背中痩せは運動だけではダメ!姿勢や生活を改善することこそ近道!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

背中痩せが、難しいのを知っているのは、おそらく背中に贅肉がついてる人だけかもしれません!

背中の贅肉はつかない人は全くつきませんが、つく人は徹底的につきやすく、全然落ちないのです。

ダイエットをすれば、簡単に体重を落とせる人でも、なぜか背中の贅肉はそのままになってしまいがちです。

そこには背中の筋肉特有の問題が隠されているのかもしれません!

ここでは、背中痩せにスポットを当てて、背中の贅肉を落とすための筋トレやストレッチを紹介するとともに、なぜ、背中が太ってしまうのか?背中が太るとどんなマイナス要素があるのかを紹介していきます。

 

目次

1.背中痩せに効くのは、筋トレ!?食事制限!?それとも体質改善!
2.背中痩せをすると若く見えるの!?
2.1 背中が痩せれば姿勢も整う
2.2 太って見えるのは背中から
2.3 がんばってエクササイズ!
3.背中痩せにはやっぱり筋トレやストレッチ!
3.1 10秒背中体操
3.2 ハードにレッグスイング!
3.3 スロトレでじっくりと
3.4 ピラティスフライトで上半身を鍛える
4.背中痩せには、体質や生活習慣も重要な要因
4.1 加齢によっては代謝機能が低下する
4.2 運動してますか?変な靴履いてませんか?
4.3 猫背により引き起こされる代謝低下
4.4 食べ過ぎは当然ダメ
5.背中痩せは運動だけではダメ!基本中の基本である食べ物も注意しよう
5.1 炭水化物はダイエットの敵!?
5.2 フルーツやフルーツジュースだって油断しちゃダメ
5.3 炭酸も意外にも!?
6.背中が太るのは代謝などの体質も関係している!
6.1 体温が低いのは良くない
6.2 代謝が悪いのは太る元
6.3 ストレスは太る原因になる
6.4 ダイエットの反動も気をつける
7.結局背中痩せのポイントは?
7.1 姿勢が大事!
7.2 筋力アップには筋トレ!
7.3 ヨガやピラティスでゆっくりと
7.4 焦って激しいトレーニングは禁物!
8.まとめ

 

1.背中痩せに効くのは、筋トレ!?食事制限!?それとも体質改善!

背中痩せは、ズバリ難しいダイエットです。

しかし、その原因をよーく見つめなおせば、その背中痩せダイエットの成功の可能性も変わってきます。

そもそも、背中痩せは通常のぽっこりお腹のダイエットなどとは少し方向性が異なってくるのです。

ここでは、背中痩せが、どのような原因から引き起こされているかをまずは紹介し、それを改善するための筋トレやエクササイズを提案するとともに、食べ物やどんな体質が影響しているかなどについても合わせて紹介していきます。

 

2.背中痩せをすると若く見えるの!?

2.1 背中が痩せれば姿勢も整う

猫背などで体が前に倒れている人の多くは、背中に筋肉がありません!

逆にいえば、脂肪がついており背中が太っているのです。

もしも、背中に筋肉がついていれば、姿勢は整う可能性が高いです。

猫背などで体がまるまっていると、背中だけでなく、首やあごの筋肉も下に落ちていき、顔のたるみにもつながってしまうのです。

女性にとって、もっとも怖いのは、猫背だと年が年齢以上に老けて見られてしまうのです。

しかし、心配はいりません!背中にしっかりと筋肉をつけて、重力に負けない体作りをすることで、姿勢が整えば、見た目も若返り綺麗に見えてくるはずです。

2.2 太って見えるのは背中から

背中に贅肉がついてしまうと、どうしても肩幅なども広くみえてしまい、太って見えてしまう可能性がでてきます。

それだけでなく、痩せていたとしても、背中に余分な脂肪がついていると、背中が大きく見えるため、太って見えてしまいます。

つまり、太って見えてしまうことについて、背中の贅肉はとても重要な部位になるのです。

ウエストは細くても、胸まわり、特にその後ろの背中が、きつくなって大きめの服しか着れなくなることもよくあることです。

女性にとっては、着たい服を着れないことはとても悲しいことですよね?しかも、痩せていても、背中が太ってるだけで服が似合わないなんて残念すぎます。

ぜひ、この記事で背中痩せの方法を身につけて、背中の贅肉を解消しましょう。

2.3 がんばってエクササイズ!

背中の贅肉はダイエットで簡単に痩せられる部位ではありません!

しかし、簡単に痩せられると思ってる人がとても多いのですが、ほとんどの人が背中痩せに失敗していると言われています。

お腹周りや体重減少に成功した人でも、上手くいかないことが多いダイエットなのです。

そもそも、失敗する要因としては、食生活の改善だけでなんとかなると思ってることが大きな原因になっています。

背中痩せの場合には、食べることを我慢しただけでは意味がありません!

筋トレやエクササイズなどを行うなどの、体全体を動かすことも背中の贅肉には必要になってきます。

多くの人は、むしろ、運動をすることで背中に贅肉がついてしまうと思うようですが、それは違います。もしもついてる人がいるとしたら、それは筋肉です。

次項において、背中の贅肉に運動やエクササイズについて、紹介していきます。

 

3.背中痩せにはやっぱり筋トレやストレッチ!

3.1 10秒背中体操

まずは、筋トレやエクササイズをしたことがない人でも、簡単にはじめられる体操を紹介します。

その名も、10秒背中体操です。

道具も場所も必要ないので今すぐにでもできます。この記事を読んだらすぐにできます!

いつでもどこでもお手軽にできる簡単エクササイズなのでとてもオススメです。

空いている時間を有効活用しながら、行ってください。

(10秒背中体操のやり方)

step1

両足を肩幅に広げて立ちながら、手を体の後ろで組みます

step2

鼻から息を吸い、口から息をゆっくり吐きつつ、腕を少しずつ持ち上げていきます

step3

背中の筋肉が張ってきたところで、10秒間キープします。

step4

鼻から息を吸い、口からゆっくり息を吐きながら、もとの姿勢にゆっくり戻します。

10セット繰り返します。

3.2 ハードにレッグスイング

次に意外とつらいエセクササイズを紹介します。

背中とお尻を引き締めるレッグスイングなんですが、これを上手くやれるのであれば、いろいろなエクササイズができることになります。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket