ニキビに最適な治療とは?ニキビ治療のすべてとその費用まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

20~30代の大人ニキビ

ニキビが顔にできると憂鬱極まりないですよね。できるものなら早く治療してしまいたい!そんな人のために、ニキビの治療方法や、治療薬などをまとめました!

病院でニキビ跡を消すのにはどれくらい費用がかかるのか…など、ニキビ治療にかんするあれこれの情報を網羅してお伝えします。もうニキビに悩まない!そんな素敵な生活を送れるよう、ニキビの治療について学んでいきましょう!

目次

1. ニキビの治療法
1-1. 病院で行う治療法
1-2. 家庭で行う治療法

2. 治療薬の種類と副作用

3. ニキビ治療にかかる費用

4. 美容レーザーの比較と費用
4-1. アクネライト
4-2. イントラセル
4-3. フラクショナルCO2

5. まとめ

1. ニキビの治療法

お鼻の黒ずみが気になる貴方に

ニキビはそもそも、なんなのか…それは「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれ、立派な皮膚の疾患なのです。皆さん病気を治すためには医者にかかりますよね?それと同じように、ニキビも十分病院で治療してもらっていい代物なのです。

まだまだニキビは自分で適当に対処するという人が多く、そういった多くの人がニキビに悩まされ、またニキビ跡に悩まされているのです。そういう人が増えないためにもニキビへの正しい知識と情報を入手しましょう。

ここでは病院で行う治療法と、治療とまではいいませんが家庭で行えるニキビへの対処方法をお伝えしていきたいと思います。

1-1. 病院で行う治療法

先にも書きましたが、ニキビは尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)という疾患です。病院で治療すれば治るものが多いですので、ひどくなってしまう前に受診することをおすすめします。ニキビができる原因としては、「睡眠不足」「ストレス」「不規則な食生活」などが影響します。

それらを根本から改善していかなければ、ニキビは繰り返してしまいますが、とりあえず現状あるものをなくしたい!そう思う人のために、ニキビ治療をご紹介します。

 抗菌薬(保険適用)

内服薬と外用薬があり、症状に応じて病院で処方されます。炎症したニキビには効果がありますが、白ニキビには効かないこともありますので、適切な処方を受けてから使用しましょう。

よく用いられるのが、内服薬であればビブラマイシン、ミノマイシン、ファロムなどが使われます、それぞれ効能は同じようなものですが、副作用があったり、患者の状態によって使い分けます。薬の副作用や詳しい薬の説明は跡の項目で説明していますのでそちらを見てくださいね。

外用薬であればデュアック配合ゲルなどが使われますが、こちらもまた使用できない人がいます。

また、抗生物質だけではニキビは治りませんので、長期使用は向いていません。あくまでも炎症を抑える要素として使用するのがいいのでしょう。

 外用レチノイド(保険適用)

毛穴のつまりを取り除く薬で、一般名はアダパレンと呼ばれ、世界中でニキビ治療の標準薬として使用されています。日本では認可が遅く、ようやく2008年より取り入れられ、それまで抗菌剤がメインだった日本のニキビ治療に革新をもたらしました。

抗菌剤と違い、ニキビの初期の頃の白ニキビや黒ニキビにも効き、塗り続けていくことで新しくニキビが発症するのを抑えます。ただ、革新をもたらしたとはいえ、万能薬というわけではありません。こちらの薬も副作用がありますので、しっかり医師の指導のもと用法用量を守って使用しましょう。

 面ぽう圧出(保険適用)

ニキビは潰してはいけないと、いまでは多くの人が知っていることではあると思いますが、医師が専用の器具を使ってニキビを潰し膿を出してくれるのが、この面ぽう圧出です。こちらは炎症の起こる前の白ニキビの段階で処置してもらうことで、炎症することなくニキビの治りが早くなります。

面ぽう圧出の手順としては、患部の消毒→ニキビの先端に専用の器具、針で穴をあける→面皰圧出器と呼ばれる器具で毛穴の中身を押し出す…

という工程です。針などでニキビに穴をあけることによって、傷を最小限で済ませることができ、自分で潰してしまった時とは格段にニキビ跡ができにくくなります。

 イオウ製剤(保険適用)

イオウ製剤と言われると少しわかりにくいですが、ニキビで悩む人なら一度は使ったことがあるだろう、クレアラシルやビフナイトなどにも含まれています。重篤な副作用が起こりずらく、安価であるため市販薬としても販売しやすく、手に入りやすいのが嬉しいところですね。

ただ、イオウ製剤は残念ながら大人ニキビには効果が薄いようです。というのもイオウの持つ性質として塗布した肌を乾燥させるというものがあります。

それが思春期ニキビであればうまく皮脂をコントロールしてくれるのですが、大人ニキビとなるとそうもいかず、乾燥してしまったことにより肌を守ろうと皮脂を過剰分泌し、皮脂がたまりやすくなってしまうことから大人ニキビを悪化させる原因となりかねません。

 ケミカルピーリング

上記3つは保険適用されますが、ケミカルピーリングは保険が適用されないので要注意です。ケミカルピーリングとは皮膚の表面に酸性の薬剤を塗布し、古くなった角質などを溶かして除去する治療法です。

使用する患者の肌状態によって薬剤や塗布時間を決めますが、効果がでてなおかつ肌にも問題ない時間というのが見極めが難しく、経験豊富な医師に施述してもらわなければ効果が見込めないこともあります。

エステサロンでもピーリングがありますが、そちらは治療を目的としておらず、むしろ治療行為は禁止されているためニキビの治療にもなります!というようなエステサロンには気をつけてくださいね。


重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。