コルセットダイエットの正しい方法とその効果また評価・評判等についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コルセットダイエットについてご存知でしょうか?
西洋でその昔使われていたコルセットですが、今現在そのコルセットでのダイエットが注目されています。コルセットでダイエットなんて出来ないでしょう。と思われますがそのようなことはありません。

今回は、そんなコルセットダイエットの効果や正しい方法また、その口コミ等についてまとめています。

目次一覧

⒈コルセットダイエットとは?
⒈1そもそもコルセットとは?
⒈2コルセットダイエットについて
⒉コルセットダイエットの効果について
⒉1細く見える効果
⒉2食事の量が減る
⒉3姿勢矯正
⒉4汗をかく
⒊コルセットダイエットの正しい方法
⒊1コスセットの選び方
⒊2コルセットの着用方法
⒊3着用時間
⒋コルセットダイエットの正しい巻き方について
⒋1骨盤ベルトを巻くための正しい予備知識
⒋2骨盤ベルトの正しい巻き方
⒋3骨盤ベルトの正しい巻き方ができた場合
⒌コルセットダイエットに関する口コミ
⒌1コルセットダイエットに関する口コミ(良い口コミ)
⒌2コルセットダイエットに関する口コミ(悪い口コミ)
⒌3コルセットダイエットの注意点
⒍コルセットダイエットと時間の関係
⒍1コルセットダイエットのデメリット
⒍2寝る時はどうするの?
⒎コルセットダイエット!つけ方について
⒎1コルセットダイエット!つけ方
⒎2コルセットダイエットの評判・評価とは?
⒎3コルセットダイエットを実践している芸能人は?
⒏まとめ

⒈コルセットダイエットとは?

⒈1そもそもコルセットとは?

特に 19世紀以降胸部から腰部にかけて体型を補正し,胴回りを細くみせるために主として女性に用いられた基礎下着の1つです。くじらひげなどを入れ,組ひもできつく締めて着用し,短期間ではあるが男性も用いました。時代によって名称や形は異なるものの,人工的に腰部を細くみせる風俗は古代より行われており,エーゲ文明の絵画や彫刻にもみることができます。

16世紀フランスではスペイン宮廷モードの影響を受け細い胴を強調したスタイルが好まれ,木や象牙などを入れて成形したバスキーヌ basquineが用いられ,のち刺し子状に縫って形づくったコール・ピケ corps piquéや 18世紀には何本ものくじらひげを縫込んだコール・バレネ corps baleinéなどが用いられていました。

現在は弾性繊維でつくられ伸縮性に富むガードルが主流であり,極端に胴を細くすることはあまり行われていません。

⒈2コルセットダイエットについて

中世のヨーロッパで大流行したボディーラインを整える下着であるコルセットをダイエットに生かす方法がコルセットダイエットです。昔と違って強く締め付けるわけではなく、自分のウエストよりも少しだけ細い、苦しくない程度のコルセットを着用します。コルセットをつけて生活することで、くびれが手に入るほかダイエット効果も期待できます。

⒉コルセットダイエットの効果について

⒉1細く見える効果

見た目が細く見えるだけでなく、食事量が減ったり、姿勢が矯正されたり、汗をかくことによるダイエット効果も期待できるので詳しくみていきましょう。

⒉2食事の量が減る

コルセットを付けた瞬間から現れる、体を締め付けることによる見た目の痩身効果があります。ウエストがきゅっと引き締まることでくびれが強調され、体がスリムに見えます。

⒉3姿勢矯正

お腹が締め付けられているので、食べ物をたくさん食べなくても満腹だと感じやすくなり、食べ過ぎを抑えられます。腹8分目以下の量を食べただけで満足して食事を終えることができるため、食事量が減り自然と摂取カロリーが少なくなります。

⒉4汗をかく

アンダーシャツとコルセットによっていつもより厚着になるため、汗をかきます。また、血液やリンパの流れが良くなることで発汗作用にも繋がります。汗によるデトックス効果や、お肌がつるつるになる効果も見込めます。

⒊コルセットダイエットの正しい方法

⒊1コスセットの選び方

ダイエット目的でコルセットを選ぶ場合、しっかりと固定できるように、前面で留める金具付きのもの、8本以上のボーンが入ったもの、この2点を目安に選ぶようにしましょう。近年では、店舗でも購入できるようになっていますが、より種類やデザインを見るなら、通販の方が良さそうです。口コミなども参考にして、自分の体型に合ったものを探してみましょう。

ただし、実際に着用してみないと、なかなかサイズや締まり具合は分かりませんから、返品・交換ができるネットショップでの購入をオススメいたします。

⒊2コルセットの着用方法

身体にピッタリとフィットするキャミソールなどを着てから、コルセットを着けるようにしましょう。(肌の上に直接コルセットを着けるのはNGです。)
これは、肌の上から直接着けると、血流阻害になりやすく、血行不良になることが懸念されるためです。

【着用の方法の順序】

①コルセットは、最初に、背中にある編み紐を最大限に引っ張って緩めておきます。
②次に、前面の金具をひとつずつ留めましょう。
③金具を留めたら、身体の中心にコルセットの中心がくるように、位置を合わせます。
④そして、背中にある編み紐を締めていきます。
⑤ウエストループを左右に引っ張りながら、一段ずつしっかりと締めるようにしましょう。

⒊3着用時間

コルセットの着用時間ですが、ダイエット目的の場合は、1日3〜6時間程度が適切だそうです。つけ始めは、苦しかったり窮屈感があって慣れないと思いますので、少しずつ時間を延ばしていきましょう。ある程度慣れてきたら、体調をみながらで良いので、姿勢矯正のためにも6時間は着用するようにしてください。

また、コルセットを着けた状態で軽い運動をすると、ダイエット効果が高まりますし、上記で挙げたような食べ過ぎ防止の効果を得るためにも、食事中の着用もオススメいたします。着用時、コルセットに緩みが出てきた場合には、再度締め直してください。

⒋コルセットダイエットの正しい巻き方について

⒋1骨盤ベルトを巻くための正しい予備知識

多くの方は骨盤ベルトを巻く時にとにかくずれないようにしっかりときつく巻くというイメージを持っていないでしょうか。また、きつく巻けば巻くほど骨盤の矯正が早く進み1日でも早く広がった骨盤を元にもどし理想的な体型を手にすることができると勘違いされている人も中にはいらっしゃいます。

結論から言うと骨盤ベルトはきつく縛れば良いというものでもなく、ましてやきつく縛ると早く骨盤が矯正されるというわけでもありません。骨盤ベルトを強く締め過ぎてしまうとおなかが圧迫されることで血液の流れが滞ることもあります。内出血を起こしたり、血行不良や腹痛や腰痛などの症状にも襲われる場合があります。

これらのことからいかに正しい位置に骨盤ベルトを巻き、正しい適度な力強さで骨盤ベルトを巻くべきかということの大切さがわかるわけです。皆さんは一般的に立った状態で骨盤ベルトを巻いてはいないでしょうか。実は、それ間違いなのです。骨盤が広がっている状態で立ったままベルトを締めると広がった骨盤の中に臓器が入り込んでいるため、その上から骨盤ベルトで矯正しても臓器が邪魔をしてしまいます。

⒋2骨盤ベルトの正しい巻き方

骨盤ベルトを巻く場合はまずはおすすめなのが寝転がった状態から巻くということです。寝転がっている状態ですと臓器が骨盤の中に落ち込むことがありません。寝転がった状態で両膝を立てて、仰向けに寝転がってください。そして、先に骨盤ベルトを適度な大きさに輪っかを作り足の方からくぐらせてお腹の方へと近づけていきます。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket