正月太りに効果的な方法やその原因またおすすめのダイエット方法についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

正月太りが気になる方は、多いですよね!
そこで、今回は正月に太らないようにする為の方法や対策またその原因等についてまとめてみました。毎年、正月に太ってしまうそこのあなたは必見の内容となっていますので、是非ともご一読ください。

また、今からダイエットを始めようとお考えの方にもおすすめのダイエット方法をご紹介致しております。

目次一覧

⒈正月太りの解消法について!
⒈1太る原因となるNGな食べ物
⒈2おすすめのダイエット
⒈3正月時のダイエットの注意点
⒉正月太りの原因とは?
⒉1運動不足
⒉2気温も関係ある!
⒉3お酒と塩分の多い食事
⒊正月太り!リバウンドしない方法
⒊1そもそもリバウンドはなぜ起こるのか?
⒊2極端に食事の量を減らさない
⒋正月太り!食事の取り方について
⒋1食事方法で予防する
⒋2ダイエット時の食事について
⒌まとめ

⒈正月太りの解消法について!

代謝を上げる食べ物

⒈1太る原因となるNGな食べ物

現代女性に下半身太りが多いのはなぜでしょうか?その理由の一つは食品にあります。それらの食品を摂取している限り、ダイエットのためにトレーニングやマッサージ、ストレッチを頑張ってもなかなか細くすることは難しいのです。エクササイズの効果を最大限に発揮するためにはまず食事の改善を行っていきましょう。

満腹にならない

①塩分を多く含む食品

夕食に塩分の多い食品と食べて起床すると顔がむくんでいたなんて経験ございませんか?実はこの原因というのは一定以上の塩分を摂取すると血中の塩分濃度を適正に維持するため水分を排出せずにブロックするように作用するのです。

ですから、塩分を摂りすぎると水分の摂取をおこなっても循環するどころかパンパンに膨れていきます。そのため、塩抜きダイエットというものが考案されました。「塩抜きダイエットの効果的な方法!成功レシピやメニューにつても。」

代謝を上げる食べ物

とくに、漬物などの保存食品、チーズなどの発酵食品、ハム、ベーコン、ソーセージなどの加工食品にはたくさんの塩分が使われているので注意しましょう。

塩抜きダイエットでも詳しく解説していますが、塩分を抜くためサラダなんかにもドレッシングに塩を使用しなかったり、食べ物はできるだけ塩分を減らしたり、無塩醤油を活用しましょう。

②カップ麺・菓子パン

基本的にカップ麺に限らず麺類には食塩が混ざっています。パッケージの栄養成分の欄をご覧いただくとわかります。菓子パンも同様に食塩が含有されています。

代謝を上げる食べ物

ただ、その中でも、カップ麺と菓子パンは特に注意してほしい理由は添加物やトランス脂肪酸という油が含まれているのです。トランス脂肪酸は植物性の油に水素を結合させた油で欧米諸国では使用禁止や規制が進んでいます。

代謝を上げる食べ物

ただ、日本ではまだ緩く普通に色々なインスタント食品、加工食品、ファーストフードに使用されていますので要注意です。これは科学的に作った油のため人間の体で燃焼しにくく蓄積されやすくなります。ですから、下半身太りやむくみ、セルライトの原因になるのです。

③砂糖が含まれている食品

女性であればケーキ、ドーナツなどの甘いお菓子が大好きかと思いますがここに含まれている砂糖は実はかなり有毒な食べ物です。海外では添加物扱いされるほどのものです。

ダイエットでいえば、摂取した水を吸水してしまいますので、砂糖を摂取するとどうしても喉が渇くのです。そこで水を飲んでしまいますと、血液の循環が悪くなっている所に水がたくさん流れ込んでくるわけですから、老廃物を排泄することができず下半身太りを促してしまうのです。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket