グリチルリチンはニキビに効果的!グリチルリチンが効く4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

『グリチルリチン』ってご存知でしょうか?これは、カンゾウ根から抽出された成分を指します。効能としては抗アレルギー、解毒作用、抗消化性潰瘍作用があり、皮膚の炎症に効果がありますが、作用は緩和で副作用が少ないとされている優れものなんです!

 

この『グリチルリチン』は市販のニキビケア商品にほとんど含まれているぐらい浸透されています。他にも石けん、シャンプー、さらに風邪薬など、総合的に用いられており、この成分が多く含まれているのを目安にするのもいいかもしれませんね!今回は、『グリチルリチン』について細かくお教えしたいと思います!

 

目次

1.グリチルリチンとはどういう成分なの?
1-1.大手ニキビケア商品はサリチル酸が多い?

2.ニキビの原因は毛穴の詰まりのせい?
2-1.白ニキビは炎症する前に治そう!
2-2.黒ニキビにもグリチルリチン酸は効果がある?
2-3.赤ニキビにこそ使ってほしい!
2-4.黄色ニキビには効果が薄いかも?
2-5.顔だけでなく背中の吹き出物にも!

3.ホルモンバランスの乱れが皮脂を多く分泌させてしまう!
3-1.ストレスは良い結果を生まないもの
3-2.食生活が影響していることもありえます!
3-3.便秘が肌荒れの可能性も!

4.グリチルリチンの副作用リスクは少ない?
4-1.ビタミンや和食を積極的に摂り入れること
4-2.敏感肌やオイリー肌の方にも使える!
4-3.市販のニキビケア商品の含有量は?
4-4.一番大事なのは生活習慣です!

5.まとめ

1.グリチルリチンとはどういう成分なの?

「グリチルリチンとは」の画像検索結果

出典 | 育毛成分解説集 

グリチルリチン酸というのは、漢方でも使われる甘草の根っこから抽出される成分を指します。グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸ニカリウム、グリチルリチン酸2Kは、表現は違いますが、すべて同じ成分です。またグリチルリチン酸ジカリウムは、石けん、シャンプー、さらに風邪薬、抗アレルギー薬など、総合的に用いられており、副作用の心配が少ない消炎剤として数十年にわたる長い間、利用されてきました。

 

皮膚科の治療でも使われているほか、化粧品の成分として用いられることも増えてきました。強い抗炎症作用、抗アレルギー作用を持つ成分ですが、1日あたり40mgを越える摂取量で偽性アルデステロン症という副作用をきたすことがあるなど、一定の注意が必要になります。ただ、化粧品に配合されたグリチルリチン酸であれば、外用なので、それほど過度の心配は不要でしょう。ちなみに漢方の甘草湯は昔から口内炎などに用いられており、歴史的にもグリチルリチン酸が炎症を抑えることは証明されています。

 

炎症を抑えたり、ニキビを予防する目的で使われていて、頭皮に対してはフケ予防に効果的らしいですよ。この成分が配合されているか、いないかが、ニキビに効果がある製品の見極めるポイントの一つになります。

1-1.大手ニキビケア商品はサリチル酸が多い?

「サリチル酸が多い?」の画像検索結果

出典 | ニキビ跡を消す化粧水 

サリチル酸とは、皮膚科やクリニックのケミカルピーリング、ピーリング効果のある化粧品にも用いられる成分です。肌表面の古い角質を取り除く効果が高く、加齢や乾燥やストレス等で低下しやすい、『ターンオーバー(肌再生)の促進』に働きかけます。殺菌防菌作用は、ニキビのもととなるアクネ菌を殺菌してくることで、ニキビができるのを防いでくれます。また、すでにできてしまったニキビに雑菌などが繁殖し、悪化して化膿するのを防いでくれます。角質溶解作用は、化粧品以外であれば、かかとのガサガサをとったり、イボをとったりするのに使われます。

 

ピーリングをすることで、古い角質が毛穴を塞いでニキビになるのを防ぐ効果があります。また、古い角質がなくなることで、化粧水や美容液などの浸透をよくする効果もあります。サリチル酸は価格も安いため、色々な化粧品や洗顔などに配合されています。ドラッグストアなどで売られている化粧品にはかなりの確率で入っています。サリチル酸は、ニキビ用の化粧品にはけっこうな確率で入っていますが、実は副作用もあります。それは、無理矢理角質を溶かしているため、肌への刺激がかなり強く、お肌が乾燥してしまう、ということです。

 

そのため、一時的にはニキビがよくなっても、お肌への負担が減らず、どんどん乾燥したお肌になっていきます。お肌は乾燥すると、潤いを出さなければ!と皮脂をせっせと出します。皮脂が大量にでることで毛穴が詰まってニキビになりますし、皮脂に紫外線が当たったり酸化することで、お肌を傷つけてしまい炎症を起こすので、ニキビにはよくありません。配合量が少ないものであれば、マイルドにピーリングできますが、使い続けることでどうしてもお肌へ負担がかかってしまうので、積極的には選びたくない成分です。だからこそ、負担が少ないグリチルリチンを選んだ方がいいと言われています。

 

<< 次のページへ続きます >>

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
90%の人がニキビ予防を実感できたとして話題になっているのは オルビスのニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
正直、これが最強です。
→詳しくはこちら

98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。