痩せたいのに食べたい!メカニズムを知って確実に痩せる方法17選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ダイエットというと、どんなことを最初にイメージをしますか?

きっと、体重を減らしたり、食べない食事制限などを最初に思い浮かべませんか?

女性なら、早い方で小学校から体重を気にして、食事の制限を始めた方もいらっしゃるかと思いますが、それは大変危険な行為なので、絶対に避けましょう!

思春期で過酷なダイエットをしてしまった方は、極度の栄養失調となり異常な食欲が出てきてしまい、理性ではコントロールをすることができなくなります。

そのことで、常に過度な食欲が出てくる過食症という病気を発症してしまうようになります。

こういったメカニズムをしっかり把握して、適切なダイエットを行うことが、成功への近道となります。

人間が本来欲しがっている要求をしっかり感じれる「五感」を養うことで、適正の健康的な体へと変わっていくことでしょう。

→目次

1.痩せたいけど食べたい!のメカニズムを知ろう!
1.1食欲が出るタイミングを知ろう
1.2生理的な食欲が一番危険!
1.3生活習慣の乱れを整えると自然と痩せる

2.どうやったら効率よく痩せるの?
2.1咀嚼を意識して食事をとる
2.2流行りのダイエットはしない
2.3良質な睡眠をしっかりとろう

3.食べても太りにくい食べ物とは?
3.1豆腐たっぷり野菜スープ
3.2りんご&ヨーグルト
3.3おかゆ&おじや
3.4なんちゃって白滝ヌードル
3.5具だくさんキノコの炒め物

4.体を動かして基礎代謝を上げる方法
4.1運動前のストレッチで筋肉をほぐす
4.2ゆっくりスクワットで体の脂肪を燃やす
4.3セロトニンを喜ばせるリズムウォーキング

5.メンタルダイエットを取り入れよう!
5.1痩せている自分をイメージして楽しむ!
5.2すぐに成果を求めない!
5.3体重だけを減らそうとするダイエットは危険!

6.まとめ

 

1.痩せたいけど食べたい!のメカニズムを知ろう!

danjiki-diet

ダイエットという言葉を聞くと、どうしてもネガティブな感情を抱いてしまいがちですが、今までに成功した経験が少ないからなのではないでしょうか?

そもそも、ダイエットという言葉をしっかり認識しておきましょう。

ダイエットとは日本語で「規定食」という意味を持ちます。

ここの時点で「?」が出た方がほとんどではないでしょうか?

実は、ダイエットを根本から間違った概念で考えている方が圧倒的に多いようなんです。

ダイエットは、体の健康を維持していくための食事を指し、無理な食事制限をするものではないことをしっかり把握しておきましょう。

間違った方法で始められたダイエットは、体を病へと導いてしまう恐れがあります。

そこで、とっても大切なメカニズムをご紹介していきます。

食欲とは、人間の大切な「三大欲」ということはご存知ですよね。

人間には無くてはならない大切な命を繋ぐ「欲」です。

無理な食事制限をして、体が餓鬼状態になってしまうと、脳が命の危険と判断をして、異常な食欲を出してしまいます。

それが「過食症」という病なのです。

一度陥ってしまうと、なかなか正常な食事に戻すことができなくなります。

そうなる前に、しっかりとした知識をつけて健康的なダイエットを楽しんで行っていきましょう。

ここでは、食欲のメカニズムをご紹介していきます。

この部分をしっかり把握して、食欲をうまくコントロールをしていきましょう!

1.1食欲が出るタイミングを知ろう

食欲のタイミングを、改めて感じるといった行為をしたことがありましか?

実は、イチイチそんな感情に気づきながら行動を起こしている方は少ないようです。

特に、お勤めをされている方は、食欲が出なくても定時にはランチをしたり、その反面、お腹が空いても仕事があるので、食事が取れなくてタイミングを逃してしまったりと、ご自身の大切な食欲のタイミングを逃してしまう生活を送っているのではないでしょうか。

そのタイミングが合わなければ、脳は誤作動を起こして、夜に異常な食欲が出てきてしまい、過食をしてしまうといった生活を余儀なくされている方も少なくないようです。

また、極度のストレスから、食欲がコントロールできなくなり、食べた後の罪悪感でまた過食に走ってしまうケースもあるようです。

そして、食欲には「グルメ番組を見ていたらお腹がすいた」といった感覚的な欲求で食事をしたくなることも在ります。

人は、大脳が発達しているために五感で感じたものを欲しがる傾向にあります。

なので、目や音で感じたグルメ番組の食材を見て、今すぐ食べたい!といった欲求にかられるのは誰でも起こりうる反応といえます。

この欲求を抑えるのは、とても難しいことです。

なので、予めこのような番組を夜の遅い時間には見ないように心がけたり、食材を家の中にストックしないようにします。

また、異常な食欲を感じた際には、その場で我慢をしてしまうとリバウンドがくるので、食べても太らないメニューを利用して食欲を一旦沈静化させる努力をしましょう。

1.2生理的な食欲が一番危険!

感覚的な食欲の増進の他に、人間の体に必要な栄養素が不足すると起こる「生理的な食欲増進」があります。

生理的な食欲増進の原因としては、血糖値の低下、血液中の遊離脂肪酸濃度の上昇、脳の視床下部のヒスタミン量が低下、セロトニンの減少などの生理的現象で、体の中に不足しているものを補おうとして急激に食欲が出てきてしまう症状があります。

この現象は、実際に自身の体で発見することがなかなかできない症状で、ただ食欲だけが増進してしまい原因不明の体重増加とみなして、早急に痩せたい願望に襲われ食べないダイエットを引き起こします。

しかし、食べないダイエットは、冒頭でも述べたように、体の餓鬼センサーが働き猛烈な食欲を引き起こす最悪な環境を呼びよせてしまいます。

そんな負のループにハマらないように、しっかりと歯止めを利かしてバランスの良い食事を摂取しつつ、適度な運動をして徐々に健康体へと導いていくダイエットをしていきましょう!

1.3生活習慣の乱れを整えると自然と痩せる

食欲が増進する原因に生理的現象で起こってしまうと、前述しましたが、ここではもう少し掘り下げてお話しをしていきます。

体内で分泌される2種類のホルモンが、食欲に大きな影響を与えているという事実を聞いたことはありますか?

そのホルモンとは「レプチン」と「グレリン」の2つになります。

レプチンは、食事の後に分泌されるホルモンで満腹中枢が刺激され満腹になるというシステムとなっています。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket