正しい姿勢はダイエットを後押し!猫背や反り腰はダイエットの敵!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

姿勢がダイエットに影響していることをご存知ですか?

もちろん、姿勢が悪くても痩せている人はいますし、姿勢を矯正しなくてもダイエットに成功している人はいます。

ダイエットには個人差もあり、インナーマッスルなどを鍛える必要があったり、目指してるダイエットの種類によっては、姿勢が重要になってくるのです。

ここでは、姿勢がダイエットに及ぼす影響や効果を紹介しつつ、姿勢を矯正するための筋トレや座り方なども合わせて紹介していきます。

 

目次

1.姿勢を正すだけでダイエットにつながることを信じれますか?
2.姿勢はどれだけダイエットに影響するの?
2.1 姿勢ってそんなに大事なの?
2.2 反り腰はあまり良くない
2.3 猫背もダメ!
3.なんで姿勢が悪いと太るの!?
3.1 姿勢が悪くなると腹筋を使わないって本当?
3.2 老廃物がたまりやすい
3.3 骨盤の歪みもダメ
3.4 内蔵の歪みは代謝を崩す
4.体を鍛えることで姿勢ダイエット!
4.1 正しい姿勢をまず知る
4.2 腹筋を鍛えることが大事
4.3 背中を鍛えて綺麗な背中を演出
5.姿勢を正してダイエットも効率的にするなら筋トレ!
5.1 ピラティス
5.2 椅子を使おう!
5.3 スロトレ
5.4 タオルダイエットを知ってる?
5.5 お尻はレッグスイング!
6.正しい姿勢をとることだけでダイエットになる!
6.1 まずは正しい姿勢で立つ
6.2 正しい姿勢で座るのも大事
6.3 骨盤の歪みはやっぱり正さないとダメ
7.日頃から姿勢を正す生活を続けるだけでダイエット!
7.1 椅子にもたれかからない!
7.2 とにかく姿勢を正す
7.3 猫背はマジでダメ!
8.まとめ

 

1.姿勢を正すだけでダイエットにつながることを信じれますか?

姿勢がダイエットに影響していることを知っていますか?はたまた、姿勢を正すだけで、ダイエットができることを信じられますか?

もちろん、姿勢が全てではありませんが、姿勢は全てに影響を与えるのも事実です。

ここでは、姿勢がダイエットに及ぼす影響をまずは体のメカニズムとともに紹介します。

そして、その効果を排除するために、正しい姿勢に矯正するための筋トレや座り方などを合わせて紹介していきます。

 

2.姿勢はどれだけダイエットに影響するの?

2.1 姿勢ってそんなに大事なの?

食べる量を減らしたり、運動をしても痩せない、脂肪がとれないという場合には、まだまだ、がんばりが足りないと思ってる人がいますが、実はその原因が姿勢である可能性があるのです。

例えば、椅子に座り続けていると知らぬ間に、猫背が原因でお腹がでてきたりする場合があるのです。

これは痩せている人にも起きる現象で、痩せているのにお腹がでている人には猫背の人が多かったりします。

そもそも、背筋を伸ばすということは、お腹に力を入れたり、体のバランスを整えたりすることで、エネルギーを知らず知らずに消費しています。

その結果、お腹の脂肪が引っ込み、お腹部分が痩せることにつながっている場合があるのです。

姿勢が悪いと、骨盤や背骨など、いろいろな部分にゆがみが生じて、血行が悪くなることにつながり、リンパの流れを悪くして、老廃物の排出の邪魔をすることもあるのです。

そうなると、代謝も悪くなり、脂肪をためこみダイエットをしても一向に痩せない体になってしまうのです。

2.2 反り腰はあまり良くない

一番はじめやすいのが、背筋を伸ばすことです。

それでいて、反り腰にならないようにすることも大切なことです。

反り腰になると、重心が後ろにあることになり、腰に負担がかかってしまいます。

放っておくと、腰痛になる場合もあったり、その他にも、股関節痛になったり、坐骨神経痛や肩こりなどの原因にもなる場合があるので気をつけなければなりません。

そのためにもまずは背筋を伸ばすことから意識しましょう。

仕事などでデスクワークをするときにも、背筋をしっかり伸ばして、お腹に力を入れましょう。

お腹に力を入れることで、腰に負担をかけずバランスを保ちます。そうれば、反り腰になる可能性も低くなるでしょう。

さらに座ってる時だけでなく、立っているときも背筋を伸ばすことが大切です。

しかし、背筋を伸ばそうとして反り腰にはならないようにしましょう。

また、反り腰はお腹がでるだけでなく、お尻が垂れたり、横に広がったりする可能性もあるので、女性の人は若い頃から気をつけるようにしましょう。

2.3 猫背もダメ!

最近注目されているのが、猫背です。

猫背はなかなか痩せれない原因の1つに考えられており、とくに背中が痩せれない人に特に多いようです。

女性は、背中が太っていたりすると、すごいガタイのいい女だと思われるのですごく毛嫌いしますよね。

立っていても椅子に座っていたとしても、知らぬ間に背中が丸まって猫背になっている方は、脂肪が落ちない要因を自ら作ってしまっていることプラス、太って見えるようにもしているのです。

猫背が背中の脂肪が落ちない原因になるのは、簡単です。

背中の筋肉が衰えてしまっており、エネルギーを消費しないのでそのまま脂肪が落ちないのです。

そして、筋肉が衰えてくると、その猫背の状態が楽になってくるので、そのままでいたくなり、一向に猫背も改善しないのです。

さらに放っておくと年とともに、どんどん楽な姿勢を選び出し、前かがみに猫背になって行きます。

早い段階で、背筋を伸ばすように矯正して行きましょう。

また、仕事でデスクワークをしている方は、そうじゃない方と比べても圧倒的に猫背になる可能性が高いので注意が必要です。

デスクワークの多い人は、なるべく椅子には深く座らずに前の方に座り、背筋を伸ばしましょう!

 

3.なんで姿勢が悪いと太るの!?

そもそも、姿勢が悪いとなんで太ってしまうのでしょうか?

姿勢の悪さと太ることは、普通に考えても結びつきがないように思えてしまいますよね。

でも、医学的には密接な関係があるので、本項目では、その理由について1つずつ見ていきます。

3.1 姿勢が悪くなると腹筋を使わなくなるって本当?

まずは猫背の人を例にとればわかりやすいのですが、単純に姿勢が悪いとだんだん腹筋を使わなくなってきます。

猫背は名前のとおり、猫のように背中が丸くなっており、顔、特にアゴを突き出したように首が前に出ています。

試しに猫背の姿勢になってみるとよくわかるのですが、腹筋や背中に力が入らず、結構普通の人でも楽にいられるなっって感じるはずです。

そして、この腹筋や背筋を使わないところが、問題なんです。

なぜならば、筋肉を使わない部分というのは、代謝が悪くなり、脂肪の引き締めの効果が弱くなり、他の筋肉を使っている部分と比べて脂肪が付きやすくなってしまうのです。

そしてさらに、お腹は体の中で脂肪が最も付きやすい部分であることも最悪で、猫背にあまんじて腹筋を使わなければ簡単にお腹に脂肪がたまってしまいます。

つまり、普段から猫背の方は、猫背を矯正することで腹筋と背中をバランスよく使い、脂肪のつきにくい体になるようにしていくことが望ましいでしょう。

3.2 老廃物がたまりやすい

姿勢が悪いと老廃部がたまりやすく、排出しにくくなるのもダイエットの邪魔をする要因です。

上半身から流れてきた血液やリンパというのは、下半身へ流れていき、再び上半身へ戻ってくるのですが、どこかで流れが悪くなるとそこに停滞して、むくみの原因になったりします。

例えば、骨盤が歪んでおり、骨盤の位置で血液やリンパの流れが悪くなり下半身に老廃物がたまってしまいます。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket