内臓脂肪はカンタンに落とせる!内臓脂肪の仕組みを知って健康に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

気づかないうちに、内臓脂肪の数値が上がってしまっている・・
と最近思ったことはありませんか?
食事にも気をつけているはずなのに!という方は多いと思います。

今回は、そんな内臓脂肪を減らすカンタンな方法を伝授しちゃいます!
内臓脂肪のことをしって、健康な体にしちゃいましょう!

【目次】
1. 内臓脂肪とは
1.1 なぜ内臓脂肪は怖いのか
1.2 内臓脂肪はどこにつくのか
1.3 内臓脂肪と中性脂肪の違い

2. 内臓脂肪を減らすには
2.1 日々の食事を見直す
2.2 お酒の摂取を控える
2.3 適度な運動をする

3. 内臓脂肪に効果的な食べ物とは
3.1 食物繊維が豊富!【キャベツ】
3.2 脂肪燃焼にも!【青魚】
3.3 実は効果的!【豚肉】

4. 内臓脂肪に効果的なサプリメント3選
4.1 特保ドリンク!【ニッスイのイマークS】
4.2 コストパフォーマンス◎!【さくらの森のきなり】
4.3 リピート率78%!【花菜の三黒の美酢】

5. まとめ

 

 

 

1. 内臓脂肪とは

よく耳にする「内臓脂肪」ですが、一体何なのでしょうか?
どこにつくの?なんで怖いの?はじめに、そんな疑問を解消していきます!

 

 

1.1 なぜ内臓脂肪は怖いのか

「内臓脂肪型肥満」という言葉があるように、内臓脂肪は怖いと言われています。
では、なぜ内臓脂肪は怖いのでしょうか?

内臓脂肪は、とても活発な脂肪で分解・合成を繰り返しています。
そして、分解された内臓脂肪肝臓に流れ込むと、
多量の中性脂肪に再合成されてしまうのです。

中性脂肪が増えると、悪玉コレステロールが増え、
血管がもろくなり、また硬くなっていくので、
そのまま放っておくと【動脈硬化】が進行していきます。

また、私たちが普段から摂取している三大栄養素
【脂質・炭水化物・タンパク質】すべての成分が
肝臓で中性脂肪と結びつくんです。

なので、食事を見直そう!という声が
たくさん上がっているんですね。

 

 

1.2 内臓脂肪はどこにつくのか

内臓脂肪がお腹の辺りに溜まっている・・という漠然としたことは
なんとなくわかるかもしれませんが、実際どこに溜まりやすいのでしょうか?

内臓脂肪が最初に溜まりだすのが【腸間膜】というところです。
【腸間膜】は空洞になっていて、その隙間は脂肪が溜まりやすくなっています。

そして、【腸間膜】がびっしり詰まったら、
肝臓や膵臓、臓器と臓器の間、血管の周りなどにどんどん蓄積していきます。

皮下脂肪とは違い、外からつまむことはできませんので、
目安として、ウエストが【男性なら85㎝以上】・【女性なら90㎝以上】
の方は、内臓脂肪の危険性が高いです。

 

 

1.3 内臓脂肪と中性脂肪の違い

同じ「脂肪」ではありますが、どんな違いがあるのでしょうか?

【中性脂肪」はいわゆる贅肉といわれるものです。
お腹周りについたブヨブヨした脂肪のことを言います。

この中性脂肪は、食事の過剰摂取や運動不足、お酒の過剰摂取により
余った脂肪が蓄えられている状態になります。

中性脂肪は「万が一」の時のために蓄えられている脂肪なので
なかなか落とすことが難しいです。
食事制限・適度な運動を続けることが必要になります。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket