食べても太らない人の秘密は何?太らない体になる4つの方法を伝授!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

748ebb70c560cbb8a7e37f1518d95940_s

食べたらその分だけ体重が増え、食べ過ぎればそれが脂肪になっていくのは、誰もが分かっていることです。

けれどもテレビのタレントさんや身の回りに目をやると、「食べても太らない人」がいないでしょうか?そんな人を見ると羨ましくもあり、ずるくも感じてしまいます。

そんな食べても太らない人の秘密を知れば、誰でもそれに近づくことができるかもしれません。

ここでは太らない人は知らない間に条件をクリアしている、「食べても太らない体になるための方法・ポイント」をご紹介していきます。

食べても太らない人の秘密を知ることで、今後のダイエットが大きく左右されるかもしれません。ぜひ、食べても太らない人の体の秘密、生活のポイントを知って、嬉しい体質を手に入れてもらえたらと思います。

 

目次一覧
1.食べたいけど、太りたくない!
1.1食べても太らないためには?

2.食べても太らないのは体質?
2.1食べても太らない原因1.胃下垂
2.2食べても太らない原因2.糖尿病
2.3その他の理由も

3.大食いタレントさんが太らない4つの理由
3.1血糖値が上がらない
3.2胃の動きが活発
3.3ビフィズス菌が多い
3.4褐色脂肪細胞が活発

4.フランス人が太らない5つの理由
4.1低GI食品を好む
4.2食事の時間が長い
4.3間食をしない
4.4炭酸水を飲む習慣がある
4.5日々の運動習慣

5.痩せホルモン「GLP-1」の存在
5.1どんなホルモン?
5.2分泌量に個人差

6.食べても太らない体になる4つの方法
6.1腸内環境をよくする
6.2基礎代謝を上げる
6.3褐色脂肪細胞を活発に
6.4痩せホルモンを増やす方法

7.食べても太らない工夫も紹介
7.1食べても太らない時間
7.2早食いをしない
7.3「低GI」「乳酸菌」…太らないための食べ物
7.4間食はしない…でも食べるならこんなお菓子
7.5サプリメントに頼る方法も!
7.6睡眠時間をしっかりと摂る
7.7運動の習慣をつける

8.まとめ

 

e6db908db494ce1377f5fc07868aa952_s
1.食べたいけど、太りたくない!

たくさん食べたらその分だけ体重が増えるのは、当たり前のことです。だから、太りたくなければ食べる量を控えますし、たくさん食べてしまった後には運動で食べ過ぎた分のカロリーを消費しようとします。

やっぱり痩せたいと思ったら、食べる量をセーブしますよね。でも、食べるのが好きな人にとっては、それがストレスになってしまって、結果的に反動でたくさん食べてしまうこともあります。

その繰り返しで結局太ったままだったり、ダイエット自体にやる気をなくしてしまったりすることもあるでしょう。

1.1食べても太らないためには?

本当なら、「食べても太らない方法」があれば一番いいですよね。そんな魔法みたいな方法はないのでしょうか?

実際、テレビの中や自分の周りを見回してみると、「たくさん食べているのに太らない人」っていますよね。もちろん、運動の習慣があって太らない人もいますし、一見何も体を動かしていないのになぜか太らないという人もいます。

たまに「私は昔から食べても太らない」「ダイエットなんてしたことない」なんて人もいます。そんな人は、食べたら太る人と何が違うのでしょうか?

食べても太らないのはよく体質と言いますが、実は秘密それだけではありません。その秘密を知れば、「食べても太らない」に近づくこともできます。

adult-1867743_640
2.食べても太らないのは体質?

まずはよく言われる、「食べても太らない体質」について紹介していきます。「そんな体質ならなってみたい!」と思うかもしれませんが、決して良いことばかりではありません。

2.1食べても太らない原因1.胃下垂

食べても太らない理由のひとつに、「胃下垂」があります。胃下垂とは、胃の上部は一般的な人と同じ位置にありますが、胃の下の部分が下の方に落ちてしまっている状態を言います。

この状態になると胃の動きが悪くなるので、食べ物の消化がしにくくなります。消化がしにくくなると、摂取した栄養が吸収できなくなるので、太りにくくなります。

胃下垂は無症状のこともありますし、胃もたれやお腹の張りなどの症状に悩まされることもあります。

胃下垂になる原因ははっきりと分かっていません。けれどもほっそりとした体型に合わせて胃の形も縦に長くなるのではないか、とも言われています。

2.2食べても太らない原因2.糖尿病

食べても太らない理由で考えられるもう一つが、「糖尿病」です。糖尿病の症状のひとつに、食べても体重が減ってしまうという症状があります。

糖尿病では栄養は吸収しますが、その吸収した栄養をエネルギーとしてうまく使えなくなります。糖尿病では糖分をうまく分解できなくなるためです。そのため摂取した糖分はそのまま尿と一緒に排出されていってしまいます。

糖尿病は一度発症すると、生涯付き合っていかなければいけない病気です。ですからいくら食べても痩せていくからといって、糖尿病になって嬉しいとはなりませんよね。

2.3その他の理由も

胃下垂や糖尿病といった理由は、自分からなろうと思ってなれるものではありませんし、進んで病気になりたいものでもありません。ですからいくら食べても太らない体を求めていても、これらの方法は参考にできません。

ただ、食べても太らない理由は、胃下垂や糖尿病だけではありません。他にいくつか参考にできる理由がありますので、そちらを詳しく見てみましょう。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket