餃子ダイエットで激ヤセする!!その効果とやり方のコツはたったの3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

外はカリッと中はジューシー。

餃子を嫌いな方はいないのではないでしょうか。

中華料理の定番の「餃子」。

その餃子でダイエットできる事を知っていますか?

ちょっとした話題になっている餃子ダイエット。

そのやり方と効果を分かりやすく紹介します。

美味しくて食べ応えがある餃子でダイエットできれば

こんなに楽しい事はありません。

是非チャレンジして下さい!!

目次

1、餃子の基礎知識

1-1餃子の歴史

1-2餃子の特色とは

2、餃子ダイエットのやり方その1

2-1食べる量は

2-2いつ食べるのが効果的?

3、餃子でダイエットのやり方その2

3-1カロリーは?

3-2餡は自由自在

4、餃子ダイエットのやり方その3

4-1焼き餃子のメリット・デメリット

4-2水餃子のメリット・デメリット

5、餃子ダイエットの注意点

5-食べ過ぎ注意

5-2塩分に気を付けよう

6、美味しい餃子レシピ

6-1餃子は完全食?

6-2手作りで楽しもう

7、まとめ

7-1餃子ダイエットをまとめてみる

7-2最後にひとこと

1、餃子の基礎知識

1-1餃子の歴史

餃子の歴史は意外と古く、日本で最初に餃子を食べたのは水戸黄門でお馴染みの

水戸光圀だと言われています。

ただし一般的に食べ始めたのは、時代を下がって第二次世界大戦後のようです。

戦争で中国に行ってていた人たちが引き上げてきて、現地で覚えた作り方で

作ったのが始まりのようです。

栃木県の宇都宮市が発祥と言うのが通説になっています。

1-2餃子の特徴とは

中国の餃子は水餃子が主流で、主食として食べられています。

日本のように「おかず」として食べられてはいません。

また日本の餃子は独自に進化し、焼き餃子として食べられるのが主流です。

特徴は、薄めの皮を使うことです。

水餃子は皮がしっかりとしていて厚めになっています。

2、餃子ダイエットのやり方その1

2-1食べる量は

餃子ダイエットの特徴は「置き換え」です。

一日の食事のうちどれかを餃子だけにするダイエット法です。

平均的な餃子は1個で約18g、カロリーは34kcalあります。

 

この餃子を1回で最低7個、最高で16個食べると言うのが

餃子ダイエットの基本になります。

2-2いつ食べるのが効果的?

いつ食べるかの問題ですが、やはり夜がいいでしょう。

効果の点からもですが、やはり朝から餃子と言うのも抵抗がありますし、

お昼ごはんに餃子だけと言うのも何かと差しさわりが出てきます。

一般的にダイエットする場合、晩ご飯をどうするかがポイントになります。

夜は活動量が減るために多くのカロリーを必要とはしません。

ところが通常の生活では晩ご飯が一番時間が取れて

ゆっくりと食べらられるのでつい食べ過ぎてしまいます。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket