気になる贅肉を落とす!?ダイエットの方法とポイントって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

気がつくと体の色んな所に贅肉がついてきてしまっているとお悩みの方も多いのではないでしょうか。中々落ちない贅肉ってどうしても気になりますよね。
そんな贅肉を落とすためには、まずはどうしてついたのかという理由を知り、それに対してしっかりと対策を取ることです。やみくもにダイエットを行ったとしても成功することはありません。
この記事では、贅肉がついてしまった原因、またソレに対してどのようにダイエットを行えばいいのかをご紹介していきたいと思います。

目次
1.贅肉がついてしまう原因っていったい何故なの?
1.1油分や糖分を摂りすぎているから
1.2姿勢が悪くて脂肪を溜め込みやすいから
1.3股関節が歪んでしまっているから
1.4冷え性の体質だから
2.贅肉を落としたい時にまずチェックしたいポイントって?
2.1普段の食生活はどういったものなのか
2.2運動はしているのかどうか
2.3基本的な生活習慣を見直す
3.贅肉を落とすために行う食事ってどこがポイントなの?
3.1体を冷やすような食べ物は食べないようにする
3.2一日の中で食事の配分に気をつける
3.3血糖値の安定の為に間食をとるようにする
4.食事制限だけで贅肉を落とすことはできるの?
4.1贅肉と一緒に筋肉も落ちる
4.2体内の筋肉の割合を贅肉よりも増やすようにする
4.3筋肉をつけ、脂肪を減らせるような運動を行う
5.食事をする時に押さえておきたいポイントって?
5.1食事を通してしっかりとタンパク質を摂るようにする
5.2炭水化物を制限しすぎないようにする
6.まとめ

 

1.贅肉がついてしまう原因っていったい何故なの?

夜食 太らない

気がついたら贅肉がついてしまっているとお悩みの方も多いのではないでしょうか。贅肉を体からなくすためには、まずはどうして贅肉がついてしまったのか理由をしっかりと理解しないといけません。

それでは早速贅肉がついてしまう原因とは一体何なのかを見ていきたいと思います。

1.1油分や糖分を摂りすぎているから

贅肉は脂肪の塊です。脂肪がついてしまう原因は、一番は油分や糖分を摂りすぎてしまっているからです。食べたものを、その分きちんと消化や吸収されていれば脂肪がついてしまうことはありません。

しかし、脂肪分が多すぎるような食事や間食が多く、野菜を食べる機会が少ないとどうしても脂肪を溜め込みやすい体になってしまいます、また、偏った食生活は代謝も悪くなってしまうため、その分食べたものをきちんと消化できなくなってしまいます。

1.2姿勢が悪くて脂肪を溜め込みやすいから

背中の姿勢が悪く、まっすぐと腰や背中が固定されていない人の場合は脂肪がつきやすいと言われています。特に、食べたものが脂肪になりやすい人はその脂肪がそのまま腰についてしまいます。

これは、背中の姿勢が悪い人はインナーマッスルが弱く、お腹に力が入っていない状態になっています。その為、腰回りにあるべき力が入っていないとそこに脂肪がついてしまいます。

これを防ぐためにはまずは姿勢を正しくし、インナーマッスルを鍛えることでそこに常に力が適度に入っている状態を作るのがおすすめです。

1.3股関節が歪んでしまっているから

歩き方や姿勢などにもでてきてしまう、股関節が歪んでしまうと、どうしても周囲の筋肉や関節にも影響がでてきます。そうすると、おかしな部分に力が入ったり緩んだりしてしまい、脂肪がつきやすくなってしまいます。

まずは、硬く凝り固まった関節を柔らかくほぐしてあげることで、ゆがみを治すようにしましょう。他にもストレッチなどをするのがおすすめです。

1.4冷え性の体質だから

腰やお腹は実は体の中でも冷えやすいと言われています。これは、腰の位置にある筋肉がほかと比べて薄いため、冷えやすくなっているからです。しかし、筋肉が薄いと脂肪が溜まりやすくなってしまいます。また、溜まってしまった脂肪は燃焼しづらくなっています。

更に蓄積した脂肪が冷えると、更に代謝も悪くなってしまいます。腰回りを冷やすことがないようにピラティスやヨガ、岩盤浴などを積極的に行い、冷えを防止するように心がけましょう。

2.贅肉を落としたい時にまずチェックしたいポイントって?

腹筋 割る

贅肉を落とそうと考えた時に、どんな点に気をつければ、贅肉を効率良く落とす事ができるでしょうか。贅肉を落としたい時にチェックしておきたいポイントを見ていきたいと思います。

2.1普段の食生活はどういったものなのか

溜め込まれた贅肉を落とすことを考えた時にどうしても食生活の見直しは必要になってきます。運動でのダイエットも大切ですが、何よりも食事は体の多くの摂取カロリーです。その為、どんなに運動をしても、その分たべてしまえば意味がなくなってしまいます。

まずは、自分が普段、どのような食生活を行っているのかを見直すようにしましょう。一日3食をどのくらい食べているのか、また、バランスは良いのか、栄養分はきちんととれているのかということを一度しっかりと考えてみましょう。

 

2.2運動はしているのかどうか

食生活を改善したとしても、ある程度の運動をしないと、皮だけのひょろひょろとした痩せ方になってしまいます。また、ダイエットの効率を上げるためにも筋肉をつけることは大切です。これは、筋肉がつくことによって生活をするだけで消費するカロリーがあがるからです。

最初から無理に激しい運動を行う必要はありませんが、自分のペースに合わせて気分転換にもなるように楽しく運動を行うことができるようにしましょう。

 


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket