内臓脂肪を減らす為に効果的な運動やサプリまたおすすめのレシピ等についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

内臓脂肪が減らない事でお悩みの中高年男性が多いと思いますが、その原因についてご存知でしょうか?

今回は、そんなメタボや生活習慣病が原因で内臓脂肪が大きくたまり、ぽっこりお腹の方の為にその原因と対策また、おすすめのレシピやサプリメントについてまとめました。是非ともお悩みの方は、ご一読ください。

目次一覧

⒈内臓脂肪の減らす方法について
⒈1そもそも内臓脂肪とは何?
⒈2内臓脂肪とメタボ、生活習慣病について
⒈3内臓脂肪の落とし方
⒉内臓脂肪を減らす食べ物と飲み物は?
⒉1内臓脂肪を減らす食べ物について
⒉2内臓脂肪を減らす飲み物について
⒊内臓脂肪を効果的に落とす方法
⒊1内臓脂肪を落とすには?
⒊2内臓脂肪を落とす効果のある運動
⒋運動で内臓脂肪を落とす方法
⒋1おすすめ!スロートレーニング!
⒋2筋トレを行う目的
⒌内臓脂肪の危険性について
⒌1内臓脂肪型肥満の原因
⒌2アディポカサインの機能低下
⒌3アディポネクチンの減少
⒍内臓脂肪を減らすための食事のコツとは?
⒍1オメガ3系の油を摂る
⒍2炭水化物は冷やして食べる
⒍3腹八分目にする
⒎内臓脂肪を減らすにはヨーグルトが効果的
⒎1メタボに効くヨーグルトの選び方
⒎2ヨーグルトが内臓脂肪に良い理由
⒎3ヨーグルトと相性がいいもの
⒏まとめ

⒈内臓脂肪の減らす方法について

⒈1そもそも内臓脂肪とは何?

内臓脂肪という言葉を聞いたことがありますか?

体につく脂肪と言えば、皮下脂肪のことを思い出すでしょうが、それ以外に内臓脂肪があります。皮下脂肪とは皮膚の下につく脂肪で、女性に多く、洋ナシ型をしています。内臓脂肪は臓器の周りにつく脂肪で、男性に多く、りんご型をしています。今回の話題は皮下脂肪ではなく内臓脂肪です。

内臓脂肪がつくと外見はお腹が出るという特徴があります。中年になると誰でもお腹がポッコリ出てくるじゃないかとおもうかもしれませんが、実は当然なことではないんです。なぜ、「お腹が出ている」=「危険な健康状態」なのかと言えば、この内臓脂肪が病気の原因になっているからなんです。

⒈2内臓脂肪とメタボ、生活習慣病について

「メタボ」って聞いたことがありますか。メタボリック症候群の略ですが、このメタボリック症候群は内臓脂肪型肥満(内臓脂肪の蓄積)の上に高血糖・高血圧・脂質異常のうち2つ以上が集積した状態であることを言うのです。また、生活習慣病という言葉を聞かれたことがあると思います。

生活習慣病は、糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称です。メタボと診断されると将来、動脈硬化になってしまい、最後には脳梗塞や心筋梗塞になってしまうという可能性が高まります。

つまり、肥満の状態が続くと生活習慣病にかかりやすくなり、それが死因になるということです。ですから、そのような病気を予防するためにも内臓脂肪を落とすことが必要になってきます。

メタボの基準は労働厚生省の基準では、ウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)が男性85cm女性90cmを超え、高血圧・高血糖・脂質代謝異常の3つのうち2つに当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

ご自分のウエストをメジャーで計ってみてはいかがでしょうか。ウエストが男性で85cm、女性で90cm以上ある人は内臓脂肪を落として健康な体を取り戻しましょう。

⒈3内臓脂肪の落とし方

実際に内臓脂肪の落とし方を学ぶ前に、立ってみてください。お腹をぐっと突き出してみてください。ポコッとお腹が出てくるでしょう。今度は反対にすっと背筋を伸ばしてみてください。少しお腹がへっこむのではないかと思います。その状態からさらにお腹を引っ込めてください。お腹が引っ込みますよね。

でも、その状態では息ができないので、また緩んでしまいます。このお腹を無理やり引っ込めた状態が続けばお腹が引っ込むのです。この状態になりましょう。そのためには内臓脂肪を落とし、腹筋の力を高める必要があるのです。まずは、簡単な運動と食事による方法で内蔵の周りについてしまった脂肪を落としていきましょう。

①運動による内臓脂肪の落とし方

運動には筋肉トレーニングのような短時間で体力を消耗する無酸素運動とウオーキングやジョギングといった長時間運動する有酸素運動があります。内臓脂肪を落とすのに役立つのは無酸素運動の筋トレではなく、長時間運動する有酸素運動になります。長時間と言ってもマラソン選手のようにずっと走るわけではなく、30分間くらいの運動があれば十分です。

②内臓脂肪を落とす食事

内臓脂肪がたまってしまってそれを消耗するのが運動ですが、それをためないようにする食事も必要です。内臓脂肪がたまる人の食事の内容はとんかつや唐揚げといった脂っこいものや、甘いケーキ、ビールなどの飲酒が好きな人が多いです。食生活の改善なしには内臓脂肪を落とすことは出来ません。

⒉内臓脂肪を減らす食べ物と飲み物は?

⒉1内臓脂肪を減らす食べ物について

ここでは、内臓脂肪を減らす代表的な食べ物を5つご紹介いたします。

①キャベツ

キャベツといえば「食物繊維」です。食物繊維には、一緒に食事したものの脂肪を吸着して体の外へ排出させるため、内臓脂肪をたまりにくくする効果があるんです。また、キャベツの食物繊維は「不溶性食物繊維」ですので、体の中に入ると胃や腸で水分を吸収して何倍にも膨れ上がって、満腹感を感じやすくなります。

満腹感を感じやすくなれば、自然と食事量が減るので、食事による摂取カロリーが少なくなります。このようにキャベツで食物繊維を摂れば、脂肪をたまりにくくして摂取カロリーが抑えられるため、内臓脂肪を減らすのに効果的なんですね。しかもキャベツは23kcal(100g)と低カロリー。スーパーなどに行けばすぐに購入でき、千切りなどにすれば簡単に食べることができます。

食物繊維を豊富に含む食材はキャベツ以外に
ごぼう
大根の葉
ほうれん草
などありますけど、キャベツの方がお手軽感がありますでオススメです。

②青魚


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket