背中美人に!背中のダイエット方法を伝授!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ふと自分の後ろ姿をみて、幻滅したことはありませんか?
ブラをつけると、はみ出した贅肉にゾッとする・・・なんて経験あるかもしれません。
しかし、その背中の贅肉は簡単に落とすことができるんです!
今回は、そんなしぶとい背中お贅肉を簡単に落とす方法を伝授します!
カンタンなストレッチや、日々の生活のちょっとした改善で、綺麗なS字ラインで魅力的な体になりましょう!

 

【目次】
1. 背中の贅肉の原因
1.1 姿勢が悪い
1.2 スマホやPCの使い過ぎ
1.3 加齢によるもの

2. 背中の贅肉は老けて見える
2.1 たるみが原因で+5歳に見える
2.2 糖質を発生させやすくなる
2.3 酸化を起こしやすくなる

3. 背中の贅肉に効くストレッチ
3.1 タオルを使ったカンタン肩甲骨ストレッチ
3.2 猫背をリセット!どこでもストレッチ
3.3 リラックスにも!10秒ストレッチ

4. 背中の贅肉に効く!効果的なアイテム3選
4.1 育乳にも!『ラディアンヌ・脇肉ブラ』
4.2 雑誌にも記載!『magiko・姿勢サポーター』
4.3 姿勢改善に!『ボディーメイクシート』

5. まとめ

 

 

 

1. 背中の贅肉の原因

なかなか取れなく、厄介なのが「背中の贅肉」ですよね。
どうして背中に贅肉がついてしまうのでしょうか?
まず始めに、背中の贅肉の原因からご紹介していきます。

 

 

1.1 姿勢が悪い

背中の贅肉は、筋力の低下が原因の1つです。
姿勢が悪い人は、背中の筋肉が衰えてしまっているため、綺麗な姿勢をキープできなくなっています。
さらに、姿勢が悪いままずっと放置してしまっていると、さらに筋力がなくなり、どんどん背中に贅肉がついてしまいます。

また、血流も悪くなり、代謝が下がってしまいます。
代謝が下がると、脂肪がつきやすくなり、落ちにくくなります。

代謝は年々低下していき、年々代謝が上がりにくくなります。
さらに、背中は腕や脚とは違い、なかなか動かすことが少ないので、余計に脂肪がつきやすくなります。

ま姿勢を正していると、代謝もよくなるため、自然と背中の贅肉もつきにくくなってきます。
姿勢を正すことが、背中の贅肉を落とす1番の近道なのです。

 

 

1.2 スマホやPCの使いすぎ

「スマホ病」という言葉があるくらい、現代ではスマホやPCの使い過ぎが問題になっています。
ずっと同じ姿勢でいると、筋肉が凝り固まってしまい、背中の代謝が悪くなり、贅肉がつきやすくなります。

また、姿勢が悪くなる原因にもなります。
適度に休憩したり、しっかり肩や背中を動かすストレッチをしなければ、どんどん老化していきます。

長時間のデスクワークの方などは、1時間に1度を目安にカンタンなストレッチを行ったり、座っている間も猫背にならないように、しっかり姿勢を意識するようにしましょう。

 

 

1.3 加齢によるもの

加齢は年々、全身の基礎代謝を下げてしまいます。
腕やお腹ももちろんですが、あまり使わない背中が1番老化しやすく、贅肉がつきやすくなります。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket