角栓はニキビの初期症状!角栓を防ぐクレンジング&洗顔まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

肌あれピンチに7日間の救世主!

定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
dプログラムはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。
→詳しくはこちら
「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

ブツブツと毛穴に詰まった角栓、気になりませんか?

この角栓は、実はニキビの初期症状です。放っておくと、いちご鼻と呼ばれる小鼻の毛穴が黒くブツブツと詰まった黒ニキビや、炎症して大きな膿となる黄ニキビになることもあります。

ニキビケアの根本は角栓を作らないこと。そのために大事な角栓防止を目指し、正しいクレンジングと洗顔方法を解説します。

目次

1.角栓が詰まるとニキビになる?
1-1.角栓とは何なのか?
1-2.角栓を放っておくとニキビになる?
1-3.角栓が出来る原因は?
1-4.体のどこに角栓ができやすいのか?

2.クレンジングで角栓を防ぐ方法
2-1.正しいクレンジングのための5ポイント
2-2.クレンジングの種類と効果

3.正しい洗顔で角栓を作らない方法
3-1.正しい洗顔のための5ポイント
3-2.洗顔の種類と効果

4.まとめ

 

1.角栓が詰まるとニキビになる?

角栓とは何なのか、まずは角栓についてお話しします。

1-1.角栓とは何なのか?

51598713ea08e6cd636f7d3658b80a95_s

出典 | kirei-kenkou. 

角栓は、古くなった角質と皮脂が混じり合った老廃物が、毛穴に詰まる症状です。表面は酸化すると黒くなります。

角栓のことを皮脂だと思っている人が多くいますが、これは間違いです。角栓の中の、皮脂の割合は30%程度です。およそ70%が古い角質(タンパク質)です。皮脂ではないので、オイルやホットタオルで溶かし出そうとするのも間違いです。

角栓の70%をしめる角質とは、お肌の一番表面にある、タンパク質でできた部分のことです。外部の刺激から、お肌を守るバリアとしての働きを持つ大事な存在です。

角質は古いものが剥がれ落ち、新しく生まれ変わります。この生まれ変わりの周期をターンオーバーといいます。ターンオーバーが乱れると、古い角質が詰まり、肌荒れを引き起こします。角栓がターンオーバーの乱れから発生している可能性が高いのです。

1-2.角栓を放っておくとニキビになる?

ニキビは簡単に説明すると、毛穴が詰まり炎症を起こす症状です。角栓は、古くなった角質と皮脂が混じり合った老廃物が、毛穴に詰まる症状ですから、この毛穴詰まりがのちにニキビとなる可能性があります。よって角栓を防ぐことがニキビ予防にもつながります。

また、角栓をたまったまま放置していると、皮脂が酸化して変色し黒ずんでいきます。黒ずみなどとやばれる症状です。小鼻の黒いブツブツにお悩みの方は、この角栓が酸化した状態です。放っておくと炎症して赤いニキビになることもありますので、すぐに適切なケアをしましょう。

1-3.角栓が出来る原因は?

原因1:角質のターンオーバーの乱れ

角栓の70%をしめるのは角質です。この角質のターンオーバー(生まれ変わり)が乱れると、古い角質が毛穴につまり角栓となってしまいます。
また、ターンオーバーが遅れると、角質がはがれずに肌の表面にたまり、皮膚が厚くなって出口である毛穴が狭くなるのです。すると古い角質や皮脂が排出されにくくなり、毛穴の中にたまって角栓になってしまいます。

原因2:皮脂の過剰分泌

角栓の残り30%は皮脂です。その皮脂の過剰分泌が、もう一つの角栓の原因です。

毛穴の奥にある皮脂腺からは、絶えず皮脂が分泌され毛穴を通って外に排出されます。しかし何らかの理由で皮脂の分泌が過剰になると、皮脂が毛穴に溜まり角栓ができてしまいます。

1-4.体のどこに角栓ができやすいのか?

角栓といえば、できやすく目立つのは鼻が有名です。そのほか、あごや頬、眉間、頭皮にもできます。

角栓といえば鼻や小鼻

kakusen

出典 | いちご鼻を改善するための角栓ケア講座 

鼻や小鼻は、角栓がもっともできやすい場所です。その理由がこちらです。

  • 皮脂の分泌が多い
  • 毛穴が大きい
  • 毛穴が深い

また、顔の中心に鼻があるので、印象としてもよくありません。

いちご鼻と呼ばれる、小鼻の毛穴が黒くブツブツと詰まった状態にお悩みの方も多くいます。このいちご鼻は黒ニキビという症状です。黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂や汚れが表に出てきてしまい、この表に出てきた皮脂や汚れが、空気に触れると酸化して黒くなります。

黒ニキビになってから改善するには多少の時間が必要になります。黒ニキビになる前の角栓から正しいケアをしましょう。

あごや口周りも角栓ができやすい

鼻ほどではありませんが、あごや口の下のくぼみ、口のまわりも角栓ができやすい部分です。理由がこちらです。

  • 皮脂が薄い
  • 乾燥しやすく肌荒れになりやすい
  • 口周りは汚れやすい

あごは汗腺はあまりありませんが、皮脂腺が多くある部分なので角栓ができやすく、トラブルも起きやすい箇所です。また、あごは顔の中でも鼻と同様に目がいきやすいので、気になる箇所でもあります。

年齢による衰えから角栓ができる頬

年齢を重ね、ハリが衰えてくると、頬にも角栓ができやすくなります。

角栓の原因の一つは毛穴の広がりです。毛穴が開いてしまうと、どうしても角栓はできやすくなります。年齢とともに、肌のハリが失われ、ハリが衰えると肌の溝が目立つようになり、溝をつないでいる毛穴が大きく広がってきます。

日々の洗顔やスキンケアを大事にする必要があります。

<< 次のページへ続きます >>

重要:ニキビを治す人の共通点は・・・

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット 』はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感できたとして話題になっているのは オルビスのニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
正直、これが最強です。
→詳しくはこちら

98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

1 2 3 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。