かまぼこダイエットの意外な効果って?低カロリーで栄養もたっぷり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ダイエットで困ることと言えば、なんといっても「お腹がすく」ということでしょう。朝ごはんを抜いたり、昼もほとんど食べなかったりすれば、どうしても食べ物が恋しくなるというもの。

しかも周りを見渡せば、食べ物の誘惑でいっぱいです。そんなこんなで、ダイエットの誓いはなし崩しに消えていく・・・という人も多いのではないでしょうか。

ダイエット成功の近道は、「無理をしない」ということです。適度にお腹にたまり、しかも痩せやすい。そんな食材を上手に取り入れることが大切ですが、そこで注目されるのが「かまぼこ」なのです。

今回は、おいしくヘルシーな「かまぼこダイエット」について詳しく解説します!

目次一覧

1.かまぼこダイエットってどんなもの?
1.1.かまぼこを食材に取り入れる
1.2.かまぼこでカロリーを抑制
1.3.かまぼこダイエットのやり方は?
1.4.かまぼこダイエットの注意点って?

2.かまぼこの栄養成分は?
2.1.たんぱく質が豊富
2.2.カルシウムも摂れる
2.3.低脂肪でヘルシー

3.かまぼこダイエットの効果は?
3.1.カロリーを抑え、痩せやすくする
3.2.白身魚が便秘に効く
3.3.たんぱく質で美容にも
3.4.免疫力もアップ

4.かまぼこダイエットの口コミが知りたい

5.ダイエットに効果的なかまぼこレシピ5選
5.1.水菜とかまぼこのポン酢あえ
5.2.かまぼこダイエットどんぶり
5.3.かまぼこ簡単箸休め
5.4.かまぼこサラダ
5.5.きゅうりとかまぼこの炒め物

6.かまぼこだけじゃない 練り物ダイエット
6.1.低脂肪・低カロリーなはんぺん
6.2.カルシウムたっぷり つみれ
6.3.おやつにぴったり ちくわ
6.4.さつま揚げにはカルシウムがたくさん

7.併せてやりたいダイエット法は?
7.1.お湯で痩せる 白湯ダイエット
7.2.記録して痩せる レコーディングダイエット
7.3.まずくない?青汁ダイエット

8.まとめ

1.かまぼこダイエットってどんなもの?

今まで数々のダイエット法にチャレンジし、そのほとんどで失敗した、という人も多いでしょう。また、一度は減量に成功しても、すぐに元の体重に戻ってしまったという経験もあるのではないでしょうか。

言うまでもないことですが、ダイエットは簡単ではありません。ではなぜ失敗してしまうかと言えば、「食べない」ことだけに気を取られてしまうせいでもあります。

食べないことばかり考えると、空腹感に耐えられなかったり、ストレスからのちにドカ食いしてしまう危険があるのです。

ダイエットでは、「何を食べるか」という点も欠かせません。太りにくく、お腹にも溜まりやすい。そんな食材を摂ることが大事になります。

その点かまぼこは、ダイエットにとって非常に優秀な食材と言えます。それでは、「かまぼこダイエット」の詳細について見てみましょう。

1.1.かまぼこを食材に取り入れる

かまぼこダイエットは、かまぼこを食材に多く取り入れるというダイエット法です。おかずにかまぼこを多く使うことによって、摂取カロリーを抑えようという狙いです。

特に食事量を減らしたりすることもなく、お腹も満たされやすいので、空腹感に苦しむこともありません。

かまぼこは味が淡泊で食べやすく、食べ方もさまざまなアレンジが可能です。比較的味に飽きにくいので、ダイエットに大切な「継続性」という点でもバッチリでしょう。

1.2.かまぼこでカロリーを抑制

上記のように、かまぼこダイエットは、低カロリーなかまぼこをたくさん食べることで、摂取カロリーを抑制しようというダイエット法です。

かまぼこのカロリーは、100gあたり約95kcal。まるごと一本だと、100~150kcalです。

ごはんのカロリーが100gあたり160kcalほどで、豚の生姜焼きは190kcalほど。鶏の唐揚げだと100gで290kcalにもなりますから、かまぼこはかなり低カロリーな食品であることがわかります。

また、白身魚を原料とするかまぼこは、低カロリーなのはもちろん、栄養もたくさん含んでいます。やはりダイエットで陥りがちな、「栄養不足」という点も、気にする必要はありません。

かまぼこダイエットは、おいしくおなかも満たされ、なおかつ健康的に痩せられるというダイエット法なのです。

1.3.かまぼこダイエットのやり方は?

かまぼこは、前述のようにいろいろな料理に使える食材です。味噌汁にも、スープにも、また炒め物やサラダ、和え物などにも使えます。非常にバリエーションが豊富で、アレンジが効きやすいという特徴があります。

おかずには牛肉や豚肉といった高カロリーなものは避け、また炭水化物など糖質を多く含むものも控えましょう。それらのかわりに、かまぼこを多めに摂るようにします。

かまぼこは、低カロリーで低糖質。ある程度食べても、太る危険の少ない食材です。積極的に料理に活用すれば、無理なくダイエットができるでしょう。

また、食べるときはよく噛んで食べることが大事です。かまぼこは柔らかい食べ物ですが、噛みごたえがあるので、しっかり噛むことによって、満腹感が得やすくなります。

1.4.かまぼこダイエットの注意点って?

低カロリーでヘルシーなかまぼこですが、かまぼこダイエットにも注意すべき点があります。

まず、いくらカロリーが低いからと言って、食べ過ぎはよくないという事です。かまぼこしか食べないといった食事や、かまぼこばかりたくさん食べるという食べ方は避けましょう。

かまぼこには、塩分が比較的多く入っています。食べ過ぎれば、むくみや高血圧の原因になってしまいます。

かまぼこダイエットは、野菜など他の食材も適度に取り入れることが大事です。かまぼこだけに偏っては、健康的に痩せることはできませんし、味にも飽きやすくなるでしょう。

どんなダイエット法でも、栄養のバランスを考えることが大事です。

また、かまぼこには主に、蒸しかまぼこ、焼きかまぼこ、揚げかまぼこの3つがありますが、ダイエットに適しているのは蒸しかまぼこと焼きかまぼこです。

揚げかまぼこはカロリーが高くなるので、かまぼこダイエットでは避けた方が良いでしょう。

2.かまぼこの栄養成分は?

低カロリーでしかもおいしいかまぼこ。ダイエットに適した食材なのはわかりましたが、栄養の方はどうなのでしょうか?

かまぼこの栄養成分について見てみましょう。

2.1.たんぱく質が豊富

かまぼこは白身魚をすりつぶし、蒸したり焼いたりものです。原料はアジやヒラメ、トビウオなどいろいろな魚が使われていますが、共通しているのは、「たんぱく質が豊富」という事です。

白身魚は脂肪が少なく、良質なたんぱく質を豊富に含んでいます。つまり、ダイエットに最適の食材なのです。

たんぱく質は、私たちの体にとって欠かせない成分です。筋肉や肌、髪といった部分は、多くがたんぱく質から成っています。

かまぼこをたくさん食べることは、たんぱく質補給の上でもメリットがあります。ダイエットに限らず、健康面でもうれしい食べ物なのです。

2.2.カルシウムも摂れる

かまぼこはまた、カルシウムの多さでも知られています。

かまぼこは、白身魚を小骨ごとすりつぶしたものなので、よりカルシウムを取り込みやすいというメリットがあります。

カルシウムもまた、人間の体にとって必要な成分。骨や歯を丈夫にすることはよく知れらていますが、その他にも、心臓や脳の働きに欠かせないなど、生きていくために必須のミネラルなのです。

カルシウムは油揚げやチーズなどの食材からも摂取できますが、かまぼこは低カロリーでしかもカルシウムが豊富というメリットがあります。

2.3.低脂肪でヘルシー

かまぼこは、たんぱく質やカルシウムが豊富なだけでなく、低脂肪であるという点でも特徴的です。

かまぼこの脂肪分は、100gあたりわずか0.5gほど。製造する際、魚肉から脂肪分を取り除いているため、脂肪がほとんど含まれていないのです。

日本人の食事がどんどん欧米化し、高脂質な食べ物があふれている中、低脂肪でヘルシーなかまぼこは、ダイエット目的でなくても食事に積極的に取り入れたい食材だと言えます。

3.かまぼこダイエットの効果は?


1 2 3 4 5

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket