くびれを作るダイエット!腹筋だけでは作れない美しいくびれのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ダイエットに挑戦しているのだけど、あまり効果が出ず、美しいくびれを手に入れたいのだけど、今取り組んでいるダイエットでは、なかなかくびれが出来ずに悩んでいるという方も多くいらっしゃいます。

ダイエットに成功して、モデルのようにキュッと引き締まって、ボディーラインの美しいくびれをどうすれば手に入れられるのだろうと、悩んでしまいますよね。

美しいくびれは、割と簡な方法で手に入れることができます。
もちろん、少しの努力は必要ですが・・・・・。

ここでは、ダイエットを成功しやすくする方法と、そこからきれいなくびれを作る方法を詳しく紹介します。

実証済みの方法なので、きっとあなたのおなかに引き締まったくびれを作ることができるでしょう。

きれいなくびれができれば、自信につながり、注目され、あこがれられる存在になるでしょう。

是非ご一読ください。

目次

1.くびれができないダイエットとは?
1-1.ダイエットの基本とは?
1-2.ダイエットに効果のある運動とは?
1-3.それではくびれができない!

2.くびれを作るダイエットの方法!
2-1.おなかを引き締めるために!
2-2.くびれと骨盤との関係とは?
2-3.くびれと筋肉って?

3.くびれを作るダイエットエクササイズとは?
3-1.くびれを作る筋トレとは?
3-2.くびれを作るストレッチの方法!
3-3.キープが大事なエクササイズ!!

4.くびれを作るダイエットグッズってあるの?
4-1.くびれを作るコルセットとは?
4-2.ツイストボードの効果とは?
4-3.寝ながら骨盤シェイプ枕!

5.くびれが出来る!こんなダイエット方法?
5-1.ドローイングダイエットで引込める!
5-2.フラフープダイエットってなに?
5-3.モムチャン ダイエット の効果とは?

6.くびれを作るダイエットサプリメントとは?
6-1.ラクトフェリン のダイエット効果とは?
6-2.オルチニンで、痩せるの?
6-3.ゼニカル ダイエットは、究極?

7.くびれを作るダイエット!これはどうなの?
7-1.エステでくびれを作れるの?
7-2.しわができるのだけど・・・。
7-3.くびれの位置を変えられる?

8.まとめ

1.くびれができないダイエットとは?

1-1.ダイエットの基本とは?

ここでは、まずダイエットの基本的な知識をご紹介したいと思います。

ダイエットの基本は、余分な脂肪を取り除き、体重を落としてスリムになることです。

これは、当たり前のことなのですが、しばしば必要な栄養まで摂らずに、筋肉までを減少させて、体重を落とそうという方もいらっしゃいます。

必要な栄養を摂りながらも、痩せていくことが、理想的なダイエットであり、リバウンドの危険をなくす方法であると思われます。

ダイエットで、余分な脂肪を減少させるには、まずカロリーという言葉を考える必要があります。

これは、食物などから摂れるエネルギーのことです。

また、体で消費されるエネルギーを代謝という言葉で、同じくカロリーという単位を使って表現しています。

この、一日の食物から摂れるエネルギーよりも、一日の代謝で消費するエネルギーの方が大きければ、不足分を体内に糖や、脂肪という形で蓄積したエネルギーを消費することになるので、理論的には、これで痩せていくことになります。

つまり、常に摂取カロリーよりも、消費カロリーが上回るようにすれば、太ることはないということです。

摂取カロリーについては、毎日の食事量を見直し、カロリー計算をして、摂取するようにします。

この代謝については、3種類に分類されます。
それらを、並べますと、

・基礎代謝・・・・何もしなくても、体を維持するために使われるエネルギー。
・生活代謝・・・・日々の活動で消費されるエネルギー。
・DIT・・・・食事をするときに消費されるエネルギー。
と分類されます。

このうち、DTIは食事で消費されるエネルギーで、努力をしても、それほど増加するものではないので、ダイエットには、関係しないと思ってよいでしょう。

ダイエットをするためには、基礎代謝と、生活代謝を上げて、エネルギーを消費するように体質を改善していく必要があります。

この基礎代謝では、脳や内臓で消費されるエネルギーが最も高いため、内臓機能を高めるように、栄養を摂る、運動などで、間接的に内臓機能を高める、しっかり休息をとり、全ての機能が正しく働くようにするなどの方法が考えられます。

生活代謝では、運動をして、なるべくカロリー消費をするようにする必要があります。

これらダイエットの基礎を頭に入れて、実際に行っていくと効率的であると思われますね。

1-2.ダイエットに効果のある運動とは?

ダイエットの基本は、余分な脂肪を取り除くことにあります。

運動をしても、脂肪を燃焼させないような運動では、ダイエットにはあまり効果がありません。

運動には、二種類あるとされています。

それらを挙げますと、
・有酸素運動・・・・酸素を多く採りこむ運動。
・無酸素運動・・・・酸素なしで行う運動。

になります。

有酸素運動は、酸素を多く採りこむ運動なのですが、しばしばダッシュした後など、激しい運動をした後に、呼吸が荒くなり、酸素をたくさん吸っているようなイメージがあるため、これを有酸素運動と間違われることがあります。

どちらかというと、ダッシュなどは、無酸素運動になり、運動中はほとんど呼吸をしていないか、回数が極端に少なくなるため、後で呼吸が荒くなるということになります。

二つの運動の特徴を挙げますと、

有酸素運動
・比較的負荷が弱く、楽な運動である。
・運動中に酸素を多く取り込む。
・脂肪をエネルギーとしている。

無酸素運動
・比較的負荷が強く、きつい運動である
・運動中にほとんど酸素を取り込まない。
・糖をエネルギーとしている。

こういった特徴があります。

ですので、ダイエットを目的とした人が、ダッシュなど、負荷が強く、酸素を取り込まない無酸素運動をしていると、筋肉はつくかもしれませんが、脂肪はなかなか落ちていかないということになります。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket