腰回り ダイエットの正しい方法や効果また口コミ等についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

腰回り ダイエットの正しい方法についてダイエッターの皆さんはご存知でしょうか?

今回は、ダイエッターさんたちにおすすめの腰回り ダイエットの効果と正しい方法また、その口コミ等についてまとめました。これからダイエットに取り組もうとお考えの方にも、おすすめのダイエット方法ですので是非ともご参考にしてください。

目次一覧

⒈腰回り ダイエットとは?
⒈1腰回り ダイエットについて
⒈2腹回りに贅肉がつく原因
⒈3ストレスも腹回りの肉がつきやすい要因
⒉腰回り ダイエットの方法とは?
⒉1腹回りの肉を落とすには?
⒉2腰回りのトレーニングメニュー
⒉3効率的に腰回りの肉を落とすなら
⒊腰回り ダイエット効果的に落とす方法
⒊1腰回りと脇腹のぜい肉を撃退するエクササイズ
⒊2ひねって腰回りをダイエットさせるエクササイズ
⒊3腰まわりの肉を落とすにはフラフープ運動
⒋腰回り ダイエット腰回りのマッサージ
⒋1頼れるものには頼る姿勢で気楽にダイエットする
⒋2本当に痩せられる下半身ダイエット方法って何?
⒌腰回り ダイエット男性へおすすめ
⒌130代になってお腹周りについてきた脂肪をとることを諦めていませんか?
⒌2お腹周りの脂肪の原因
⒌3実は男のお腹周りの脂肪を落とすことは簡単
⒍腰回り ダイエット筋トレ方法
⒍1ダイエットに最適な運動は筋トレ
⒍2有酸素運動はダイエットには適さない?
⒎腰回り ダイエットでフラフープを使う方法
⒎1効果を出すには、1日10分~20分回す
⒎2フラフープダイエットの効果
⒎3フラフープをする時の注意事項
⒏腰回り ダイエットとオチョダイエット
⒏1オチョダイエットとは?
⒏2オチョダイエットの効果
⒐まとめ

⒈腰回り ダイエットとは?

⒈1腰回り ダイエットについて

年齢と共に腰回りのお肉が気になるようになってきたという女性にとっても大きな悩みの一つのようです。腰回りの贅肉は一度ついてしまうと落ちづらく、その脂肪は、放っておくほど落ちにくくなります。その典型が腰周りの脂肪です。そこで「腰回り」のぜい肉をマッサージやヨガ、筋トレなどの運動で落とす方法を紹介します。

⒈2腹回りに贅肉がつく原因

日常生活で動かすことが少ない腹回りの肉は定着しやすく落ちにくい脂肪です。若い時は基礎代謝力が高かったので、飲食による摂取カロリー分を体内で消化できていたのですが、年齢を重ねるほど、腹回りからわき腹、腰にかけての贅肉がドンドンたまっていきます。

年をとると基礎代謝力が低下するのですが、どうしてもたくさん食べるのでカロリーの取り過ぎにより太りやすくなるのです。運動は必要ですが、結果的には運動不足になって下半身や腰まわりにお肉が付きやすくなっているようです。

⒈3ストレスも腹回りの肉がつきやすい要因

ストレス感じると全身の筋肉が萎縮し心拍数は平常の数倍になり、血液中には全身から栄養素が集められます。これは何かあったときにすぐに対処できるように集められるのですが、実際ただのストレスなので何の行動もせず、しばらくすると心拍数は元に戻ります。

ですが、元に戻るのは筋肉と心拍数であって、血液中に集められた栄養素は元に戻る訳にはいかないので行き場を失い、結果お腹回りに集中してしまいます。

⒉腰回り ダイエットの方法とは?

⒉1腹回りの肉を落とすには?

腰回りの贅肉を落とすためには、摂取するカロリーを抑えるとともにその部分に筋肉をつけることが重要です。日常生活では腰回りの筋肉をあまり使うことがないので、筋肉も弱々しいことが多いです。筋肉が弱いところは代謝がイマイチなことが多いので、腰回りの贅肉を落としたいなら、まずこの部分の筋肉をつけることから始めましょう。

しっかりと筋肉がついた部分には贅肉は乗りにくいので、今後の肥満予防にもつながります。ダイエットと体型維持を兼ねて、腰回りの筋肉をつけて下さい。

⒉2腰回りのトレーニングメニュー

ここでは、腰回りダイエットのトレーニング方法をご紹介いたします。是非ともご参考にしてください。

【横腹ねじりエクササイズ】

①三角座りで膝を腰の高さに保ち、背筋を伸ばして座って下さい。この時、肘を上げながら両手を合わせるように胸の前で重ねます。
②息を大きく吸ったあと、背筋を伸ばしたまま上半身を左へひねります。上半身をひねりながら、絞りだすように息をゆっくり吐いて下さい。
③上半身をひねり終わったら、息を吸いながらもとの姿勢に戻り、同様に今度は右へ上半身をひねっていきます。
④ここまでの流れをゆっくりと左右行い、それぞれ10回ずつやります。

ポイントとしては、「絞りだすように息を吐く」というところです。お腹の中に息が残ったままだと、身体をひねれる範囲が狭くなり、トレーニングの効率も悪くなってしまいます。お腹に息が残らないよう意識しながら、息を吐いて身体をひねりましょう。

【お尻上げエクササイズ】

①足を腰幅くらいに開いたまま、立膝で寝転がってください。このとき、お腹にグッと力を入れておきます。
②大きく息を吸って、絞りだすように息を吐きながらおしりを持ち上げて下さい。おしりを持ち上げるペースはゆっくりとなるよう意識します。
③おしりを上げきったら大きく息を吸い、ゆっくりと息を吐きながら、おしりを元の位置に戻します。
④このおしりの上げ下げを8回繰り返します。

寝転がりながらできるエクササイズですので、ベットで寝る前にちょっと時間をとってできます。激しい運動ではないので、やったらスッキリ眠れると思います。

【バランスエクササイズ】

横腹を持ち上げるように天井に向けて腰をあげます。これを繰り返します。反対側も同じように行います。

①腕立て伏せの体勢から片手で横を向き、足をクロスして下さい。この時、姿勢は頭からつま先まで一直線になるように注意します。
②腰で物を押し上げるイメージで、腰を上へあげていきます。限界まで腰をあげきったら、ゆっくりと下ろして反対側へ交代します。
③これを左右交互に10回ずつやっていきます。

このエクササイズはバランスを取るのが難しいので、上手くできない人はカベで身体を支えながらやってみてください。

⒉3効率的に腰回りの肉を落とすなら

エクササイズによって腰回りの筋肉をつけて、代謝を上げる方法は分かったかと思います。その上で、より効率的に痩せたいのであればあとは摂取カロリーを抑える事で、さらに腰回りを細くすることができます。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket