アイスダイエットは効果バツグン!!アイスを食べて痩せる意外な方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

アイスダイエットって何だろう?

そう思われるのも当然です。でもこの「アイスダイエット」効果があるんです!!

スゴイ太りそうなイメージですが

食べ方を少し工夫するだけでダイエット効果バツグンです!!

その意外なやり方を大公開します

読んでビックリ、知ってビックリのアイスダイエット。

食べておいしいアイスで

楽しくダイエットしましょう!!

目次

1、アイスダイエットの前に

1-1アイスの種類について

1-2食べてもいいアイスとは

2、アイスダイエットの理論とは

2-1アイスの食べ方

2-2効果を考える

3、乳糖を考える

3-1アイスに含まれる乳糖とは

3-2乳糖の効果とは?

4、バニラについて

4-1バニラとは何

4-2バニラもつ効果とは

5、冷えと保温について

5-1体が冷えるとどうなる

5-2温める効果とは

6、アイスダイエットを総括する

6-1アイスダイエットのメリットとは

6-2色々な食べ方をご紹介

7、まとめ

7-1意外性を考える

7-2最後にひとこと

1、アイスダイエットの前に

1-1アイスの種類について

ひと口に「アイス」と言っても種類はたくさんあり、次のように分類されます。

*アイスクリーム・・・乳固形分15%以上、乳脂肪分8%以上

*アイスミルク・・・・乳固形分10%以上、乳脂肪分3%以上

*ラクトアイス・・・・乳脂肪分3%以下

*氷菓・・・・・・・・乳固形分3%以下、シャーベット

1-2食べてもいいアイスとは

アイスダイエットをする際食べてもいいアイスは「アイスクリーム」です。

乳脂肪分が多いので太りそうな感じですが、実際はそうではありません。

乳脂肪分が少ない種類は糖分が多くダイエットには不向きです。

 

アイスクリームの原料は牛乳と乳製品です。

クリームやバターなどの乳脂肪分、脱脂粉乳や脱脂濃縮乳、練乳などの

無脂肪固形分で出来上がっています。

その為カルシムなどの栄養素も豊富に含まれています。

 

また、アイスクリームにも色々種類がありますが

一番のオススメは「バニラアイス」です。

2、アイスダイエットの理論とは

2-1アイスの食べ方

アシスダイエットは「置き換え」を目的としています。

その為、食べるタイミングと量が重要になります。

アイスクリーム100gで約180kcalあります。

これはご飯の量としては軽く1杯分にあたります。

*朝食として食べる

アイスクリームを朝食の代りに食べます。

朝は軽い飢餓状態にあるので、パンなどの炭水化物を食べると

血糖値が急激に上昇するため中性脂肪の蓄積に影響します

これに対しアイスクリームの乳脂肪分は血糖値の上昇が緩やかです。

 


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket