運動しないで痩せることは可能?運動なしダイエットのやりかた5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

日頃ダイエットの必要は感じているものの、なかなか踏み切れないという人も多いでしょう。その理由はさまざまでしょうが、「なるべく運動したくない」というのも、かなりの人が感じていることではないでしょうか。

ジョギングや筋力トレーニング、水泳に自転車など、ダイエットにつらい運動はつきものというイメージは一般的です。しかし、こうした運動が苦手という人は、決して少なくありません。

では、運動しないで痩せるにはどうすればよいのでしょうか?今回は、運動せずに痩せる方法5つについて、詳しく解説します!

目次一覧

1.運動はダイエットに必要?不必要?
1.1.運動でダイエットするメリットとデメリット
1.2.運動なしで痩せるには、食事制限しかない?
1.3.運動なしダイエットの注意点とは

2.運動しないで痩せる方法5選
2.1.食事の見直し
2.2.食事量を抑える
2.3.痩身エステで痩せる
2.4.サプリメントも効果的
2.5.マッサージでダイエット

3.運動しないで痩せられるサプリは?
3.1.シボヘール
3.2.CUTEME
3.3.黒しょうが+5つの黒スリム

4.運動なしダイエットを成功させるには?
4.1.こまめな水分補給
4.2.ガムを噛む
4.3.食べたものを記録する
4.4.毎日体重を計る

5.運動嫌いでもできる運動って?
5.1.正しい姿勢で座る
5.2.1分間の逆立ち
5.3.ストレッチで代謝アップ

6.まとめ

1.運動はダイエットに必要?不必要?

ダイエット 運動

健康志向が定着した現在、街中を颯爽と走り抜けるランナーや、ウォーキングを楽しむ人々の姿を目にするのがすっかり当たり前になりました。

こうした人たちの多くは、スリムで無駄な肉のない体形。それを見ると、やはり「ダイエットするには運動しなきゃダメなのかな・・・」という気持ちになってきます。

とは言え、運動は苦手だし億劫、という人も多いのも現実。では、ダイエットには本当に運動が必要なのでしょうか。ダイエットと運動の必要性について見てみましょう。

1.1.運動でダイエットするメリットとデメリット

ダイエットで必要なものと言って、たいていの人が思い浮かべるのが「食事制限」と「運動」でしょう。

太ってしまう一番の原因は食べ過ぎですから、食事をある程度抑えるのは当然。それに加え、運動をすることもダイエットには有効というのは、いろいろなところで言われることです。

運動の必要性は常識のように言われることもあって、ダイエットを始めると、同時に運動にも取り組むという人も多くみられます。しかし、運動は本当にダイエットに必要なのでしょうか?

ダイエットに運動を取り入れる最大のメリットとしては、脂肪燃焼効果があります。有酸素運動によって脂肪を燃やす、あるいは無酸素運動によって基礎代謝を上げ、脂肪が燃えやすい体を作るという効果です。

運動を日常的に続けることで、脂肪が付きにくく、痩せやすい体を作ることができるのは確かといってよいでしょう。

一方で、ダイエット目的の運動にはデメリットもあります。一つは、運動しつけない人が急に運動を始めると、体を傷めかねないという点です。

日頃運動の習慣のない人が、いきなり長距離のジョギングやハードな筋力トレーニングなどをすると、関節や筋肉を傷める可能性もあるのです。

もう一つは、人によっては継続しにくいという点です。上のようなケースや運動嫌いの人にとっては、なかなか運動の習慣は定着しづらいこともあります。

また、運動によって空腹感が増してしまい、食欲が抑えられなくなるということも考えられます。

ダイエットにとって運動が効果的なのは確実ですが、このように比較的挫折しやすいという点も無視できないところです。

1.2.運動なしで痩せるには、食事制限しかない?

運動が苦手な人や、運動で挫折した経験のある人にとっては、ダイエットのために走ったり体を鍛えたりすることはハードルが高いでしょう。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket