効果的な脂肪燃焼の運動方法を伝授。これで脂肪とおさらば!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

暖かくなって薄着になると特に気になるのは、自分のスタイルですよね。
厚手の服が多く、気にならなかった『お腹』や『脚』、『腕』などの脂肪をほったらかしにしていませんか?
この夏こそは、完璧なスタイルにしたい!という方、必見です。
今回は、脂肪のことを徹底的に知り、脂肪燃焼に効果的な運動を教えちゃいます!
これを読めば、生まれ変わった自分をみんなに披露して、憧れられる自分になれること間違いなしです。

 

【目次】
1. そもそも脂肪とは?
1.1 よく耳にする体脂肪って?
1.2 中性脂肪とは?
1.3 皮下脂肪とは?
1.4 内臓脂肪とは?

2. 脂肪がつきやすい食べ物3選!
2.1 お手軽だけど、実は恐ろしい!インスタント食品
2.2 美味しい物には訳がある⁉ファーストフード食品
2.3 なかなか止められない!お菓子・スイーツ

3. ダイエットの天敵!リバウンドをしないために
3.1 食べないダイエットは逆効果!
3.2 食べないことは脳へのストレス
3.3 リバウンドしないために!停滞期の乗り切り方

4. 脂肪燃焼に効果的な運動とは?
4.1 脂肪燃焼には有酸素運動!
4.2 無酸素運動は効果なし?
4.3 有酸素運動+無酸素運動で効果抜群

5. 家でも出来る!おすすめ有酸素運動3選!
5.1 リラックスにも!ヨガ運動
5.2 器具さえあればいつでもできる!エアロバイク
5.3 台を用意するだけ!踏み台昇降運動

6. 脂肪燃焼できる運動時間とは
6.1 30分以上!の考え方はもう古い!
6.2 時間が取れない時はこまめに運動を!
6.3 頑張りすぎて続かないのは効果なし!

7. 脂肪燃焼に向いていない時間帯
7.1 起床直後の強度運動はNG!
7.2 食後は注意!
7.3 就寝直前は眠りに影響が!
7.4 高温な時間帯は熱中症の原因に

8. 運動+食事で効果的に脂肪燃焼しよう!
8.1 脂肪燃焼に効果的なオイルとは
8.2 カフェインは脂肪燃焼に効果的
8.3 タンパク質は脂肪燃焼の強い味方

9. まとめ

 

 

1. そもそも脂肪とは?

 

1.1 よく耳にする体脂肪って?

『体脂肪』という言葉を1度は耳にしたことがあると思います。
よく「体脂肪率が何%」と言いますが、この体脂肪とは、体の脂肪すべてのことを指します。
つまり、体脂肪=中性脂肪・皮下脂肪・内臓脂肪、すべての総称のことなのです。
体脂肪率が高ければ高いほど、肥満傾向にあるということです。

 

1.2 中性脂肪とは

まず、体脂肪の中の中性脂肪について詳しく説明していきます。
中性脂肪とは、私たちが生活をしていく上で、必要なエネルギー源になる脂肪のことです。
血中や皮下などに、脂肪細胞として運ばれ、必要な分のエネルギーを消費していくというシステムです。
最近では、脂質や糖質などの摂りすぎで、エネルギーとして消費されなかった余った脂肪が、どんどん体の中に溜まり、肥満の原因になってしまっています。

 

1.3 皮下脂肪とは?

皮下脂肪とは、その名の通り「皮膚の下にある皮下組織につく脂肪」です。
寒いところでも体温を維持したり、ぶつかった衝撃などから守ってくれたり、エネルギーの源になったりします。
この皮下脂肪は、男性よりも女性につきやすく、1度つくと落ちにくい脂肪でもあります。
中性脂肪とは違い、もしもの時のために備蓄してしまう脂肪なので、ダイエットをしてもなかなか落ちません。
女性の悩みによくある『セルライト』も、この皮下脂肪なのです。
この皮下脂肪がつきすぎると、見た目も肥満に見えますし、関節などの骨格にも影響が出てしまう恐ろしい脂肪です。

 

1.4 内臓脂肪とは?

内臓脂肪は、内臓の周りにつく脂肪のことです。
内臓脂肪は、皮下脂肪とは違い、溜まりやすいですが落ちやすいのが特徴です。
しかし、落ちやすいからといって油断してはいけません。
内臓脂肪は、男性・閉経後の女性など、加齢とともにつきやすくなります。
糖尿病や動脈硬化、高血圧などの病気の元になりかねません。
また、皆様がよく耳にする『メタボリックシンドローム』は、この内臓脂肪型肥満によるもので、医師の診断が必要になってしまいます。
内臓脂肪は、運動・食事の管理で改善することも可能ですので、普段から気を付けましょう。

 

 

2. 脂肪がつきやすい食べ物3選!

 

 

2.1 お手軽だけど、実は恐ろしい!インスタント食品

時間がない時や、めんどくさい時など、ついついインスタント食品を食べてしまいますよね。
最近では、インスタント食品でも様々な種類のものがたくさん販売されているので、飽きずに色んなものを試してしまいますよね。
しかし、インスタント食品はかなり塩分が高いものが多いです。
インスタント食品の中で、味の薄いものはほとんどありません。
それだけしっかり味付けがされており、塩分も高いということです。
成人が1日に必要とする塩分は、男性が「約8g」・女性が「約7g」と厚生労働省で定められています。
しかし、このインスタント食品(1食分)には、成人1日分に相当する塩分が含まれています。
塩分を摂りすぎると、高血圧や浮腫みなど様々な症状が出てきます。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket