湯豆腐ダイエットの効果!口コミで話題のやせる低カロリーダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

湯豆腐ダイエットなるものがあるそうです。

これは、タレントの辻希美さんが、実践して、1年半で、15㎏程のダイエットに成功したことから、話題になったようです。

あなたも、この湯豆腐ダイエットを採り入れたいと、考えていらっしゃるのかもしれません。

だけど、どのように行えば良いのか、よく分からないし、実際誰でも効果が出てくるのかもわからないと思っていらっしゃるのではないでしょうか?

ここでは、豆腐自体の効能を科学的に分析して、湯豆腐ダイエットを実践してきた人の実体験を踏まえながら、効果的な湯豆腐ダイエットを研究、紹介していきたいと思っています。

是非、ご一読下さい。

目次

1.湯豆腐で痩せるの?

1-1.湯豆腐で痩せる秘密!

1-2.湯豆腐が太るという嘘?

1-3.確かに痩せたこの方法?

2.豆腐の効果効能って何?

2-1.豆腐を何でできてるの?

2-2.豆腐を食べるとどうなるの?

2-3.イソフラボンの効果とは?

3.湯豆腐ダイエット効果的な方法とは?

3-1.どれくらい食べようか。

3-2.毎食食べる方が良いの?

3-3.どれくらいで効果が出てくるの?

4.湯豆腐ダイエットでの副作用とは?

4-1.イソフラボンの摂り過ぎで・・・・。

4-2.逆に体を冷やすって本当?

4-3.豆腐のみを食べる危険性とは?

5.こんなにおいしい湯豆腐レシピ!

5-1.もはや鍋に・・・・。

5-2.辛さとともに!

5-3.こんなエキスと一緒に!

6.湯豆腐ダイエットの豆腐の選び方

6-1.良い豆腐ってどんなもの?

6-2.この添加物は?

6-3.スーパーで選ぶときは、ここを見よう!

7.湯豆腐と相性の良い食品とは?

7-1.ごはんを工夫してみる!

7-2.薬味をこうしてみる。

7-3.食事のドリンクなど・・・。

8.豆腐ダイエットでリバウンドしないために・・。

8-1.極端な食べ方はしない。

8-2.運動もやる方が良いよね?

8-3.続けることが大事!

1.湯豆腐で痩せるの?

11_0106

1-1.湯豆腐で痩せる秘密!

豆腐は、我が国日本では伝統食として知られています。

元々の起源は、中国と言われており、前漢の時代、あるいはもっと後の唐の中期くらいにさかのぼるという説があるそうです。

日本に伝来したのは、奈良時代、遣唐使により伝えられ、僧侶の精進料理として作られていたものが、貴族、武家社会に浸透してきたという経緯があるようです。

元々が、僧侶の修行のための低カロリー、高タンパク食として用いられていたということですね。

庶民に普及し始めたのは、もっと時代を下った江戸時代と言われています。

湯豆腐という形で有名になったのは、京都の南禅寺からだと言われています。
今でも、京都で湯豆腐が有名で、ちょっと高級な食べ物になっているのは、そのためのようですね。

元々が、肉食ができなかった時代の僧侶の貴重なタンパク源であり、精進料理として食べられていたものなので、健康と体型維持にも役立っていたこととも思われます。

豆腐がダイエットに良いというのも少しわかる気がしますね。

1-2.湯豆腐が太るという嘘?

豆腐は、一般的に知られているように、低カロリー高タンパクの食品だというイメージがあると思います。

その一方で、豆腐が太るという噂も流れているようです。

幾つか、要因があるようですが、例えば、豆腐に多く含まれている水が、一時的に体重を増やしたり、体に水がたまるイメージがあるということ。

もう一つは、意外に脂質が高いために、太るという話もあります。

また、意外にカロリーが高いのではないのか?という話もあります。

とある調査を参考にさせてもらい、ご飯との比較をしたいと思いますが、ご飯100gのカロリーが、168Kcalに対して、木綿豆腐で、77Kcal、絹ごし豆腐で55Kcalと、どちらかというとカロリーは低めです、


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket