コレステロール気になる?ならキトサン入り青汁(トクホ)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

18ec0f9459bf1959b294a86dbfbdfce5_s

健康診断でコレステロールの値がひっかかっても、何をすればいいのか分からない人は多いでしょう。お医者さんに「食生活に気をつけてくださいね」と言われても、その時だけで実際には何もしないこともあります。

もちろん健康は気になりますが、だからと言って本格的に食事療法まではしたくない!人も多いです。けれど逆に手軽な方法なら試してみたいかも…と思いませんか?

簡単な方法でコレステロール値を改善し、健康にもなれちゃうのが「青汁」です。

ここではただの青汁ではなく、「注目の成分」が配合され、特定保健用食品(トクホ)に認定された青汁を解説します!注目の効果やおすすめの青汁なども紹介しますよ。

それまでの生活は簡単に変えられません。青汁なら生活を大きく変えなくても、手軽においしくコレステロールを下げる効果が期待できちゃいます。

 

目次一覧

1.青汁を飲むならキトサン入り?
1.1やっぱり健康効果の高い青汁
1.2「トクホ」認定のキトサン青汁

2.キトサンってなに?
2.1キトサンはこんな人に向いている!
2.2甲殻アレルギーの人は注意

3.どうして「青汁」でキトサンを摂るのがいいの?
3.1食事療法のその前に
3.2手軽な青汁
3.3コレステロールが高い人は食習慣に難あり

4.キトサン配合青汁(トクホ)の青汁ならコレ!
4.1キトサン明日葉青汁
4.2ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン
4.3コレスケアキトサン青汁
4.4キトサン・イン

5.まとめ

 

青汁 効果 比較

1.青汁を飲むならキトサン入り?

青汁には「キトサン配合」と書かれた種類があります。キトサンは特定保健用食品(トクホ)の成分です。キトサン入りの青汁を飲めば、気になっているコレステロールを改善できるかもしれません。

青汁を飲もうと思うのは、栄養不足や健康が気になるからでしょう。青汁には色々種類があり、どれが本当に自分に合っているか分かりにくいですよね。

もしコレステロール値が気になる人は、「キトサン配合(トクホ)」の言葉に注目してみてください。

 

1.1やっぱり健康効果の高い青汁

普段の食事で野菜不足を感じていると、「青汁で野菜を補おう」と考える人も多いです。青汁は野菜の健康効果を手軽に得られます。

青汁は「ケール」「大麦若葉」「明日葉」などの野菜が、原材料になることが多いです。これらは緑黄色野菜の中でも特に栄養価が高い野菜です。そのため体にはいいですが、普段野菜を食べる人でも日常的に口にすることは少ないでしょう。

青汁を飲むだけで栄養価の高い野菜を摂取でき、その野菜のビタミン・ミネラルなどをたっぷり摂れます。そのため健康効果はもちろんのこと、ダイエットや美容効果を目的として飲む人もいます。

 

1.2「トクホ」認定のキトサン青汁

「キトサン」は、特定保健用食品(トクホ)に認定されています。つまり、キトサンが入った青汁は、トクホ認定の青汁ということです。トクホに認定されているというだけでも、ちょっと効果に期待できます。

特定保健用食品(トクホ)に認定されているのは、キトサンの「LDL(悪玉)コレステロールを下げる効果」です。

今は色々な商品で、「食べるとコレステロールを下げる効果が期待できます!」といった表示を見かけます。

けれども特定保健用食品(トクホ)は消費者庁の<お墨付き>をもらっているということです。消費者庁が許可して「こんな効果があります」と言えているので、安心感がありますね。

 

shellfish-601577_640

2.キトサンってなに?

ではそもそもキトサンとは何なのでしょうか?キトサンがトクホとして認められている効果は「LDL(悪玉)コレステロールを低下させる」ということでした。

やっぱり一番大事なのは効果ですが、何だかよくわからないものを体に入れるのも不安ですよね。そこでキトサン入りの青汁の効果や、キトサンの正体について解説します。

 

2.1キトサンはこんな人に向いている!

キトサン入りの青汁はどんな人が飲むべきなのでしょうか?せっかくのトクホ認定の青汁です。コレステロール改善以外に期待できる効果もしっかりと知っておきましょう。

 

・LDL(悪玉)コレステロールが高い
まずはトクホに認定されているキトサンの代表的な効果です。

そもそもLDL(悪玉)コレステロールは過剰になると悪者ですが、適度なら重要な栄養素です。LDL(悪玉)コレステロールは体に必要なホルモンの原料になり、これの値が低いとがんや感染症にかかりやすくなります。

そのコレステロールは体の中で代謝されて、最終的に胆汁酸になります。胆汁酸は胆汁の主成分で、胃に移動してたんぱく質を溶かします。その後これが小腸に移動すると、再び吸収されて、コレステロールとして再利用されます。

キトサンが腸に到着すると、胆汁酸と混ざってゲル化します。ゲル化すると胆汁酸(コレステロール)が再吸収されないので、再びコレステロールとして使われることがありません。

キトサンの働きでコレステロールが体の外に出されてしまうと、体はコレステロール不足になります。そうすると今度は血中のコレステロールを使うようになります。

健康診断などで「高い・低い」と注意を受けるのは、この血中コレステロールです。だからキトサンはコレステロールを下げる効果があるんですね。

 

・肥満
キトサンは一緒に体の中に入った脂肪を、体に吸収させません。そしてそのまま体外に排出してくれる効果を持っています。

キトサンは食物繊維なのですが、この食物繊維はプラスの電気を帯びていることも特長です。

普通食物繊維はマイナスの電気を帯びていますが、キトサンは食物繊維の中で唯一、プラスの電気を帯びています。これに対して、体の中では脂肪がマイナスの電気を帯びています。

つまり「プラスのキトサン」と「マイナスの脂肪」がくっついて、そのまま体の外に出してしまうのです。

 

・便秘
キトサンは食物繊維なので、便秘の人の腸内環境改善にも効果を期待できます。

特にキトサンはとても大きな食物繊維です。その大きさゆえに色々な物質を取り込みながら体の中を進んでいきます。

ただ大きすぎて人の体に必要な物質まで取り込んでしまうことがあります。けれどもキトサンの場合その物質が腸の壁に触れたとき、体内にもどる仕組みになっています。

 

・高血圧
キトサンは高血圧の改善にも効果が期待できます。

高血圧の大きな原因と言われているのが、塩分過多です。塩分が体の中に多くなると、濃度調節をしようとして体液が増えます。するとたくさんの血液を心臓が一生懸命押し出すので、高血圧の状態になってしまいます。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket