ストレスと食欲!過食症と拒食症の食欲異常の原因を知り解消する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ストレスを感じているというのは、体の調子がおかしくなってから、気づくことが多いものです。

つい食べ過ぎてしまう、食欲がわかないというのも、ひょっとしたらストレスが原因かなと感じて、どうしたらよいのだろうと悩むことになりますよね。

ストレスによる食欲の異常には、対処方法があります。

ここでは、ストレスと食欲の関係を明らかにして、食欲異常の原因を取り除き、解消する方法を紹介します。

きちんとした知識で、早く対処することで、もう一人で悩まなくても良くなるでしょう。

目次

1.ストレスってどういうもの?
1-1.ストレスとはこれ!
1-2.ストレスが招く危険とは?
1-3.ストレスの原因って?

2.ストレスで食欲はどうなるの?
2-1.つい食べ過ぎてしまう!
2-2.どうも食べたくなくなる
2-3.ひどくなるとこんなことも!!

3.ストレスと食欲 いろんな症状って?
3-1.食欲がとまらない!
3-2.苦しいけど食べてしまう?
3-3.食欲はあるけど、食べられない?

4.ストレスと食欲 解消する方法とは?
4-1.過食症を解消するには?
4-2.食欲不振、拒食を解消しよう!
4-3.ストレスの解消方法とは?

5.これがストレスをためてしまう!
5-1.真面目すぎるのかな?
5-2.気をつかいすぎだよ!
5-3.自分を持たないと!

6.ストレスに強くなるために!
6-1.捉え方を変えてみる
6-2.食べ物が効果的?
6-3.こんなことでも強くなる!

7.ストレスと食欲のこんな疑問
7-1.年齢と関係があるの?
7-2.どれくらいの期間が必要?
7-3.お医者さんに相談しよう!

8.ストレスと食欲 まとめ
8-1.ストレスを管理する
8-2.ストレスを解消する
8-3.ストレスと食欲について知ろう!

1.ストレスってどういうもの?

1-1.ストレスとはこれ!

いまや、日常語として、ストレスという言葉が使われています。
元々は、工学や物理学などの用語で<ひずみ>という意味で使われていたそうで、なかなか的を射た表現なのかもしれません。

我々が使用するときのストレスの意味は、外部から受ける刺激ということになるようです。

それは、身体に直接作用するような物理的なものも含みます。

例えば、誰かが殴ってきたとか、ぶつかってきたというのもストレスと言えるでしょう。

電車の揺れなども、一瞬なら良いですが、あまりに長時間受けていると不快に感じることもあると思います。

これもストレスですね。

気温や、湿度なども適当でなければ、ストレスと言えます。

我々がストレスという時は、おそらく心理的な刺激、プレッシャーなどのことを指すことが多いでしょう。

この心理的な刺激が、軽度の場合は、問題ないのですが、受け止められる以上のものを感じると様々な問題を引き起こします。

1-2.ストレスが招く危険とは?

ストレスが、その人の限界値を超えてしまうと、さまざまな問題が起きてきます。

また、心に受けたストレスは、そのまま心の不安定さに反映されることもありますし、
体に影響を与えてしまうことも多々あります。

昔から、仏教用語でも<心身一如>という言葉があるように、心と体は密接に唾がっているからです。

この心と体についての関係は、掘り下げていくとなかなかに奥が深く、現在でもきちんと解明はされてはいません。

ただ、心の問題が、体の問題につながる現象としては、よく耳にします。

たとえば、ストレスが溜まりすぎて、胃潰瘍になるケースや、頭痛、吐き気、じんましん、アトピーなどを引き起こすことが知られていますね。

また、心理面においても、とても不安定な状態となり、落ち着きのない行動をとったり、暴力的になったり、倦怠感を感じ、何事にもやる気をなくしてしまったりということにもなります。

それらが、重度になると、死にもつながることになるので、ストレスへの対処というのは、とても重要なものになると言えるでしょう。

1-3.ストレスの原因って?

ストレスの原因には、さまざまなものがあります。

先に挙げた、気温や、湿度などの環境からの刺激もストレスとなりえますし、
臭いや騒音といったものもストレスになりえます、

また、あまりストレスと感じないかもしれませんが、画面に向かってゲームをする、テレビを長時間視るというのもストレスになります。

たばこや、お酒の嗜好品も、楽しんでいるつもりでも、体にはストレスになります。

また、細菌や、ウィルスが体内に入って、病気を起こすのもストレスになります。

あまり、そう感じていないものもストレスになるのですが、最も顕著にストレスを感じるのは、人間関係などの社会的な心理ストレスになるようです。

最も多いのが、会社での人間関係でのトラブル、学校間、家族間での人間関係から生じるストレスで、場合によっては、自殺の原因にもなります。

また、最近ではSNSによるストレスというのもあるそうで、人が何かにかかわっていれば、どのようなものからでもストレスを受ける可能性があるということのようです。

2.ストレスで食欲はどうなるの?

2-1.つい食べ過ぎてしまう!

ストレスが引き起こす現象として、つい食べ過ぎてしまう<過食症>があります。

これは、一度食べることを始めると、自分では止められない、吐いてまでも食べてしまうといった症状のことを言います。

人の生命は、食べることで維持されています。
つまり、人にとって、食べるという行為は、安心をもたらす行動であることになるのです。

ストレスを抱えると、不安な気持ちに陥りますが、そこから脱却するために食べるという行為に走ってしまうのだそうです。

しかも、高カロリーのものほど、安心感をもたらすので、慢性化するとストレス太りということにもなるのですね。

2-2.どうも食べたくなくなる

ストレスを受けたために、逆に食べられなくなるということがあります。

この食べられなくなるというのも、正確には、食欲不振と拒食症とに分類されます。

食欲不振は、ストレスによる過度の緊張状態が続くことにより、交感神経が働き、胃や腸などの消化器官の機能が低下してしまうためです。

また、ダイエットなどをしていて、太ることの恐怖が異常に高くなったときには、食べ物を全く受け付けない<拒食症>という状態になります。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket