お肌のお手入れの基本、洗顔料と洗顔方法を見直すとニキビが激減!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

肌あれピンチに7日間の救世主!

定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
dプログラムはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。
→詳しくはこちら
90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
実際に90%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

ニキビができている時に、顔を洗うのは悪化しないか心配だし、気分が重いものです。でも、不潔なのはニキビには大敵!洗顔しないと余計にニキビが悪化すると思ってしっかりと洗っているけどニキビが良くならない。洗っても洗っても、皮脂が減らないのはなぜなの?

それは、洗顔料の選び方や洗い方に問題があるかもしれません。肌に合わない洗顔料を使ったり、間違った洗顔方法でさらにニキビが悪化してしまうこともあります!

そうならないためにも、ニキビ肌に効果的な洗顔料の選び方やニキビを悪化させない洗顔方法と洗顔後のケアを知ること、実践することです。

そして、どうしてもお肌がヒリヒリする人が実践している肌断食という方法もあります。ニキビ肌だけでなく美肌に大切な「洗顔」という基本中の基本を見直してみましょう。

目次

1.洗顔料はどんなタイプを選べばいいのか
1-1.すっきり自然派固形石鹸
1-2.しっとり手軽な液体石鹸
1-3.泡立ちやすい洗顔フォーム
1-4.さっぱりツルツルパウダータイプ

2.ニキビに効果のある成分
2-1.グリチルリチン酸
2-2.イオウ
2-3.サリチル酸
2-4.イソプロピルメチルフェノール
2-5.クレイ
2-6.植物成分

3.ニキビにオススメの洗顔料
3-1.プライマリーNon A
3-2.ロゼット 洗顔パスタ 普通肌
3-3.アクネバリア 薬用プロテクトウォッシュ
3-4.itten cosme 泥練洗顔
3-5.パウダーウォッシュAP

4.洗顔方法のコツ、気をつけるポイント
4-1.お水かぬるま湯がベスト
4-2.泡立てネットを使う
4-3.絶対にこすらないこと
4-4.タオルで水分を押さえて取る

5.もうどうにもヒリヒリ状態!どうすればいい?
5-1.ニキビ治療薬飲んでるとヒリヒリ!?
5-2.思い切って肌断食

6.まとめ

1.洗顔料はどんなタイプを選べばいいのか

洗顔料といっても、懐かしの石鹸タイプやチューブの洗顔フォーム、パウダーなど色々なタイプがありますよね。その性質や使用感など自分の肌や好みに合ったものを選んでみましょう。

1-1.すっきり自然派固形石鹸

出典 | Amazon 

古代ローマ時代から世界中のあらゆる国で人々に使われて来た固形石鹸。かっちりとした形、汚れがスッキリ落ちそうな印象の質感、まさに洗顔料としての王道です。合成成分が無添加であったり添加物が少ないものが多いので、天然のものをできるだけ使いたい自然派の方に人気です。

固形石鹸タイプは「脂肪酸ナトリウム」でできていて、天然の界面活性剤として泡立ちます。またアルカリ性なので細菌やウイルスが増えにくい性質を持っています。液体石鹸などと比べて、肌への負担が少なく、しかも洗浄力は優れています。固形石鹸は、溶けにくいので手に取った時に洗顔料を取りすぎて洗顔し、肌を刺激してしまうというミスも防ぐことができます。

一時は液体石鹸全盛でしたがその良さが見直され、枠練り法や窯炊き法など昔ながらの製法のものや、お茶エキスやクレイ配合など様々な石鹸が販売されています。原料はパームオイルを始め、オリーブオイル、椿油、馬油など肌に有効なオイルが配合されたものも多く製造されています。

1-2.しっとり手軽な液体石鹸

リキッドタイプの液体石鹸は、グリセリンなどの保湿成分が配合されているものが多く、乾燥肌や敏感肌向けの製品が主になります。洗浄力も控えめなものになり、使用感もおだやかです。洗い上がりはしっとりとした感触で、乾燥してニキビができている方や、敏感肌の方にオススメですが、保湿成分によりニキビができやすくなる場合もあります。

1-3.泡立ちやすい洗顔フォーム

チューブに入って、歯磨き粉のようにちょこっと出して使う洗顔フォームは現在主流となっているタイプでドラッグストアでもよく見かけるタイプです。液体タイプより固いので出しすぎることもなく、また泡立てやすくて使いやすいのがメリットです。合成界面活性剤で汚れを落とし、保湿剤でしっとりとさせるものが多いので、お肌の弱い方や添加物に敏感な方は成分をよく見て選びましょう。

1-4.さっぱりツルツルパウダータイプ

粉状の洗顔料になりますが、その多くがたんぱく質や脂肪などを分解する「酵素」配合です。酵素の力で毛穴に詰まった角栓や皮脂を溶かしたり分解する働きがありますので、脂性肌やニキビ肌に向いた洗顔料となります。微粒子のパウダーが小鼻の黒ずみを取る効果も高く、ざらつきのないツルツルとした洗い上がりが他のタイプにはない感触です。パウダータイプは泡立てにくいので、慣れるまでに少しコツが必要になります。

<< 次のページへ続きます >>

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感できたとして話題になっているのは オルビスのニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
正直、これが最強です。
→詳しくはこちら

98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4 5 6

SNSでもご購読できます。