ケトン体のダイエットの成功!高い脂肪減少効果で安全に痩せる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケトン体ダイエットというものが、テレビで話題になりました。

ケトン体という言葉もわかりにくいですが、ダイエットに効果があるということは、話題になりました。

しかし、早くもケトン体ダイエットに対する危険性というものも訴えられるようになり、いろんな情報が飛び交っています。

ケトン体ダイエットを採り入れたいと思っていたあなたも、不安に感じているかもしれません。

ここでは、ケトン体がどういうものか?ケトン体ダイエットがどういったもので、どのように捉えればよいかを詳しく紹介していきます。

正しい知識を得ることで、あなたも安全に、上手にケトン体ダイエットを採り入れることができます。

是非、ご一読ください。

目次

1.ケトン体ダイエットとは?
1-1.ケトン体ってなに?
1-2.体脂肪が燃焼しやすい?
1-3.満腹感が・・・。

2.ケトン体を作る方法とは?
2-1.食事はどうするの?
2-2.運動はしなくていいの?
2-3.ケトン体とココナッツオイルが・・・。

3.ケトン体ダイエットの食事とは?
3-1.食事制限どれくらい?
3-2.何を食べるの?
3-3.食べてはいけないものとは?

4.ケトン体ダイエットのいろいろ
4-1.ケトン体で痩せない?
4-2.ケトン体は危険なの?
4-3.ケトン体と筋トレの関係って?

5.まとめ

1.ケトン体ダイエットとは?

1-1.ケトン体ってなに?

ケトン体ダイエットというものが、一般的に有名になりつつありますが、そもそもケトン体というのは、どういったものなのでしょうか?

ケトン体は、脂肪酸や、アミノ酸の不完全代謝産物であると説明がされます。

体内でブドウ糖が枯渇した状態で、脂肪が燃焼されるとき、肝臓では、このケトン体が生成されます。

脳は、ブドウ糖のみをエネルギー源として使用するのですが、ブドウ糖が不足しても、脂肪はエネルギーとして使用できません。

脂肪は血液脳関門という脳に有害物質を通さないようにする機構を通過することができないのです。

そこで、ブドウ糖が不足した時に、肝臓では脂肪を分解して、ケトン体を生成し、不足したブドウ糖の代わりに、ケトン体を脳のエネルギーとするようになっているのですね。

ケトン体は、ブドウ糖の代用エネルギー物質と言っても良いでしょう。

1-2.体脂肪が燃焼しやすい?

前述したように、ケトン体はブドウ糖が不足した時に脂肪を分解して生成される物質です。

なので、正確には体脂肪を燃焼するということではないのですが、分解されたケトン体は、
結果的に脳で消費されているので、脂肪が減っていくのは間違いがありません。

しかし、ケトン体が増えることで、体脂肪が燃焼しやすくなるというものでもないの、誤解がないようにしたいものです。

ケトン体を作るときには、糖質を制限することになります。


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket