黒ニキビは治りにくい!?正しいケア6つで地道に治す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

肌あれピンチに7日間の救世主!

定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
dプログラムはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。
→詳しくはこちら
90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
実際に90%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

お顔にプツッとできた黒~いぶつぶつ…。実はそれ、白ニキビが発達してできてしまった「黒ニキビ」かもしれません!

黒ニキビは、よくよく見るといかにも毛穴につまってます!というシグナルを出していることがよくわかります。その黒ニキビって、赤ニキビなどと同じように目立ってしまうんですよね…。

目立ってしまうからと自分の爪などで押し出していませんか?それは、かえって毛穴を広げてしまい、また黒ニキビを作ってしまう原因になってしまうのです。

でも、そうでもしないと気になるし、全く治る気配がなくならない黒ニキビ…。ずっとお付き合いしていくのは、誰だっていやなはずです。

この記事では、黒ニキビを治すための方法を6つご紹介しています!お医者様の手を借りる方法もありますが、今日この瞬間からアナタ自身がとりくめるケア方法もあるのです。

毎日の地道な積み重ねが黒ニキビを撃退し、キレイな毛穴にしていってくれます。あなたもキレイな毛穴に元に戻しませんか?

目次

1. 黒ニキビは角栓が酸化したもの
1-1. 白ニキビの次が黒ニキビ
1-2. 毛穴につまりすぎて押し出された
1-3. 間違ったケアではニキビ跡にも
1-4. 黒ニキビに似ている粉瘤かも?

2. 黒ニキビをキレイにするケア方法7つ
2-1. 正しい洗顔をおこなう
2-2. 洗顔後はたっぷり保湿する
2-3. 肌のターンオーバー&ホルモンバランスを整える
2-4. ストレスをためない
2-5. 肌をやさしく扱う
2-6. お医者さんへ行って治療する

3. 黒ニキビに絶対NGなこと!
3-1. コメドプッシャーや毛抜きで角栓をだす
3-2. 毛穴パックは気持ちいいけれど…
3-3. 爪で押し出す
3-4. 要注意!話題のレモン塩スクラブ

4. まとめ

1. 黒ニキビは角栓が酸化したもの

あなたのお顔には、黒ニキビできていませんか?黒ニキビはよくよく見ると、私たちの見えるところは真っ黒いのに、その下にも根を張っていることがわかるはずです。

黒ニキビは、私たちの毛穴につまった角栓が毛穴内におさまることができなくなってしまい、空気に触れるところまで頭を出してしまった状態になります。

そして、空気に増えてしまう毛穴の角栓は、酸素と結びつくことによって酸化し、真っ黒く変化してしまうのです。

出典 | 大人ニキビくんさよなら 

あなたが今、みている黒ニキビははじめから黒ニキビですね。しかし、数日前には他の毛穴の角栓と同じような肌色やしろっぽい色をしていたのです。

では、もっと詳しく黒ニキビについて学んでいきましょう!

敵をやっつけるには、敵をよく知る方が戦略をたてやすいですよね♪

1-1. 白ニキビの次が黒ニキビ

あなたは、ニキビには発達段階があることを知っていますか?

出典 | みんなの水素水 

ニキビのメカニズムとして、まずは肌からめくられず居座ってしまった古い角質に過剰に分泌された皮脂がまざることで角栓ができるところからスタートします。

そのような角栓が毛穴のなかに出来てしまうのは「白ニキビ」の段階なのです。

白ニキビの段階で作られた角栓が、毛穴の中におさまりきらないまでに増えてしまうことがあります。しっかり洗顔ができていなかったり、ターンオーバーが乱れていたり、乾燥によるものです。

そうすると、毛穴の中からひょこっと角栓が空気に触れるところに顔をだしてしまうのです。


そして、空気中にとんでいる酸素がその角栓にくっつき酸化します。そして黒ニキビが誕生してしまうのです。

ニキビといえば、痛くて赤くてもうどうしようもないヒドイ状態をイメージしている方が多いのではないでしょうか?

そのような炎症ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビというのは、白ニキビや黒ニキビにある角栓にアクネ菌がすみつき、炎症が起こってしまっているものになります。

ですから、黒ニキビだけでなくほかのニキビを改善するには、白ニキビを作らない=角栓を作らないようなお肌づくりをしていく必要があるのです。

だって、白ニキビさえできなければ、黒ニキビもできないですよね?

1-2. 毛穴につまりすぎて押し出された

何度もお伝えしていますが、毛穴の中につくられた角栓は毛穴の中だけではおさまらないほどに成長してしまうことがあります。

その要因は様々ですが、そうなってしまっては毛穴の中から出て行くしかありません。

出典 | アラサーOLの気になるブログ 

毛穴からひょこっと顔を出すしかないのです。このような角栓が少し顔をだしている状態というのは、メイクノリを悪くしますね。

それに頑固な角栓であればあるほどに、その角栓は取りにくいので見た目もとても悪くなってしまうのです。

毛穴の中にたっぷり角栓がつまっていることを考えるととてもオソロシイですよね。

場合によっては、その角栓のふくらみが修復不可能といわれている真皮層までおよんでしまうこともあるのですから。

1-3. 間違ったケアではニキビ跡にも

黒ニキビに関わらず、角栓が毛穴からヒョコっと顔をだしていると取り除きたくなってしまいますよね。

毛抜きでぬいてしまったり、爪で押し出すように出してしまう方もいるのではないでしょうか?しかし、そのような誤った方法で角栓へアプローチしているとニキビ跡になりかねません。

むりやりに毛穴から角栓を出すというのは、あなたが思っている以上にお肌に負担がある状態なのです。

ましてやニキビができているお肌というのは、お肌のバリア機能が下がっている状態でもありますから、そのような負担に対応できない状態かもしれないのです。

そんな状態でむりやりに毛穴の角栓をとりのぞこうとすると、シミの原因になるメラニンを生成することにもつながります。

黒ニキビが解消されても、そのあとにニキビ跡で悩むなんていやですよね?

1-4. 黒ニキビに似ている粉瘤かも?

黒ニキビだと思ってケアしようと検討している方の中に、黒ニキビとよく似ている粉瘤(ふんりゅう)と間違えてしまっている方がいます。

黒ニキビは、まだアクネ菌がすみついておらず、炎症が起きていないために痛くないニキビです。

しかし、黒ニキビなのい痛みを感じる!という方は、そのニキビらしきものは黒ニキビではないかもしれません。

粉瘤(ふんりゅう)は、お肌の深いところにある真皮層に垢がたまってしまう皮膚病です。黒ニキビと異なるのは、痛みがあるところでしょう。

ニキビの毛穴のように出口があるものもあれば、ないものもあるのです。そのため、これが悪化してしまうとまるで皮膚の中にしこりができているような感覚になる方もいるかもしれませんね。

別名アテローマ、アテロームともよばれていますよ。

この粉瘤は、黒ニキビとちがい自分で治療することはできません。もしも、粉瘤の疑いが少しでもあるならば信用できる皮膚科医へ行き、相談してみましょう。

皮膚をきり、皮膚の中にうまっている垢をキレイに取り除いてくれますよ♪もちろん、麻酔を使うので痛みも気にすることはありません。

<< 次のページへ続きます >>

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感できたとして話題になっているのは オルビスのニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
正直、これが最強です。
→詳しくはこちら

98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。