「腸もみ」で腸をもむだけダイエット!6つの嬉しい効果&正しい方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

どんなダイエットを試してみても、どんなに頑張ってみてもポッコリと出たお腹がなかなかなくなってくれない…そんなしつこいお腹の膨らみにホトホト困っているダイエッターさんも多いですよね。

良いと言われるダイエットはたくさん試したし、手を抜いているわけではない…どうして?と困ってしまい途方に暮れてしまっているかもしれません。

そんな何をやってもどうにもならなかったそのお腹は、「腸もみ」で解決できるかもしれません。

ここではテレビで紹介されて効果を実感した人もたくさんいる、「ダイエット効果が期待できる腸もみの方法」について詳しくご紹介します。

ポッコリお腹にも正しく対処できれば、すっきりと解決することができますし、腸もみはダイエット以外の嬉しい効果もあります。ぜひ、腸もみで効果的なダイエットを実践してみてください。

 

目次
1.ぺったんこのお腹になりたい!
1.1ポッコリお腹の原因はなに?
1.2「腸もみ」でポッコリお腹対策

2.腸もみの効果
2.1便秘解消でデトックス
2.2肌質がよくなる
2.3免疫力UP
2.4リラックス効果
2.5冷え改善
2.6やっぱりダイエット効果
2.7どうしてそんなに効果があるの?

3.腸もみってどうやるの?
3.1実践!自分で「腸もみ」
3.2腸もみをするタイミング
3.3注意点
3.4腸もみの危険性は?

4.腸もみと同時にやってみたい腸活
4.1食事で腸活
4.2習慣で腸活
4.3エクササイズで腸活

5.まとめ

adult-1867743_640
1.ぺったんこのお腹になりたい!

女優さんやモデルさんのきれいでぺったんこのお腹には憧れますよね。お腹は普段隠れている場所なので、日常的には人に見られるものではありません。

けれどもちょっとタイトな洋服を着るときや、水着になる場面がやってくると、途端にお腹のお肉が気になります。ふとした時に見えたお腹が、シュッとした余計なお肉のないお腹だったら…と思ってしまいます。

そんな理想のお腹になれる方法を、ここではご紹介していきます。

 

1.1ポッコリお腹の原因はなに?

そもそもぽっこりと突き出たお腹の原因は何なのでしょうか?例え同じ体重の人であっても、どこに脂肪がつくかは人によって違いますから、お腹に脂肪がつくには何か原因があるはずです。

どんなに腹筋を頑張ってみても、どんなにウエストをねじってみても解消されないポッコリお腹…、その原因には次のようなことが考えられます。

 

・皮下脂肪
特に女性は皮下脂肪がつきやすいです。元々お腹の周りには胸や頭と違って、内臓を守るための骨がありません。そのため、脂肪が内臓を守る役割をしていて、皮下脂肪がつきやすいことがあります。

皮下脂肪は時間をかけてついていき、なかなか落ちないのが特徴です。この場合には有酸素運動や食事管理などを併せて脂肪を燃焼していく必要があります。

 

・筋力低下
女性はなかなか日々筋肉を鍛えるといったことがありません。元々筋肉の量が少ない上、筋力が低下してしまうことで、お腹のポッコリにつながってしまうことがあります。

お腹の筋肉が弱くなると、その部分に脂肪が入りこみやすくなります。その部分に脂肪がたまりやすくなっていくと、悪循環で脂肪が増えていってしまいます。この場合にはある程度筋トレをすることで、ポッコリが解消されやすくなります。

 

・便秘
腹筋の筋力が少ないことも関係しますが、女性は便秘がちな人も多いです。便秘になると、腸にたくさんの便がたまってしまいお腹が出る原因になります。

便秘は生活習慣や食習慣などによって起こり、人によっては何をしても解決できないことがあります。さらに便秘になると便が出ないことだけでなく、肌の調子や栄養吸収、メンタル面にまで悪影響があるとされています。

 

・内臓が正しい位置・形でない
何をしても解消されない便秘の裏には、そもそも腸の形や位置が原因になっていることがあります。

たとえば、腸がねじれるように配置されてしまっている「ねじれ腸」があります。腸がねじれていれば、便が出にくいのは当たり前です。また「落下腸」といって、腸があるべき場所よりも下に落ちてしまっている状態になっていることもあります。

これらは成長の過程でうまく腸が配置されずになるとされており、この場合いくら食べ物やストレッチで便秘対策をしても便秘は解消されません。もちろんお腹もポッコリと出たままになってしまいます。

何をしても便秘が改善されないという場合や、子どもの頃からずっと便秘と付き合っているという場合には、腸の形に問題があるのかもしれません。

1.2「腸もみ」でポッコリお腹対策

ポッコリの原因である、皮下脂肪や筋力の低下に関しては有酸素運動や筋トレが効果的です。けれどもそれだけではポッコリお腹が解消されないのならば、便秘や腸の形といった原因を疑ってみましょう。

それに効果が期待できるのが「腸もみ」です。

腸もみマッサージや、腸もみダイエットと言ったりもして、腸を外から揉んで便秘やポッコリお腹を撃退する方法です。

そもそも腸には「蠕動(ぜんどう)運動」といって、自然と腸に入ってきたものを先に送っていく動きがあります。腸もみでは腸を刺激して、この蠕動運動を活発にします。

腸もみは非常に即効性もあり、初心者で敏感な人は、マッサージの途中でトイレにかけこむこともあります。

もし自分は便秘じゃないと思っている人でも腸もみをしてみると、ポッコリお腹が解消されるかもしれません。というのも、どんな人でも体には宿便という、腸内に長く滞在している便が、3~5キロほどあるとされているためです。これは毎日お通じがあるという人であってもです。

ちなみに、健康な便とは、毎日3回(3食の際)に、バナナ1本分の便が出ることと言われます。「毎日は出るけどそんなに出ない!」と思う方も多いでしょう。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket