味噌汁でダイエット!?味噌汁が秘めた7つのダイエットパワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ダイエットによい食品は色々とありますが、新しく登場したものはあまり舌に合わなくて、毎日続けられないことも多く、結局挫折してしまうことも多いですよね。

もし日常的に口にしているものがダイエットになるならば、毎回の食事に取り入れやすいですから、続けやすくダイエットも成功しやすそうです。

それを叶えてくれるのが、「味噌汁」を食べてするダイエットです。

昔から健康食品として知られてきた味噌汁は、健康にダイエットの効果を発揮できます。そんな味噌汁のダイエット効果、そしてダイエット効果を出すための食べ方、アレンジ方法までご紹介します。

普段から味噌汁をよく食べているという方でも、食べ方のポイントを押さえることで普段の味噌汁がダイエット効果を発揮します。ぜひ、味噌汁のダイエット効果と食べ方を確認してください。
目次一覧

1.味噌汁がダイエットになる?
1.1普段お味噌汁を飲まない人必見!
1.2塩分が気になる…

2.スーパーフード「味噌」の嬉しい7つの効果
2.1たんぱく質で燃焼
2.2代謝に火をつけるビタミンB群
2.3不足しやすいミネラル
2.4脂肪吸収抑制をする大豆サポニン
2.5腸内環境を整えるペプチド
2.6女性の味方イソフラボン
2.7あなどれない水分補給

3.味噌汁ダイエットにおススメの具
3.1カロリーが低くかさ増しになるきのこ類
3.2大豆製品をさらにプラスしても
3.3わかめ・さつまいもで食物繊維豊富に
3.4シジミの肝臓サポートはダイエットにも〇

4.味噌汁ダイエットの方法、5つのポイント
4.1出汁をしっかりとろう
4.2使うとよいのは白みそ?赤みそ?
4.3朝なら赤みそ、夜なら白みそなんて飲み方も◎
4.4食事の前に飲む?ラストに飲む?
4.5置き換えダイエットとしても

5.飽きてきた…そんなときのおすすめアレンジ8選
5.1みぞれ汁にする
5.2梅干しをお湯で溶いてみる
5.3少しの柚子胡椒で上品なお味に
5.4すりごまで香ばしい味噌汁
5.5オリーブオイルをひとたらし
5.6豆乳入りでまろやかに
5.7チーズやバターを溶かして洋風
5.8ラー油を垂らしてパンチのある味

6.まとめ

 


1.味噌汁がダイエットになる?

日本人の食卓に昔から並ぶ味噌汁は、特にダイエットと思わずとも日頃から食べている人も多いでしょう。基本的に食事が和食だという方は、毎日のように味噌汁を飲んでいるかもしれません。

味噌汁を日々飲んでいるという方は、ダイエット効果を感じているでしょうか?あるいは何か健康によい効果を感じることはあるでしょうか?

もしかしたら知らないうちに味噌汁の恩恵をもらっているかもしれません。あるいはそれまでとちょっと飲み方を変えてあげるだけで、味噌汁がダイエット効果を発揮するかもしれません。

1.1普段お味噌汁を飲まない人必見!

日本では日常的な食事でも和食だけでなく、洋食や中華など色々な食事が出てくることが多いです。ですから味噌汁を飲むという人でも、毎日飲むほど頻繁に飲まないという方も多いでしょう。

そんな普段はあまり味噌汁を飲まないという方は、特に味噌汁でのダイエットが向いているかもしれません。改めて伝統食である味噌汁の効果に注目してみましょう。

1.2塩分が気になる…

食事の習慣で味噌汁をあまり飲まない人もいるでしょうが、減塩のために味噌汁を避けている人もいるかもしれません。特に年齢を重ねてくると高血圧などの関係から、塩分を控えるようになってきますよね。

そんな場合でも、今は減塩のお味噌なども売られていますし、塩分を抑える方法はいくらでもあります。

また、確かに味噌には塩分が含まれていますが、血圧の上昇を抑えてくれるカリウムやマグネシウムといった栄養素が豊富に含まれています。これらの栄養素は、体の中にある余計な塩分を体の外に出してくれる働きをします。

例え3食すべてで味噌汁を飲んだとしても、そこまで塩分の過剰摂取にならないでしょう。塩分を気にしている場合には、味噌汁よりも、しょうゆのかけすぎに気をつけたり、間食を控えたりする方がよいでしょう。

 


2.スーパーフード「味噌」の嬉しい7つの効果

味噌は健康食品として、近年その効果が見直されている食品です。昔からある食品ですが、その栄養の高さからスーパーフードとも言われます。

そんな味噌、あるいは味噌汁の嬉しい7つの効果を紹介します。

2.1たんぱく質で燃焼

味噌の原料は大豆であり、「畑の肉」と言われるのはよく知られています。肉や魚と同じように、非常にたんぱく質が豊富なんですね。このたんぱく質が脂肪を燃やしてくれます。

味噌のたんぱく質は体の中で消化された後、アミノ酸に変化します。

変化するアミノ酸の種類は色々とあり、その中に「ロイシン」「イソロイシン」というアミノ酸があります。これらの種類のアミノ酸が「燃焼系アミノ酸」と言われ、脂肪を燃焼させる効果を発揮してくれます。

まずロイシンは、必須アミノ酸のひとつです。ロイシンは筋肉の主成分になるたんぱく質に分類され、その中でも筋肉を強化してくれる性質があります。筋肉が強化されることで、脂肪の燃焼力も高まります。

そしてイソロイシンも必須アミノ酸のひとつです。イソロイシンは疲労を回復させる効果や、筋肉や体の修復をする働きをしてくれます。

この2つのアミノ酸によって、代謝がよくなり脂肪燃焼が促進されるんですね。

2.2代謝に火をつけるビタミンB群

味噌にはビタミンB群も豊富に含まれています。味噌に含まれるビタミンBは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6といったビタミンです。これらが糖質や脂質の代謝を促進してくれる働きがあります。

味噌汁は、一緒にごはんなどの糖質を摂ることも多いですし、定食の形ならばお肉やお魚などのたんぱく質、脂質を摂ることも多いです。

糖質は摂り過ぎればエネルギーとして代謝されずに、余ると脂肪として蓄積されます。脂質も摂り過ぎればカロリーが増えますので、ダイエット中には気になりますよね。

そのため味噌に含まれるビタミンB群の、糖質や脂質の代謝促進機能はとても重要です。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket