水素水はダイエット効果あり?なし?おすすめ水素水5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

年々確実に脂肪が付きやすくなる体を見て、途方にくれている人。食事にも気をつけて食べ過ぎないようにしたり、空いた時間にこまめに運動したりしても、なかなか効果が上がらない・・・。

そんな悩みを抱えている人は、決して少なくないでしょう。そもそも年を取るにつれて昔の体が維持できなくなるのには、活性酸素という物質が関係しています。

そしてその活性酸素を抑えるのに効果があると言われているのが、巷で噂の「水素水」なのです。今回は水素水ダイエットについて、その真偽とおすすめ商品を徹底解説します!

目次一覧

1.肥満の原因って何?
1.1.太るメカニズムは?
1.2.基礎代謝と肥満の関係
1.3.活性酸素が肥満を呼ぶ

2.水素水ダイエットとは?
2.1.水素水を飲むだけ
2.2.水素水ってどんなもの?
2.3.いつ飲むのが正解?正しい飲み方は

3.水素水ダイエットは本当に効果あるの?
3.1.水素水がダイエットに効く理由
3.2.「効果なし」の噂 真実は?
3.3.正しい水素水の選び方って?
3.4.水素水ダイエットの注意点

4.水素水ダイエットの口コミは?

5.他にもある 水素水の効果は?
5.1.疲れに効く 疲労回復効果
5.2.肌にも良い 美容効果
5.3.便秘も改善 健康効果

6.おすすめ水素水5選!
6.1.伊藤園 高濃度水素水
6.2.浸みわたる水素水
6.3.ASO水素水
6.4.仙寿の水
6.5.トラストウォーター

7.飲むだけじゃない 水素水の利用法
7.1お風呂にも 水素風呂
7.2.水素水で肌や髪のケアも
7.3.家庭菜園や観葉植物の水やりにも
7.4.水素水は料理に使える?

8.まとめ

1.肥満の原因って何?

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

「このくらいは食べても大丈夫だろう」「毎日運動してるから、ちょっとぐらい多めに食べても・・・」と油断していると、いつのまにか確実に増えていくのが脂肪です。

若いころはすっきりしていた体形が、年を取るにつれてみるみるうちに膨らんでくる。多くの人が経験することですが、いったいなぜそうなってしまうのでしょう?

なぜ私たちの体は「太って」しまうのか、まずはその謎について見てみましょう。

1.1.太るメカニズムは?

「肥満」にはさまざまな要素が関係しています。まず最大の要因は食べ過ぎによるもの。これだけ食べ物やグルメ情報があふれる状況だと、その誘惑から逃れるのは大変というのも事実です。

おいしそうなものを見るとつい手が出てしまうのは仕方のないところ。あれもこれも、といううちに、ついつい食べ過ぎてしまうということになりがちです。

それでは食べ過ぎが肥満につながる具体的な理由とは何でしょう。

私たちが生きていくためのエネルギーは、食べ物から得ています。食事で摂った食べ物は消化・吸収されてエネルギー源として取り込まれ、体に蓄積されます。

私たちはそれを、仕事や運動、考え事などあらゆる活動の燃料として消費するのですが、取り込むエネルギーと使うエネルギー、両者のバランスが釣り合わない場合が問題になってきます。

食べ物から得たエネルギーが多すぎて使いきれない場合、それらをどうするかというと、予備の燃料として体に貯めておくのです。実はこれが脂肪の正体になります。

私たちの体を動かす主なエネルギーとなるのは糖質です。ごはんやパン類に多く含まれていますが、食事で糖質を多量に取り込んだ場合、余った分は脂肪細胞へ送られ、脂肪に変換されるのです。

脂肪は私たちが食べ物の少ない状況でもある程度生きられるように備わった、予備の燃料タンクと言えるものです。

このように、肥満は私たちの体がなるべくエネルギーをとりこぼさないよう、貯めておこうとすることから起こる現象なのです。

1.2.基礎代謝と肥満の関係

「食べ過ぎは太る」というのは改めて言うまでもない常識ですが、より具体的に言えばエネルギーの摂取量と消費量のアンバランスが原因となります。

しかし特に食べ過ぎなくても太りやすくなるというのは、実際にあることです。前にも触れたように、年齢を重ねるにつれこの傾向が強くなってきます。なぜなのでしょうか。

これもまたエネルギー収支のバランスが崩れるせいで起こる現象です。

私たちの体がエネルギーを消費することを「代謝」と呼びます(代謝には体の組織を合成する「同化作用」もありますが、エネルギーを消費して体を動かす代謝は「異化作用」になります)。

この消費系の代謝を分類すると、「基礎代謝」「生活活動代謝」「食事誘導性体熱産生(DIT)」の3つに分けられます。

このうち「基礎代謝」とは、私たちの体が最低限生命を維持するために必要なエネルギー消費を言います。例えば心臓や肺などの内臓を動かしたり、体温を調節したりといった働きに使われるエネルギーです。

この基礎代謝は、男女ともに10代がピークで、それ以降どんどん下がることになります。「歳を取ると太りやすくなる」というのは、実はこの基礎代謝の低下が関係しているのです。

「太りやすさ」は、前述のようにエネルギー収支のバランスが崩れることから起こります。基礎代謝で使われるエネルギーが年齢ごとに減ることで、相対的に摂取エネルギーの方が多くなってしまうのです。

つまり、私たちの体が年齢を経るごとにエネルギーをうまく消費できなくなることから、脂肪がつきやすくなってしまうというわけです。

1.3.活性酸素が肥満を呼ぶ

ところで、この基礎代謝低下に深く関係している要素が「活性酸素」です。活性酸素とは本来紫外線やウィルスなどから体を守る免疫として働く重要な存在です。

しかし活性酸素の数が増えすぎると、逆に体の細胞を傷つける害となるのです。この活性酸素による酸化(サビ)ダメージはさまざまな弊害をもたらしますが、その一つに血行の阻害があります。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket