ニキビの場所で体調不良がわかる!部位ごとの原因一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

昔から肌のニキビと共存してきた私たち人間ですが、部位によって体調不良がわかると伝えられてきました。顔の決まった部分に繰り返しニキビができる人はもしかしたら、どこか体に不調があるのかもしれませんね。青春のシンボルと呼ばれたニキビも、20代以降は健康のバロメーターと言えます!

 

顔の部位によって『内臓が弱っているのかも』、他にも『運動不足』だの『お酒の飲みすぎ』などなど。大人ニキビは、頬にできることが多いイメージですが、TゾーンやUゾーンの関係を理解すればニキビのできる場所で原因をすぐ判断できるでしょう!今回は、体調とニキビの関係を解説します!

 

目次

1.ニキビのできる原因は様々あり!まずは基本を知ろう

2.東洋医学は人間観察の医学であった!漢方中心?
2-1.西洋医学は外科中心の医学が主流!
2-2.体の代謝を高めさせることで内側からケアしていた?
2-3.漢方医学でのニキビの認識は?

3.ニキビの発生する部位で原因を理解しよう!
3-1.おでこのニキビはホルモンバランスの乱れが原因
3-2.鼻のニキビは食生活が悪いせいかも?
3-3.頬にできるニキビは胃腸の調子が悪い時が多い!
3-4.口周りも栄養の偏りが考えられるでしょう
3-5.大人ニキビに多いあごニキビは注意しよう!
3-6.背中は肺の調子が悪い?

4.食事内容がどのニキビにも言えるんです!
4-1.ホルモンを安定させないと体調は悪いままかも?
4-2.ニキビの色でも体調不良がわかる!
4-3.ターンオーバーを整えることを意識しよう!
4-4.いつもよりもスキンケアを丁寧にしておく!体調は肌に出る!

5.まとめ

1.ニキビのできる原因は様々あり!まずは基本を知ろう

ニキビのできる原因は、ホルモンバランスの乱れ、内臓機能低下、内臓障害などの内面的なもの、ストレス過多などの精神面からできやすくなると言われています。内臓の疲れや栄養バランスの悪さによって、余分な栄養分や分解・解毒できなかった毒素が、ニキビとしてあらわれるわけです。ですが、古来より、東洋医学と西洋医学の感覚の違いにより、ケアの仕方が異なっていたという歴史があります。医療が進歩する前にはどういった系譜があったのでしょうか?下記では細かく見ていきましょう。

 

2.東洋医学は人間観察の医学であった!漢方中心?

「東洋医学は人間観察の医学であった!漢方中心?」の画像検索結果

出典 | umeru-media.jp 

古代人は解剖をしても、病気の原因が分からなかったため科学が発展しておらず、細部を観察する道具が無かったからだったと言えます。人間を観察することに徹してきました。そこで気が遠くなるような年月をかけ、発達してきたのが東洋医学です。特にツボや鍼は観察の結果の賜物であり、漢方薬は様々な症状に試され淘汰された結果、決まっていたのではないでしょうか。日本で言われている、東洋医学は主に漢方を指している言葉です。漢方は中国から伝わってきた医学が日本独自に発展してきた医学で中国古来の医学とは少し異なります。

 

漢方薬はもちろん、整体、鍼灸、気功、薬膳などを全て東洋医学と考えて下さい。東洋医学は独特な理論の上で成り立っています。また、西洋医学ではない考え方で少し宗教的にも思えてくる人もいるかもしれません。人の体は「気・血・水」で構成されているとされています。気は精神的な気と生命のエネルギーとしての気の意味があります。血は西洋医学の血のイメージと大きな違いはありません。体に必要な栄養を運搬、いらないものを排出するものです。水は体内の全ての水分で鼻水や汗も含まれます。これらの均衡が崩れると体の調子が悪くなり病気になると考えられています。

2-1.西洋医学は外科中心の医学が主流!

「西洋医学は外科中心の医学が主流!」の画像検索結果

出典 | ひとりのセラピストのひとりごと 

西洋医学は300~400年の歴史があり、日本では約100年間、解剖から出発し現在は遺伝子まで追求しています。戦争、感染症の流行が起こるたびに医療は進歩していきました。解剖による研究で、外傷や感染症を治す医療であるため、外からの原因には強く人間の内側から起こってくるものには弱いです。西洋医学は外傷・外科手術に強いのに対し、漢方・鍼灸は人間の内部環境を整えるのに強いです。わかりやすく言ってしまえば今の日本の医学です。科学をもとにした薬や注射、点滴、レントゲン、放射線、外科手術などのことです。

 

江戸時代に入ってきた「蘭学」からが始まりでした。その前の日本は漢方薬などの東洋医学が主な医学でした。しかし開国後はそういった蘭学におされ、医学が衰退の一途をたどってしましい、現代のように漢方などの東洋医学は影のようになってしまいました。しかし、西洋医学の持ち前の科学というものは日本でも進化を続け、今日までに様々な薬や治療法を生み出してきました。感染症や大きな骨折、内蔵の病気などは今の医学がなければ助からなかった人も多いでしょう。

2-2.体の代謝を高めさせることで内側からケアしていた?

「体の代謝を高めさせることで内側からケアしていた?」の画像検索結果

出典 | あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm 

東洋医学は2000~3000年前より人類の健康のために発達してきました。材料は草根木皮、自然淘汰されて残った『効果のあるもの』だけが、今も使われ効果を出します。人の身体は2000年前とそう変わっていないということです。西洋で対応できないものにも、うまく対応できるものが多数あり、治療の幅が広い点で症状によって優れた効果を示します。 東洋医学の歴史と効果について、『気』のめぐりをよくするのが中心的な考えでした。『冷え』にも対応し、『お血』(微小循環障害)を治すことも。西洋医学には『気』『冷え』『お血』の概念がなく治療方法もないからでした。


重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。