ささみ カロリーについてダイエットに気になる調理方法や栄養成分等についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近話題のささみ低カロリーダイエットですが、果たして本当に効果はあるのでしょうか?

ささみのカロリー等についてオススメのささみダイエット調理方法から、ささみの保存方法。また、ささみダイエットの具体的なやり方等についてまとめてみました。最近体重が気になる方は、ぜひともこの記事をご参考にささみダイエットに取り組んでみてください。

目次一覧

⒈ささみ カロリーはどれぐらいあるのか?
⒈1ささみカロリーについて
⒈2ささみの栄養成分について
⒉ささみ カロリーは茹で方で変わるのか?
⒉1茹でたささみのカロリーについて
⒉2体験談を踏まえた結論
⒊ささみ カロリーは低くても太るのか?
⒊1ささみ1本分のカロリーはどれぐらい?
⒊2ささみが太る理由とは?
⒊3やせた後のささみの食べ方
⒊4ささみのコレステロールは?
⒋ささみがダイエットに優秀な理由とは?
⒋1驚きの低カロリー
⒋2豆腐よりもヘルシー
⒋3たんぱく質が豊富
⒋4ビタミンB群が豊富
⒌ささみダイエットの効果的なやり方
⒌1ささみダイエット効果
⒌2ささみダイエットのやり方
⒌3ささみの茹で方
⒌4ささみダイエットの口コミ
⒍ささみの保存方法と食べ方について
⒍1鶏ささみの保存方法
⒍2ささみは生で食べられるのか?
⒎ささみは犬にも与えて良いのか?
⒎1ささみは犬に与えても大丈夫?
⒎2ささみの成分と愛犬への与え方
⒎3調理と与える際のポイント
⒏コンビニで買えるささみについて
⒏1コンビニのささみで一番のオススメは?
⒐まとめ

⒈ささみ カロリーはどれぐらいあるのか?

⒈1ささみカロリーについて

ささみのカロリーは大体100gあたり、239カロリーです。また、ササミは鶏肉の胸肉周辺にある部位で脂肪分が少ないためカロリーも低く、ダイエットや筋トレ時によく出てくるこの食材はグラフを見るとわかるとおり、炭水化物・脂質はほぼなく殆どがタンパク質です。そのためささみは減量時に摂取カロリー量を低くしたり、トレーニング時の筋肉を作るための栄養源として活用しやすい食品です。また、ささみは牛肉・豚肉でいうヒレ肉に近いです。

⒈2ささみの栄養成分について

鶏のササミは脂肪分が少なく低カロリーです。但し、ここまでは他の鶏と定義的には変わりません。しかし、ここから大きく違います。まず市販の鶏やブロイラーのササミに関していえば鶏肉の中で最も柔らかく味も淡白で、となります。しかし地鶏、ましてや当店のように400日平飼いして自然の餌を食べている鶏はその逆です。

「歯応えがあり、噛むごとに濃縮された旨みが広がり」という解説になります。一番よく分かるのが、ブロイラーのササミは加熱しても柔らかいままです。しかし、当店のササミは固くなります。鶏のササミはバランスよく栄養が含まれ、特に動脈硬化の予防作用があるナイアシン、亜鉛、代謝に働くビタミンB1などが豊富です。

鶏はほとんど飛びませんが、飛ぶと仮定して飛ぶために使う胸の筋肉として胸肉360g前後、ササミ70g前後といわれています。因みに胸肉は翼を下に下ろすための筋肉で、上げるのがササミです。そのために脂を溜め込まない仕組みになっているのです。

⒉ささみ カロリーは茹で方で変わるのか?

⒉1茹でたささみのカロリーについて

にわとり・若鶏・ささ身を茹でた場合のカロリーは約100gあたり約125カロリーと言われています。茹でることによってかなりのカロリー摂取量を下げることができます。だからと言ってそれだけ食べるのではなく、しっかりとしたバランスの良い食事をこころがけてください。

⒉2ささみの茹で方

ささみダイエットを成功させるためには味の工夫が必要ですが、低カロリーなささみはダイエットに最適な食材といえます。ダイエットを成功させためにはゆで方が重要です。また、ささみダイエットは効果的という口コミが多数あります。その要因としては肉を食べることができるというポイントです。ささみは低カロリーで高たんぱくなのでダイエットにむいてます。

そして、ささみはダイエット向きの食品といわれますが、ささみが苦手な人って結構います。理由は、うまく調理しないと、パサパサになって美味しくないからです。さらに、ささみ自体味がありませんから、とても毎日食べる気にならない人もいます。そこで、そんな調理の難しいささみはゆで方にポイントがあります。

まず、ささみは火を通しすぎると、水分が抜けてパサパサになってしまうために、いかに水分を保ったまま火を通せるかで美味しさがかわります。その為には、余熱調理が効果的です。以下、具体的なポイントとなります。

①まずネギとショウガを入れた水を沸騰させ、そこにささみを入れます。
②ささみを入れたらすぐに火を止めましょう。
③そのまま冷めるまで放置しておけば、余熱でしっかり火が通るんです。
④余熱調理したささみは、驚くほどしっとりしていて柔らかいんです。

⒊ささみ カロリーは低くても太るのか?

⒊1ささみ1本分のカロリーはどれぐらい?

鶏ささみ1本は約45g~50gくらいです。そして、鶏ささみは脂質も1本あたり0.4gくらいしか含まれておらず、糖質に至っては全く含まれておりません。また、カロリーも鶏ささみ1本あたり50カロリー前後とかなり低カロリーな食べ物と言えます。なので、現在はそういう情報も世間に知れ渡り、ダイエットなどにもよく活用されています。

⒊2ささみが太る理由とは?

鶏のササミは、炭水化物を避けて、脂肪分も避けることができるから、ダイエットには最適なのではないか?と考えて、鳥のササミを中心に食生活を構成する人がいますが、これはちょっと待ってください。鳥のササミ自体は、タンパク質が豊富で、血や肉を構成する要素としてはオッケーなのですが、鳥のササミとサラダだけの食生活では、炭水化物と脂肪分が少なすぎるのです。

炭水化物と脂肪分が少なすぎるとなぜ駄目なのかと言うと、便秘になるからです。便秘になると全身の代謝がダウンして、太りやすい体質になってしまうのです。ですので十分に注意して、バランスの良い食事をこころがけてください。

⒊3やせた後のささみの食べ方

ささみを食べる場合はあえてささみチーズフライなどにして少量でも満足できるようにしましょう。なぜならば、ささみは他の鶏肉に比べ、脂質が少ないので満足度と腹持ちに欠けるからです。また、フライにするとささみ独特のパサパサ感が抑えられるのでお勧めです。

⒊4ささみのコレステロールは?

ささみに含まれるコレステロールは100gあたり67mgと卵黄(100g1400mg)と比べればかなり低い数値になることがお分かりいただけると思います。ただ食物から摂るコレステロールは現在では見解が変わってきているので必ずしも、コレステロールが高い食材が悪というわけではないそうです。

⒋ささみがダイエットに優秀な理由とは?

⒋1驚きの低カロリー

ささみのカロリーは、100gあたり239kcal。まずは、これを他のお肉と比較してみます。

お肉100gあたりのカロリー
・ささみ:239kcal
・豚もも:183kcal
・豚ロース:263kcal
・豚バラ:386kcal
・牛ロース:411kcal
・牛バラ:371kcal

柔らかくジューシーなお肉ほど高カロリーになります。また、この表でささみが他のお肉と比較して、いかに低カロリーかが分かります。では、ダイエットを意識していない時に何気なく食べてしまうものと比較するとどうでしょうか?

100gあたりでカロリーに換算すると、チョコレートケーキが369kcal、クロワッサンが448kcal、食べだしたら癖になるくるみは、なんと674kcalという恐ろしい結果が出ました。しかし、ささみなら2本しっかり食べてもたったの239kcal。お腹を満たしたい、でもカロリーも気になる。そんなダイエット中には大きな魅力です。

⒋2豆腐よりもヘルシー

ささみに含まれる脂質は100gあたり、わずか0.8gです。これがどれくらいすごいのか、他のお肉と比べてみると一目瞭然です。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket