【痩せたい人必見!】食べても太らない方法がある⁉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

一生懸命ダイエットしている人に対して、たくさん食べているのに太らない人っていますよね。
どうしてあんなに食べているのに太らないんだろう・・・?と思ったことはありませんか?
実は、食べても太らないのには理由があったんです!
食べても太らないコツさえ掴めば、あなたも痩せ体質になっちゃいます!
もう我慢しないダイエットにシフトチェンジして、楽しくダイエットをしませんか?

 

【目次】
1. 食べても太らないコツとは
1.1 食べる順番を考える
1.2 寝る3時間前には食事を済ます
1.3 空腹時に我慢しない

2. 何をどれだけ食べても大丈夫?
2.1 脂肪分の多いものは午後3時までに
2.2 調理法を工夫する
2.3 調味料も注意が必要

3. 成分別カロリー表
3.1 脂質を多く含む食べ物
3.2 糖質を多く含む食べ物
3.3 エネルギーが高い食べ物

4. 食べても太らない体質にするには?
4.1 筋肉量を上げる
4.2 睡眠の質を上げる
4.3 疲れやストレスを溜めないようにする

5. まとめ

 

 

1. 食べても太らないコツとは

食べても太らないのには「コツ」があるんです。
食べても太らない体質にする「コツ」をご紹介していきます。

 

1.1 食べる順番を考える

みなさんは食事をする時、何から食べていますか?
好きなものから?嫌いなものから?
さまざまな方がいらっしゃると思います。

1番初めにお腹に入るものは、1番吸収されやすいといわれています。
ダイエットにおいて、1番初めに「何を」口にするのかが重要になってきます。

前までは、「食べるなら野菜から!」といわれていましたが、最近では「お肉から食べる!」が推進されています。
野菜には脂質が含まれていませんが、そのぶん糖質が含まれているものが多いです。
糖質は脂肪の蓄積に繋がってしまいます。
そこで、糖質の含まれていない「お肉」からがいいといわれるようになりました。

お肉といっても、トンカツやから揚げなどはNGです。
揚げ物の衣には、たくさんの糖質が使われていますので注意してください。

お肉そのままを、「焼く・蒸す・炒める」の調理をしたものを食べましょう。
また、「スープから食べる!」という説もありますが、スープの中でも、コーンスープやポタージュなどは糖質が高いので注意してください。

 

1.2 寝る3時間前には食事を済ます

食事は体を動かすために大切なことですが、食べるダイエットでは食べる時間も大切になります。

体を1番エネルギーを使うのが「午後3時まで」といわれています。
これは、脳が「エネルギーを燃やせ~!」と指令をし、体が燃焼モードに入っているからです。
なので、おやつなどの甘いものなどは、「午後3時」に食べることがおすすめなのです。

逆に、寝る前に食事をしたり、間食をしてしまうと、
脳がリラックスモードに入っているので、「燃焼せずに体に蓄えろ~!」と指令を出します。
したがって、寝る前に食事をすると、脂肪になりやすくなってしまいます。

仕事などで遅い時間にしか食事ができない方もいると思います。
そういう方は、味の濃いものや高カロリーのものは控えて、消化の良いものやスープなどにしてみてください。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket