野菜不足を解消する青汁レシピ10選!一人暮らしでも簡単健康ごはん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「野菜不足を解消しましょう」は、現代人の食においてはもはや定番の決まり文句です。

小学校の家庭科授業から教えられることなので、「野菜不足=体に悪いこと」という図式はなんとなく知っている、という方がほとんどだと思いますし、様々なメディアで「現代人は野菜不足」と呪文のように伝えているので、「きっと自分もそうなんだ」と考える人も少なくはないでしょう。

しかし環境や生活習慣によっては、すぐに改善できないのが食生活ですよね。

野菜不足は様々な原因で起こります。外食が多い、一人暮らしで食生活が不規則、元々野菜が嫌い…などすぐには解決出来ない場合もあるでしょう。

ここでは野菜の栄養素を効率よく取れるとされている青汁を活用したアレンジレシピを中心にご紹介していきたいと思います。

野菜は短時間・短期間にドカ食いしてもあまり意味のないものです。好きなアレンジを見つけてそれを続け、少しずつ解消していくようにしましょう!

目次

1.野菜不足を解消するのってなぜ必要?
1−1.野菜が不足すると起こること
1−2.一人暮らしの若い世代は深刻
1-3.子どもが野菜不足になるとどうなるか

2.青汁と野菜ジュース、野菜不足の解消に向いているのは?
2-1.青汁の原材料は”緑黄色野菜”がメイン
2-2.野菜ジュースは糖やカロリーが気になるところ
2-3.軍配はやや青汁にあり
2-4.青汁「だけ」野菜ジュース「だけ」では解消できない

3.野菜不足を手軽に補う青汁の4つの飲み方
3-1.青汁+ミルクは万能選手
3−2.グリーンスムージーは美容にもOK
3−3.野菜ジュース割は子どもやお年寄りにも飲みやすい
3−4.番外編?忙しい人はサプリメントも活用しよう

4.野菜不足を解消できる青汁アレンジクックレシピ
4−1.一人暮らしの人にも!青汁粉末を使ったご飯
4−2.カロテンたっぷりの簡単グリーンスープ
4−3.女子会にもピッタリ!青汁クリームペンネ
4−4.苦味も臭みもカットの青汁カレー
4−5.何もしたくない時に…青汁卵かけご飯?!

5.子どもたちも嬉しい!野菜と青汁を使ったおやつのレシピ
5−1.青汁のパンケーキでお腹も満足
5−2.青汁のクッキーならパパママのおやつにも最適
5−3.青汁みたらし団子でシニア世代も喜ぶ!
5−4.バレンタインに!青汁とホワイトチョコのマフィン
5−5.朝食にも!ホームベーカリーで青汁ちぎりパン

6.意外と知らない!?野菜不足解消のために知っておきたいポイント
6−1.イモ類は野菜の必要摂取量に含まれない
6−2.酵素を摂りたいなら生野菜がベスト
6−3.脂質や塩分もバランス良く摂取すべきその理由
6−4.青汁やサプリメントは過剰摂取にも注意

7.まとめ

1.野菜不足を解消するのってなぜ必要?

1-1.野菜が不足すると起こること

yasaibusokukaishou

まず始めに、野菜が不足すると一体どのようなことが起きるのかをまとめて確認しましょう。

野菜不足は体に良くない、と言いますが、具体的には「体を作っている細胞がうまく機能しなくなる」とも言えます。

私達の細胞は水、脂質、ミネラル、繊維質、常在菌などから成り立っています。食物からバランス良く栄養を摂取することでこの細胞のバランスが保たれます。
また新しく健康な細胞が生まれると同時に古くなった細胞は体外に排出されるという「代謝」という機能も体の臓器がまかなっていますが、この臓器も【細胞】から出来ているのです。

野菜が不足すると、どうしても食べ物が脂質の多い動物性の食物に偏りやすくなりますが、そうなるとカロリーオーバーの食事に近づいてしまい「成人病」と呼ばれる肥満、糖尿病、動脈硬化、血管障害、痛風や皮膚炎などを起こしやすい状態になります。

それ以外にも、目の粘膜が弱ることで視力の問題が出る、脳の細胞の代謝が悪くなることで認知症やアルツハイマー病などの影響が出るなども近年の研究で報告されるようになってきました。

脂質に偏った食事ではなく、水分もビタミンも酵素も少しずつバランスを取りながら摂取できる【野菜】を重要視した食生活が良い、というのは現代医学の中でも常識のひとつとなっています。

1-2.一人暮らしの若い世代は深刻

現代人は野菜が不足している、というのは誰でも一度は聞いたことがあるかもしれません。

厚生労働省が発表している「成人の1日の野菜摂取量は350g」ですが、外食の多くなりがちな一人暮らしの若者は1日あたり200g前後、意識して野菜を摂っているという人でも277g前後となっているのです。

また、一人暮らしになると「野菜を食べなさい」と指導してくれる人はいません。
好きな時に、好きなものを食べたって誰からも注意されず、渋い顔もされないので、子どもの頃から培われてきた食習慣が大きく変化しやすいのです。

唐突な食習慣の変化、食生活の乱れに体の細胞は適応できず、胃腸の不調や疲れやすさなどを引き起こします。
そうした不調を無視し続け、まだ20代にも関わらず糖尿や痛風といった成人病に罹患してしまう人も右肩上がりに増え続けています。

若い細胞は新鮮な栄養を多く必要としますが、それに応じられる食生活を送っている、と自信を持って答えられる人はほとんどいない、というのが現状なのです。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket