枝豆ダイエット効果とやり方!痩せる4つの食べ方&ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


テレビなどで紹介されるダイエット方法では、それまで親しまれてきた身近な食材が再注目を浴びることがあります。けれども身近すぎて、どの食材なら本当にダイエット効果があるのか分からないことも多いです。

紹介される食材を端から試していくのも時間がかかりますし、自分にはどの食材でのダイエットが合っているのかも分からず、悩んでしまいます。

それならば枝豆でするダイエットをやってみるとよいかもしれません。

テレビで紹介もされ注目を集めた、再注目されている枝豆で実践する効果的なダイエットの方法を詳しく解説します。

ポイントを抑えることで、いつも食べている枝豆がダイエットに適した嬉しいダイエット食材に変身します。枝豆が好き・枝豆はいつも食べているという方はぜひ、これを読んで枝豆をダイエットに生かしてください。
目次一覧

1枝豆がダイエットになる?
1.1低カロリーおつまみの代表「枝豆」

2.どうしてダイエットになる?9つの栄養素
2.1脂肪吸収を抑える大豆サポニン
2.2代謝を高めるコリン
2.3余計な脂肪を排出するレシチン
2.4筋肉になる良質なたんぱく質
2.5水分代謝をよくするカリウム
2.6疲労回復のビタミンB1
2.7女性に嬉しい鉄分
2.8肝機能UPで代謝UPオルニチン
2.9腸をきれいに食物繊維

3.どの方法にする?枝豆ダイエットのやり方4選
3.1置き換えダイエットでやってみる
3.2おやつに枝豆
3.3食前に枝豆
3.4量を変えずに料理の中に枝豆を入れる

4.実践!枝豆ダイエット具体的な5つのポイント
4.1量は1日100g程度
4.2できるだけ味付けはしない
4.3時間をかけて確実に結果を出す
4.4ダイエット加速には+運動
4.5冷凍でもOK?海外産でもOK?

5.これに注意!ダイエットをするとき気をつけること
5.1プリン体が多い!尿酸値高めの人は注意
5.2ついつい…カロリーオーバーに注意

6.飽きたらおススメ!枝豆アレンジレシピ
6.1焼き枝豆
6.2枝豆のピクルス
6.3ペペロン風枝豆
6.4枝豆の煮びたし

7.まとめ

 

1.枝豆がダイエットになる?

枝豆というと昔から日本食の中に彩りを添えてくれる食材です。馴染みのある食材ではありますが、あまりダイエット食品というイメージはないでしょう。

そんな枝豆がダイエットに向いた食品として注目されています。

ただ、それまでと同じように枝豆を食べていてもダイエットになるわけではありません。ポイントを抑えた食べ方をすることで、美味しい枝豆でダイエットができるようになります。

1.1低カロリーおつまみの代表「枝豆」

枝豆というとビールと一緒に食べるおつまみのイメージが強い人も多いでしょう。そのおつまみの中でも枝豆は低カロリーなおつまみの代表としてよく知られています。

お酒のおつまみは揚げ物でカロリーが高いものや、塩分が強いものなどが多いです。その中で、枝豆はカロリーの低い居酒屋メニューとして、海外でも注目されています。

ちなみに枝豆のカロリーは1個3kcal程度です。100gでは約140kcalと、とても低カロリーなんですね。

 


2.どうしてダイエットになる?9つの栄養素

枝豆がダイエットに向く理由はカロリーだけではありません。ダイエットや健康、美容に向いた栄養素が枝豆にはつまっています。

そもそも豆類には栄養価が高いものも多いですが、枝豆も実に栄養豊富です。そんなダイエットに向く枝豆の栄養素を紹介します。

2.1脂肪吸収を抑える大豆サポニン

枝豆は元をたどれば大豆と同じ原料です。私たちが大豆として目にする状態よりも若い時期に摘んだのが枝豆になります。ですから枝豆は大豆と同じ栄養素を持っています。

その一つが「大豆サポニン」という独自の栄養素です。大豆サポニンは渋味やえぐみの原因となるもので、大豆などを茹でたときにアクとして出てくるものの中に含まれます。

この大豆サポニンがダイエットにおいて重要な働きが、「脂肪の吸収を抑制」してくれる効果です。

人の体の中で栄養を吸収するのは腸です。腸の内側には絨毛という突起がいくつもあり、それが必要な栄養素をキャッチして体の中に取り込んでくれています。

この絨毛が大きいほどに、効率的にたくさんの栄養を吸収できるようになります。けれども一方で絨毛が大きくなるほどに、余計な栄養まで吸収してしまうということにもなります。

そして体脂肪が多い人はこの絨毛が大きくなるとされています。つまり太っている人は、余計な栄養を吸収しやすい体になり、太りやすい体質になってしまっている悪循環が起こっていると言えます。

これに働きかけてくれるのが大豆サポニンです。大豆サポニンは大きくなってしまった絨毛に働きかけて正常な大きさに戻してくれます。

そのため、余計な脂肪などの吸収をしなくなり、太りやすい体質が改善されます。

2.2代謝を高めるコリン

枝豆にはコリンという栄養素も含まれています。コリンは水溶性ビタミンB群の一種で、ダイエット効果が期待できる栄養素とされています。実際にダイエット系のサプリメントでも、コリンの効能を利用したものもあります。

コリンは代謝を高めると書いてありますが、コリン自体が直接代謝を高める作用は持っていません。代謝がよくなるには消化酵素や代謝酵素の働きが欠かせませんが、コリンはこうした酵素を補う役割を持っています。

中でも糖質と脂質の代謝には欠かせない物質がコリンです。コリンによって酵素の働きが促進されれば、代謝が上がって痩せやすい体になります。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket