大根おろしダイエット!成功の秘訣15選!体験談や失敗談から学ぶ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

生野菜をたくさん食べることで、生きた酵素が細胞を活性化してダイエットや健康を維持してくれると注目を集めていますが、その中でも最も効果を表してくれるのが、大根なのです。

今回は、その大根がより効果の出やすい状態になる「大根おろし」で本当にダイエットに効果があるのかを検証していきます。

具体的な方法や、体験談、失敗談などを参考に、大根おろしダイエットを成功させていきましょう!

また、誰でも簡単に作れるレシピもピックアップしているので、ぜひ参考にしてみましょう!

→目次

1.大根おろしダイエットとは?
1.1不足しがちな酵素がたっぷり!
1.2生大根300gを目安に食べる!
1.3タイミングは食前か食間に!

2.大根おろしダイエットでの効果とは?
2.1便通が良くなる!
2.2アンチエイジングで若返る!
2.3代謝がアップしてデトックス

3.大根おろしダイエットの成功例
3.1満腹
3.2便秘が解消された!
3.3ガン予防や老化防止などにも効果があります

4.大根おろしダイエットの失敗談
4.1大根おろしにしていなかった
4.2大根おろしを作り置きしていた
4.3辛すぎて続かない

5.大根おろしダイエットのレシピ公開
5.1大根おろしキムチ納豆
5.2大根おろしシラスうどん
5.3舞茸+大根おろしダイエットレシピで満腹

6.まとめ

 

1.大根おろしダイエットとは?

生野菜を食べる習慣は、世界的に共通の食べ方であり、さまざまな方法で摂取して健康と美容を維持しているといっても過言ではありません。

サラダや生ジュースといった形で、簡単に新鮮な生の野菜を摂取することができます。

しかし、日本の食文化では昔から大変素晴らしい生野菜の食べ方が存在します。

その中で「すりおろし」という方法で、野菜を下して刺身や焼き魚、お肉などと一緒に食べる習慣があります。

それは、口にした消化に悪い食べ物の毒消しだったり、消化を助ける作用があったりと大変理にかなった食べ方とされています。

今回注目をしている「大根おろし」は、酵素やビタミンの宝庫で、食事を一緒に摂取することで、健康や美容を維持できる優れた効用があり人気です。

昔から食卓には欠かせなかった大根おろしですが、今ではすりおろすという手間が邪魔をして、なかなか食べる機会が減りました。

ここでは、その素晴らしい「大根おろし」を使って、ダイエットに成功する秘訣をご紹介していきます。

1.1不足しがちな酵素がたっぷり!

大根おろしには、たくさんの酵素が含まれています。

酵素とは、アミラーゼ(デンプン分解酵素)、プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)、リパーゼ(脂肪分解酵素)などが存在しています。

酵素は熱に弱く、50度の熱で死活してしまうので、生のまま摂取することが好ましいのです。

日本では、脂が多い食べもののとなりにトッピングされていることが多く、脂の消化を助けるために役に立ちます。

また、ワサビや生姜といった食べ物は「擦る」といった方式で食べることが多く、その調理方法にも意味があることがわかります。

大根おろしもそうですが「おろす」や「擦る」ことで、酵素が生かされるのです。

新鮮な野菜を擦ることで、イソチオシアネート辛み成分が生まれます。

大根おろしをする際に、皮はむかないでそのままおろすと効果的です。

辛み成分は強くなりますが、より良い効果のために利用しましょう。

その成分には、解毒作用や殺菌作用、抗炎症作用があり、食中毒予防、発がん抑制、血液サラサラ効果で血栓予防、消化促進、抗酸化作用が期待できます。

大根おろしを食事の際に、積極的に摂取することで、消化を助けたり健康を維持していくうえで大変役に立つとされています。

日本特有の食べ方が、現代の人へ受け継がれることが大切でもあります。

ダイエットというカテゴリーではありますが、体の健康を維持していく上で大変役に立つ食べ方を、これからたくさんご紹介していきます。

1.2生大根300gを目安に食べる!

大根おろしダイエットをする中で大切になるルールは、3つあります。

前述しましたが、新鮮な生の大根を使うことが必須です。

そして、300gはしっかり食べるようにしましょう!

300gというと、輪切りにして5~6cmくらいの大きさで、これを1日に摂取するようにしましょう。

これは、あくまでも目安なので無理に多く摂取しようとせずに、自分がおいしいと感じる程度でとどめても問題はありません。

逆に多く食べてしまうと、胃腸を冷やしてしまって消化不良をおこしたり、体の冷えを助長してしまう恐れもあるので、程よい量を調節して摂取しましょう。

また、一度に食べても良いのですが、1日に何回かに分けて食べるとより効果が期待できます。

日本料理には、大根おろしの合うメニューが豊富に存在します。

どのシーンにも対応できる薬味なので、さっぱりと食べたい際には大根おろしを食卓に飾りたいものです。

食べるタイミングは、次章でご紹介します。

1.3タイミングは食前か食間に!

大根おろしを食べるタイミングは、食前か食事中が一番ベストです。

まずは、胃の中に酵素を充満させてから、食事をとると効果絶大です。

脂肪を分解してくれるので、消化を助け胃への負担が少なくなります。

また、おかずのトッピングや副菜として食べるようにすれば、単品でいただくよりおいしくいただけます。

決まりのように大根おろしを食べるという日課を課せるよりも、おいしくいただけるメニューを考えて、楽しみながら続けられる方が良いですね。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket