ストレス過食のメカニズムとは?過食からいい加減解放される方法12選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ストレス社会の中を生き抜くためには、さまざまな解消方法が存在します。

軽度のストレスの場合、おいしいものを食べたり、ショッピングを楽しんだり、旅行、温泉などでリラックスや自己満足で解消されていくものですよね。

しかし、溜まってしまった大きなストレスは、そう簡単には解消されません。

小さい頃のコンプレックスや愛情不足から来ることが多い「摂食障害」の中で、社会に出てストレスがかかり、再発してしまう「ストレス過食」。

ついつい食べてしまう!といったレベルではなく、異常なほど食べてしまうという衝動です。

今回は、そいうった悩みで苦しまれている方に必見の情報をまとめてみました。

心の苦しみが、少しでも解消できるようになるといいですよね。

 

→目次

1.ストレスで過食してしまうメカニズムとは?
1.1間違ったダイエットで極度の栄養失調となっている
1.2脳の誤作動という事実を受け入れる
1.3依存症と悪循環で負のループを作り出している

2.ストレス過食はとっても怖い?
2.1まともな食事を罪悪感と感じてしまう
2.2うつ病になってしまうかもしれない
2.3放っておくと命の危険もある

3.ストレス過食を克服するには?
3.1ダイエット中の食事の正しい知識をつける
3.2美ボディーを目標にする
3.3健康の大切さを再認識する

4.ストレス過食の方の正しい食事のルールとは?
4.1糖分のとりすぎに注意する
4.2よく噛んで食べる
4.3低カロリーの物に執着しない

5.まとめ

 

1.ストレスで過食してしまうメカニズムとは?

ストレスとは簡単に言うと、体と心に溜まった「疲れ」です。

その疲れが小さい場合は、ちょっとしたアクションで軽減されていくものです。

しかし、日頃からストレスをためてしまう生活や性格の場合、そのストレスは軽減されていくことはなく、どんどん蓄積されてしまうケースが多々あります。

そのストレスを発散できずに、あらゆる面で爆発してしまいます。

その中で今回フューシャーする「ストレス過食」は、とっても怖いストレス障害となっています。

「摂食障害」という言葉を耳にしたことはありませんか?

その摂食障害の中で、異常な食事量を食べた後に罪悪感で食べたものをすべて吐いてしまう「過食嘔吐」、食べたものを吐くことはしませんが、異常なほど食べ過ぎてしまう「過食症」、太ることが怖くて食事が全く取れなくなる「拒食症」といった障害が存在します。

現代の方で、こういった症状で悩まれている方は、決して少なくはありません。

その「摂食障害」の中で、今回は「ストレス過食」のメカニズムを知って、その原因を根本から改善していきましょう!

1.1間違ったダイエットで極度の栄養失調となっている

思春期を迎える頃、ホルモンの関係で一時的に体重が増えることがあります。

また、顔にニキビができたり、体がむくんだり、イライラしたりと不安定な時期を迎えます。

そんな時に、心の中では羞恥心が芽生え、体や心の変化に極度のストレスを感じてしまう方がいます。

そういった感受性の強い方は、体の成長がある中で「痩せたい!」「美しくなりたい!」といった目標を持って、ストイックで辛いダイエットをしてしまうことがあります。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket