太る食べ物が全てじゃない!食べ方や体質も影響することを知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

太る食べ物って言い方は、そもそもおかしいのです。

食べることは、太ることにつながるので、どんな食べ物だって太ります。

ただ残念なことに、美味しいものほど太りやすいのです!

それでも太る食べ物と、太らない食べ物を事前に知っておくことは大事なこと!

知っておけば、食べ過ぎたり、気にし過ぎたりすることなく、バランスの取れた食生活を送ることができます。

ここでは、太る食べ物と、その食べ方や時間帯など今までクローズアップされてこなかった話題について突っ込んで解説していきます。

目次

1.太る食べ物を知っておけば、もう困らない!
2.太る食べ物をまずは知ることからはじめよう!
2.1 炭水化物は要注意
2.2 炭酸も気をつけよう
2.3 フルーツも形による
2.4 フルーツジュースは結構やばい
2.5 グラノーラはダイエット向きじゃない時も
3.食べ方に原因あり!?太る食べ方の謎とは
3.1 間食はダメ
3.2 炭水化物は先に食べたらダメ
3.3 水分はしっかり取ろう
3.4 炭水化物を食べないのもダメ
3.5 肉を食べないようにしている
3.6 噛まないで食べる
4.太るのは食べ物だけじゃない!
4.1 代謝が悪いとそもそも太る!
4.2 体温が低いのもダメ
4.3 ストレスも禁物だから解消方法を工夫しよう
4.4 消化不良は太る原因になる
4.5 防御反応はとても過敏
5.太る食品は必ず外そう!
5.1 ポテトチップスは永遠の敵
5.2 ドーナッツは地獄のカロリー
5.3 揚げても茹でてもソーセージは危ない
5.4 フライドチキンはデブチキン
5.5 チーズは種類を選ぼう
5.6 フライドポテトはサイズは関係ないよ!
5.7 食パンも太っちゃう!?
6.まだまだある体重が増える食べ物!
6.1 バナナは栄養もあるけど太る
6.2 プロテインは筋肉だけじゃない
6.3 じゃがいもはデンプンパワーで太る
7.太る食べ物は体質でも変わるかも!?
7.1 体質は遺伝する
7.2 血液型でも変わる
7.3 時間帯も大事 
8.まとめ

 

1.太る食べ物を知っておけば、もう困らない!

a0002_011971

太る食べ物っていうと皆さんは何を浮かべますか?

肉ですか?お米ですか?魚ですか?お酒ですか?

実際はどれも太ります。

当たり前のことですが、食べることは、太ることにつながるので、どんな食べ物だって太るんです。

そして美味しいものほど太りやすいのも厄介なことなんです。

つまり太らないためには結局我慢しないといけないのです。

しかし、中には特別美味しくなくても太るものはあったりします。

ですから、太る食べ物と、太らない食べ物を事前に知っておくことは大事なことになります。

知っておくことで、食べ過ぎを防止したり、バランスの取れた食生活を送ることができます。

ここでは、太る食べ物と、食べ方、時間帯、そして、血液型の影響などを紹介するとともに、実際に太る食べ物をいろいろと紹介していきます。

 

2.太る食べ物をまずは知ることからはじめよう!

とんかつ

2.1 炭水化物は要注意

やはり確実に太る食べ物としてあげられるのが炭水化物になります。

米やパン、麺類は要注意の炭水化物です。

最近では、炭水化物抜きダイエットや低炭水化物などが流行っており、いろいろな人が注目しているのが炭水化物です。

コンビニなどで売っているパン1個当たりのカロリーは非常に高いにもかかわらず、気軽にどこででも食べれてしまうのはとても危険なことなのです。

毎日食べているとすぐ太る食べ物といえます。

その他にもラーメンなども、豚骨などは1000kcalものカロリーになってしまいます。

夜食にはまっている人も多いと思いますが、これは特によくない食べ方です。

もし食べるのであればあっさりしたラーメンやスープは飲まない等の注意が必要でしょう。

しかし、全く取らないというのは逆に寿命を縮めるという研究などもあったりするくらいで、栄養面での偏りがでてきてしまうので、くれぐれもバランスの良い食生活を心掛けましょう。

2.2 炭酸も気をつけよう

一見問題なさそうな飲み物も吸収がされやすいことや、多くの量を一度に摂取してしまうことから注意が必要だと考えれています。

もちろん、すべての飲み物ではなく、ウーロン茶、麦茶、緑茶などは糖分が入っていないため日常的に飲むには適している飲み物といえます。

コーヒーや紅茶はお砂糖無しで飲めばそれほどダイエットの邪魔にはならないでしょう。

一番気をつけなければならないのは、炭酸飲料、ジュース、アルコールなどになります。

炭酸飲料を飲むのであれば、砂糖が少ないものや含まれていないものを選びましょう。

ジュースは、果汁100%でも、果糖が多く含まれている物がありますので注意が必要です。

アルコールの飲み過ぎはあらゆる面で健康面に影響を及ぼしますが、ダイエットにも大敵で、特に強いお酒はその分カロリーも高くなり、肥満を引き起こします。

2.3 フルーツも形による

ちょっと小腹が空いた時にドライフルーツを食べている方は多いのではないでしょうか。

普通のフルーツなら良いのですが、ドライフルーツは生のそのままの果物と違い、水分をほとんど含んでいないので少し問題です。

どんどん食べてしまうことにつながり、満腹中枢が満たされずに食べ過ぎてしまう可能性が高くなるのです。

どのくらい高くなるかというと、普通のフルーツに比べて、同じ種類のドライフルーツはなんと8倍近く高くなるものまであるようです。

ドライフルーツの食べ過ぎは気をつけましょう。

2.4 フルーツジュースは結構やばい

フルーツジュースは、一般的にはダイエットの定番と言えますが、実は太る場合もあるのです。

ヘルシーだと思われていますが、コーラよりもカロリーが高い場合もあるのです。

ダイエットでフルーツジュースを飲むのであれば、むしろ、しっかりとフルーツを生のまま食べた方が食物繊維なども摂れるのでベストです。

もちろん、生のフルーツであれば問題ないように思えますが、果糖が多く含まれていますので、食べすぎるとダイエットの敵になるので、気をつけましょう。

2.5 グラノーラはダイエット向きじゃない時も

ダイエットで人気のグラノーラ、麦や玄米等の穀物やココナッツ、ナッツ等が入っていて、ドライフルーツも混ぜられている事が多いシリアル食品ですが、カロリーが低いわけではないのです。

実は意外とカロリーが高く、食べやすくするために砂糖も多く含まれています。

なぜかというとグラノーラ自体には味がないため、砂糖や蜂蜜などを植物油と混ぜて揚げているので、商品によっては砂糖がとても多く含まれているのです。

さらにグラノーラには脂質も多く含まれていることをご存知ですか?

ご飯などに比べて、量も少なく感じてしまい調子に乗って牛乳やヨーグルトと混ぜて食べる人も多くいるので、そういう食べ方しているとカロリーが高くなってしまいます。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket