれども実際には、開始5分くらいから脂肪は燃え始めてくるそうです。ただ、20分を過ぎたあたりからより多くの脂肪燃焼効果があるので、そこを目標にするのはダイエットで結果を出すことを考えたら大切ですね。

もちろん、たくさん歩けばその分脂肪は燃焼しますが、まずは20~30分程度を目標に歩いてみましょう。そこから徐々に時間を伸ばしていってもいいですし、歩き方にこだわっていってもいいですね。

ただし、歩きすぎるといくらウォーキングとはいえ、膝や腰への負担にもなります。1日の歩数で言うと以前は「1万歩」を目標にするようされてきましたが、今はそれでは歩きすぎで「8千歩」くらいがよいとされています。くれぐれも頑張りすぎ・歩きすぎには注意しましょう。

1.3ウォーキングのメリット

ウォーキングでダイエットするには色々とメリットがあります。もちろん、ジョギングの方が消費するカロリーとしては大きいです。けれどもそれを上回るウォーキングのメリットとは何があるでしょうか?

 

・ハードルが低い
ウォーキングは、体一つあれば今すぐにでもはじめられます。特別な機械は必要なく、お金もかかりません。特別な技術や場所が必要なわけでもありません。

何かダイエットをしようと思っているけれど、とりあえず歩いてみようかな、と軽い気持ちから始められます。

また、女性でも男性でも、若くても年齢を重ねていても、誰でもできるのがウォーキングです。そんなハードルの低さもメリットですね。

 

・運動能力に関係ない
運動がいかにできなくても、「自分は歩くのが下手だから」という方はなかなかいません。水泳やヨガとなると、「運動音痴だから…」と気後れしてしまう人も多いですが、歩くことに気後れすることはありませんよね。

また、緩やかな運動なので膝が悪いという人もやりやすいのがウォーキングです。膝への負担が怖いという場合には、水中ウォーキングの方がより、負担なくダイエット効果を目指せますね。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket