鍋ダイエットに関する効果やおすすめレシピまた口コミ等についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

鍋ダイエットを皆さんはご存知でしょうか?

最近話題の鍋ダイエットには驚くべきダイエット効果があったんです。そこで今回は、鍋ダイエットの効果やおすすめレシピまた口コミ等について徹底解説いたしました。これから、ダイエットに取り組もうとお考えの方には必見の内容ですので是非ともご一読ください。

目次一覧

⒈鍋ダイエットとは?
⒈1鍋ダイエットについて
⒈2鍋ダイエットは効果があるの?
⒉鍋がダイエットにいい理由とは?
⒉1油を使わず低カロリー
⒉2野菜たっぷりで食物繊維が摂れる
⒉3ポカポカ温まって代謝アップ
⒉4水分でおなかが膨れる
⒊鍋ダイエットの効果について
⒊1脂肪を燃焼を期待できる
⒊2低カロリー
⒊3お腹いっぱいになる
⒋トマト鍋もダイエットに効果的
⒋1トマト鍋のカロリーについて
⒋2トマト鍋で痩せるのか?
⒋3痩せるためのトマト鍋の工夫
⒌鍋ダイエットで痩せるおすすめの具材とは?
⒌1舞茸
⒌2エノキ
⒌3トマト
⒍鍋ダイエットのおすすめのレシピ
⒍1簡単ヘルシーキノコ鍋
⒍2ちゃんこスープ鍋
⒍3豆乳味噌鍋
⒎鍋ダイエットの注意点について
⒎1鍋ダイエットの注意点とは?
⒎2逆に太ってしまう鍋とは?
⒏まとめ

⒈鍋ダイエットとは?

⒈1鍋ダイエットについて

鍋ダイエットとは、1日3食のうち朝・夕の2食、もしくは1食を鍋にする置き換えダイエット方法です。一口に鍋と言っても、使う食材や味付けによって様々な種類に変化するため、選ぶ食材によってはダイエットに向いた鍋を作ることができます。鍋と言えば、白菜やキャベツ、にら、しめじなど野菜が多く入りますが、これらが低カロリーであることはよく知られています。

しかし、最近はカロリーを抑えるだけのダイエットでは、体調を崩したり体に必要な栄養が不足するため、バランスを重視したメニューを食べることが推奨されています。このような場合も、鍋はお肉や魚介を入れることでバランスがとりやすい料理と言われています。つまり鍋は、カロリーを抑えながらも栄養バランスを整えることができる最強のダイエット食というわけなのです。

⒈2鍋ダイエットは効果があるの?

実は、野菜などの低カロリー食材だけを摂っていても、私達の体は思うように痩せることができません。それは、「ビタミンB群」や「カプサイシン」などの働きがなければ、溜まった脂肪を燃やすことができないからです。

その点、鍋は、これらの働きを持つ具材を選んで入れることができるため、効率よく脂肪を燃焼させることができます。また、鍋が温かい料理のため、食べることで体を温め、血行を促進します。

血行がよくなると新陳代謝が活発になり、痩せやすい体に変化します。さらには、鍋には水分が多く含まれているため、満腹感を得やすいため食べ過ぎを防ぐこともできます。このようなことからも、鍋ダイエットはダイエットとして効果の高い方法と言えます。

⒉鍋がダイエットにいい理由とは?

⒉1油を使わず低カロリー

まず、鍋料理は油を使わず煮込むだけなので低カロリーということが挙げられます。ただし、具材によってはカロリーが上がってしまうので注意が必要です。肉は赤みを選ぶなど、低カロリーなものを入れましょう。

【ダイエット鍋におすすめの食材】

野菜、きのこ、豆腐、鶏ささみ、鶏むね肉(皮は除く)、豚ロース、白身魚など

味付けはなんでもOKです。味噌より塩の方が若干カロリーが低いなどということはありますが、それほど気にしなくてもよいでしょう。味や具材を変えれば毎日食べても飽きないのがいいです。つけだれを使う場合は、ポン酢がおすすめです。ごまだれはカロリーが高いので避けたほうがよいでしょう。

また、最近流行のカレー鍋、カルボナーラ鍋、チーズ鍋などはカロリーが高いので気を付けましょう。トマト鍋は大丈夫です。

⒉2野菜たっぷりで食物繊維が摂れる

鍋は野菜をたくさん食べることができるのも、ダイエットによい理由の一つです。サラダや炒め物などですとカサが多くて食べるのが大変ですが、鍋でしたらたくさん食べることができます。色んな種類の野菜を入れるようにしましょう。

野菜には食物繊維やビタミン、ミネラルなどが含まれていますからね。煮込むと栄養がスープに流れ出てしまうので、スープもしっかり飲みましょう。ただし、油が浮いている場合は避けて飲むようにしましょう。特にダイエットにおすすめなのは食物繊維です。食物繊維を摂ればお通じがよくなりますので、便秘解消につながります。

⒉3ポカポカ温まって代謝アップ

寒い冬は、体が冷え切っています。体が冷えていると血流が悪くなり、基礎代謝も下がり、ダイエットしにくくなります。ですから、体の芯から温まることが大切です。体の芯から温めるのに温かい鍋料理はおすすめです。食べているだけで体がポカポカしてきますからね。また、部屋の中も鍋の蒸気で温かくなります。

さらに、体を温めてくれる食材を入れると効果がアップするのでおすすめです。おすすめなのは唐辛子やショウガです。薬味として自分の器にだけ入れてもいいですし、キムチ鍋にしてもいいですね。和風の鍋でしたらショウガがいいアクセントになります。

また、キムチは発酵食品でアミノ酸も含まれています。アミノ酸にも代謝を上げる効果がありますので、ダイエットにおすすめの食材です。辛いものが苦手な方は卵でとじると辛さが和らぎます。

もしも、汗をかくほど温かくなった場合は、しっかり拭いてくださいね。汗をそのままにしておくとかえって冷えてしまうので注意してください。また、ダイエットのためには、できるだけ冷たいものは口にしないようにするのもポイントです。

⒉4水分でおなかが膨れる

鍋を食べていると、それほどたくさん食べていないのにお腹がいっぱいになることってありませんか?それは鍋が水分を多く摂る料理だからです。知らず知らずのうちに水分をたくさん摂っているので、思った以上にお腹がいっぱいになるんです。

さらに、その満腹感をキープさせるには、おなかの中で水分を含んで膨らむ食材を入れるのがおすすめです。水分を含んで膨らむ食材はこんにゃくやきのこなどです。また、キヌアをゆでてトッピングにするのもいいかもしれません。お腹の中で膨らんでくれれば、あとになって小腹が減った、ということも防げます。

⒊鍋ダイエットの効果について

⒊1脂肪を燃焼を期待できる

冷え性の方にもおすすめで、鍋のポカポカ効果により体の代謝がアップします。血流が良くなり、体に溜まった脂肪を燃えやすくしてくれます。夏の暑い時期に、熱い鍋を食べて汗をいっぱいかくのもおすすすめです。このようにダイエットにとって、いいことだらけの鍋ダイエット。

ストレスや空腹感を感じてしまい、途中で挫折してしまうなんてケースはダイエットにつき物ですが、鍋ダイエットは空腹感に苦しむことはありません。空腹感がない鍋ダイエットなら、長く続けられます。

⒊2低カロリー

なんといってもカロリーの低さが魅力です。色々な具材を選ぶことができ、工夫次第で栄養抜群の鍋が作れます。特に活用したいのはしらたきやキノコ類で、カロリーを下げる具材としてぴったりです。お肉なども、鍋に入れることで湯通しされ、余分な脂が落ちてカロリーが減ることになります。

⒊3お腹いっぱいになる

鍋で煮て野菜のかさが減るため、色々な野菜をたくさん食べることができます。鍋ダイエットには、他のダイエットにありがちな栄養不足の心配がありません。美味しく食べて、きれいに痩せることができるダイエット方法です。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket