ケトン体ダイエットの効果や打ち込みまた副作用等についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケトン体ダイエットを皆さんはご存知でしょうか?

最近流行りのこのダイエット法はあのメジャリーガーのダルビッシュ有選手も実践していたとされるダイエット法の一つです。そこで今回は、ケトン体ダイエットの効果と口コミまた正しい方法やメリット・デメリットについてまとめました。これから、ダイエットに取り組まれる方には、必見の内容となっております。

目次一覧

⒈ケトン体ダイエットとは?
⒈1ケトン体ダイエットについて
⒈2ケトン体ダイエットのメリットについて
⒈3ケトン体ダイエットのデメリットについて
⒉ケトン体ダイエットの効果とは?
⒉1脂肪燃焼効果
⒉2食欲抑制効果
⒉3アンチエイジング効果
⒉4スタミナ向上
⒊ケトン体ダイエットのやり方
⒊1ケトン体ダイエットの方法について
⒋ケトン体ダイエットの落とし穴とは?
⒋1ケトン体ダイエットの注意点について
⒋2ケトン体ダイエットの落とし穴
⒌ケトン体ダイエットにはココナッツオイル?
⒌1どれほどの効果があるのか?
⒌2メニューは?
⒌3体臭がきつくなることもある?
⒍ケトン体ダイエットの副作用について
⒍1ケトン体ダイエットの危険すぎる副作用
⒎ケトン体ダイエットの食事方法
⒎1ケトン体ダイエットで食べて良い食品
⒏ケトン体ダイエットとカロリー制限との違いとは?
⒏1カロリー理論のおさらい
⒏2糖質制限が太らない仕組み
⒏3糖質制限(ケトン体ダイエット)で痩せられる仕組み
⒐まとめ

⒈ケトン体ダイエットとは?

⒈1ケトン体ダイエットについて

別名アトキンス式ダイエットとも呼ばれるこのダイエット法。ダイエット開始から2週間ほどの間、炭水化物の摂取量を極端に減らすことで血糖値及びインスリンをコントロールし、体脂肪が消費されやすい体質を作るというもの。そして開始2週間後、体調や体重の増減などを確認しつつ、少しずつ炭水化物の摂取量を増やしていきます。

極端な炭水化物制限を行うのは最初の2週間のみで、その後は体調や体重の経過を見ながら、徐々に炭水化物を増やしていきます。ですので常に炭水化物を控えめにする「低炭水化物ダイエット」とは異なります。また、制限をするのは炭水化物のみで、たんぱく質や脂質は特に制限がありませんが、もちろん食べ過ぎは禁物です。

食事から炭水化物(糖質)を極端に減らすと、すい臓でインスリンが作られず血中の糖がなくなってしまいます。すると、身体は糖に代わるエネルギー源として、体内の脂肪が分解された「ケトン体」を使い始めます。このように、血液中に増えたケトン体がエネルギーとして使われている状態を「ケトーシス」と呼びます。

食べ物から摂取した糖の代わりに、脂肪が分解されてできたケトン体がエネルギーとして使われるため、効率よく体脂肪が減少するという理論です。

⒈2ケトン体ダイエットのメリットについて

ケトン体ダイエットは他のダイエットに比べて、どんなメリットがあるのか、こちらで見ていきましょう。

①脂肪燃焼効果が高い

効果のところでご紹介したとおり、ケトン体ダイエットの脂肪燃焼効果は高いです。脂肪燃焼の仕組みをうまく利用しているので、ダイエットとしては効果的な方法と言えるでしょう。

②短期間での限定的な食事制限

一般的なダイエットの場合は「○○を3か月間ずっと摂り続けましょう」だとか「2か月間は○○を食べないようにしましょう」というような、生活習慣に取り入れて行うものが多いです。ケトン体ダイエットの場合は、期間が長くないのでイベントとして実施できます。

何より、炭水化物以外は普通に食べられますので、食事制限が耐えられない!という方には嬉しいダイエット法です。

③終了後も続く脂肪燃焼効果

ケトン体ダイエットのキモは「ケトン体の生成」にあります。実は、普段から体の糖を欠かさない生活をしている場合、このケトン体を生成する肝臓の代謝機能が落ちている場合があります。そうすると、いわゆる太りやすい体質となって、ダイエットをしても脂肪が落ちないということがあります。

ケトン体ダイエットはその怠けていた肝臓の代謝機能を働かせて、どんどん脂肪を燃焼していきます。一度目覚めた機能はそのまま働き続けるので、ケトン体ダイエットを終了した後も、体質改善によって脂肪燃焼効果が続く「痩せやすい体」を作ることができます。

⒈3ケトン体ダイエットのデメリットについて

メリットがあれば、デメリットもあります。ケトン体ダイエットを行うとどのようなデメリットがあるのでしょうか。実はこれが落とし穴につながるものです。こちらから見ていきましょう。

①口臭・体臭が変わる

ケトン体は「アセト酢酸」「β-ヒドロキシ酪酸」「アセトン」の総称をいいます。体の中のケトン体が多くなっている状態のことを「ケトーシス」といいますが、ケトーシス状態ではケトン体の1つで揮発性の強い「アセトン」が呼気や汗から出ていきます。

実はこのアセトン、ちょっと臭います。特別臭いというわけではないですが、ちょっと甘みのある香りで、食事制限ダイエットを行ったときのいわゆる「ダイエット臭」はこのアセトンが原因です。

また、ケトン体ダイエット中は肉や油なども普通に食べることができます。もしかすると、炭水化物を減らしたことによる空腹を抑えるために、いつもよりも多めにお肉を食べる、なんてこともあるかもしれません。

炭水化物を含む食材は食物繊維も多く含まれていることがありますので、食物繊維をあまり摂らない状態でお肉を増やせば、腸に食べかすなどがつまり、臭いの原因となる悪玉菌を増やしてしまうことになります。

これらが原因で、ケトン体ダイエットを行うと口臭・体臭が変わるということがあります。

②頭痛や吐き気などを起こす

ケトン体の1つである「アセト酢酸」は酸性を示す物質です。ケトーシス状態ではアセト酢酸が多く血液中を流れることになり、体が酸性になります。人間の体は酸性になると、頭痛や吐き気などを起こすことがあります。水をたくさん飲む、などで対処する方法はありますが、ケトン体ダイエット中は少し気になる症状です。


1 2 3 4

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket